• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 水産大学校
  • 就職・資格

文部科学省以外の省庁所管の学校/山口

スイサンダイガッコウ

卒業後の進路データ(2016年3月卒業生実績)

就職希望者数
114名
就職者数
112名
就職率
98.2% (就職者数/就職希望者数)
進学者数
71名

※専攻科・研究科を除く。専攻科・研究科を含む場合は就職率98.2%(就職者163名/就職希望者166名)

就職実績(2016年3月卒業生実績)

農林・水産業界

全国漁業共済組合連合会、築地魚市場(株)、(一財)日本冷凍食品検査協会、全国さんま棒受網漁業協同組合、山口県漁業協同組合連合会、兵庫県漁業協同組合連合会、香川県漁業協同組合連合会、長崎県漁船保険組合、(一財)岐阜県魚苗センター、(一財)新日本検定協会、長崎魚市(株)、広島魚市場(株)、(株)福岡魚市場、(株)下関漁業、横浜冷凍(株)、常洋水産(株)、大都魚類(株)、大東魚類(株) ほか

ものづくり業界

日東製鋼(株)、旭洋造船(株)、(株)大島造船所、(株)新来島どっく、東亜建設工業(株)、JRCS(株)、(株)前川製作所、(株)酉島製作所、東海澱粉(株)、不二輸送機工業(株)、興亜工業(株)、(株)新出光、金子産業(株)、(株)ダイキンアプライドシステムズ、(株)TASAKI、(株)ミキモト ほか

商社・小売業界

(株)極洋、(株)丸久、アピ(株)、トライデント・シーフード・アジア・インク、(株)やずや、田中食品(株)、ケンコーマヨネーズ(株)、(株)フランソワ、朝日共販(株)、(株)あじかん、(株)阪食、クラレイ(株)、備後漬物(株)、一番食品(株)、クニヒロ(株)、カクサン食品(株)、(株)朋昆、山九(株)、山陽食品工業(株)、(株)中冷、ヤマエ久野(株)、大洋エーアンドエフ(株)、マルヨ水産(株)、(株)クラハシ、(株)松岡、(株)タカミヤ、(株)ベニレイ、(株)マルハチ、(株)ワールドスポーツ ほか

金融業界

広島市信用組合 ほか

マスコミ・通信業界

(株)みなと山口合同新聞社、(株)フィッシングマックス

航空・運輸業界

西日本旅客鉄道(株)、丸共通運(株)、大和海運(株)、伊勢湾海運(株)、(株)センコー、(株)ランテック ほか

住宅・建設業界

日本ミクニヤ(株)、ファミリープロジェクト(株) ほか

フード業界

オリジン東秀(株)、オーケー(株) ほか

公務員業界

山口県職員、島根県職員、大分県職員、鹿児島県職員、北海道職員、青森県職員、福井県職員、廿日市市職員、新潟県湯沢町職員、水産研究・教育機構開発調査センター、静岡県警察、広島市消防局 ほか

サービス業界

新日本環境調査(株)、JA有田、生活協同組合おおさかパルコープ、(株)ダイイチ、(株)フォーラムエンジニア、(株)ミックコーポレーション、(株)サンエイコンサルティング、エームサービス(株) ほか

資格取得

世界の海洋で活躍する国家資格「海技士」の取得へ前進!1年制の専攻科に進学すれば「三級海技士」が受験可能に

海洋生産管理学科や海洋機械工学科の約半数の学生が1年制の専攻科に進学し、船舶関連の仕事に従事しています。船長や航海士、機関長や機関士など、船舶職員として働くためには海技士の資格が必要です。海洋生産管理学科から専攻科に進学すると三級海技士(航海)の学科試験が、海洋機械工学科から専攻科に進学すると三級海技士(機関)の学科試験が免除され、専攻科修了後に口述試験を受験することで資格取得が可能です。水産に関する専門知識の修得や、大型練習船での船舶運航・漁業・海洋調査といった実践的な経験を積んでから専攻科に連接することで、より高度なスキルを身につけた万全な態勢で国家資格の取得をめざすことができます。

主な目標資格

【水産流通経営学科】
技術士<国>

【海洋生産管理学科】
技術士<国>
海技士<国> (三級・航海) 
高等学校教諭免許状【商船】<国> (一種) 
船舶衛生管理者

【海洋機械工学科】
技術士<国>
海技士<国> (三級・機関) 
高等学校教諭免許状【商船】<国> (一種) 
船舶衛生管理者

【食品科学科】
技術士<国>
食品衛生管理者<国>
食品衛生監視員

【生物生産学科】
技術士<国>

就職支援

多数の企業から人事担当者が来校する独自合同説明会を開催するなど、就職対策検討委員会が強力にバックアップ!

学生部長を筆頭に、各学科長とクラス担当教員、学生課職員から構成される「就職対策検討委員会」を組織しています。講義棟入口には就職支援室があり、情報の検索や閲覧はもちろんのこと、専門員が常駐してきめ細かく相談に応じています。また、毎年就職活動が本格的に始まる頃には、過去に採用実績がある企業から人事担当者を招き、本校独自の合同説明会を行っています。参加企業は漁業・養殖業をはじめ、水産加工、水産流通、水産・海洋調査などさまざまで、参加する学生数に対して企業数が多いことが特長です。自分に合った企業を探すだけでなく、希望する企業に向けたアピールが直接できる場として、学生たちから好評を得ています。

水産大学校(文部科学省以外の省庁所管の学校/山口)