• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 水産大学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 海洋機械工学科

文部科学省以外の省庁所管の学校/山口

スイサンダイガッコウ

海洋機械工学科募集人数:45人

船や船内機器のメンテナンスをはじめとした、水産技術と機械工学の融合分野「マリンエンジニアリング」の学科です。

年    限
4年制
初年度納入金
2018年度納入金(予定) 91万7800円  (入学金28万2000円含む。教科書代など約3万円が別途必要。)

学部の特長

学ぶ内容
工学の分野で、水産現場の安全性や生産性の向上に貢献するための知識・技術を学びます
本学科では、水産現場における安全性の向上や環境負荷の低減、水産物の品質保持などに用いられる機関・機器の管理・高度化、水産業の生産性向上などについて、工学分野から支援していくための技術開発や教育・研究を実施。海洋の明日を切り開く、マリンエンジニアを養成します。
授業
本校が所有する練習船で実際に航海しながら経験を積みます
理論の構築やデータの解析は教室でもできますが、マリンエンジニアリングの舞台はやはり「海」。だから授業の中でも、練習船を使った海洋実習を重視しています。航海中の整備・調整はもちろん、海洋ロボットや計測など、実際の海上でさまざまな実習・実験を重ねることができるのは、本校ならではの魅力です!
研究テーマ
マグロやフグの「身の品質」を、かんたんに推定できる技術を開発しました
マグロやフグは高級魚として人気が高く、品質がシビアに問われます。そこで本学科では、超音波の振動音響情報を利用して、マグロは脂の量を、フグは食感(歯ごたえ)を評価する技術を開発。高級魚の肉質を、身を傷めることなく推定できるこの技術は、流通業者・消費者の両方から見て大きな価値があるといえます。
海の「エコ&省エネ技術」、環境対策技術を開発します
海運や漁船に使用されるエネルギーは化石燃料が主であり、省エネや環境対策が求められています。船舶用ディーゼルエンジンの燃費改善や排出される環境汚染物質であるPMの低減の研究、廃熱を利用した発電システムや自然エネルギー利用の効率化など、海洋環境保全というだけでなく新しい水産振興への取り組みを行っています。
卒業後
技術者として工学を究める、船舶職員として海を渡る等、各方面に通じる応用可能な実力で活躍!
就職と専攻科への進学という、2つの選択肢があります。進学後は三級海技士(機関)の資格取得が可能で、大海原を舞台に活躍できます。本学科では船と海に関してはもちろん、エンジンなど機械工学についても技術者に必要な知識や安全意識を養えるので、造船業や機械メーカーへも進路の幅を広げることができます。
資格
「海技士」の国家資格をめざすなら「専攻科」へ。学科試験免除で「三級(機関)」が受験可能
本学科を卒業後、1年制の専攻科(船用機関課程)に進学すれば、三級海技士(機関)資格の学科試験が免除されます。海技士は、船舶の機関士や機関長として仕事をする際に役立つ国家資格で、取得すれば日本国内だけでなく海外でも活躍できます。そのほか第一級海上特殊無線技士、船舶衛生管理者などの資格もめざせます。

資格 

目標とする資格
  • 海技士<国> (三級・機関)
  • 高等学校教諭免許状【商船】<国> (一種)
  • 技術士<国>

船舶衛生管理者

就職率・卒業後の進路 

・就職率/内定率  100%
(就職者数17名)

・主な就職先/内定先
(株)ダイキンアプライドシステムズ、興亜工業(株)、不二輸送機工業(株)、JRCS(株)、(株)酉島製作所、旭洋造船(株)、(株)大島造船所、東亜建設工業(株)、(株)前川製作所ほか

※2016年3月卒業生実績
進学(進学者数27名):本校の専攻科・水産学研究科(修士課程相当)、他大学の大学院

問い合わせ先・所在地

〒759-6595 山口県下関市永田本町2-7-1
TEL083-286-5371(教務課:入試専用)
nyushi@fish-u.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
山口県下関市永田本町2-7-1 「下関」駅からサンデンバス(北浦線) 約45分 「水産大学前」または「吉見永田」下車徒歩 5分
「吉見」駅から徒歩 15分

地図

 

路線案内


水産大学校(文部科学省以外の省庁所管の学校/山口)