• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • ESPエンタテインメント大阪
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 音楽芸能スタッフ科

大阪府認可/専修学校/大阪

イーエスピーエンタテインメントオオサカ

現校名 ESPエンタテインメント 2018年4月名称変更予定 計画中

音楽芸能スタッフ科

募集人数:
168人

PAエンジニア、照明などのコンサート関係の仕事や芸能プロダクション、レコード会社などへの就職を目指す

学べる学問
  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

目指せる仕事
  • 芸能マネージャー

    タレントを生かすのも腕次第

    担当するタレントのスケジュール管理から、雑用までを一手に引き受ける。時間の拘束が長く、体力が要求されるハードな職業だが、コンサートやイベントなどが成功したときの喜びも大きい。たくさんのタレントの世話係などの下積みを経験後、1人のタレントを任される。

  • 照明スタッフ

    場面や、構成に合わせてライティングする

    舞台やスタジオなどで照明を操る。たとえば、コンサートの照明スタッフは、プランナー、チーフオペレーター、オペレーター数名で構成される。プランナーは、曲やコンサートの構成に合わせて照明のプランニングを行い、オペレーターはピンスポットなどの使用する照明ごとのライティングを担当する。

  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • 音楽プロデューサー

    歌手や演奏家の力を引き出す

    歌手、タレントの発掘をはじめ、音楽の方向づけやテーマを決めて作詞・作曲家の選定、売り出し方にいたるまでを総合的に担当する。最近では、ミュージシャンが自ら、他の人をプロデュースするケースも多く、ヒット曲を生み出している。

  • PAエンジニア

    イベント会場での音響担当

    コンサート会場(客席)の真中で音響機材を操る。イベントの規模や内容によって、それに適するスピーカーの大きさや種類、マイクの本数が変わる。そこで適切な機材を選び、セッティング、イベント中の音量・音響の調整・管理をする。微妙な音の調整や臨機応変に対応できるミキシング技術が求められる。

  • レコーディングエンジニア

    CD制作の音の演出家

    昔は歌とオーケストラによる生伴奏の同時録音をしていたが、現在ではボーカルや楽器の種類別に録音作業をする。そこでその音を聞きながら別の楽器を入れたり、録り直すといった技術を担当する仕事。録音終了後のミックスダウンや音量やトーンの調整など専門技術が要求される。

  • MA(マルチオーディオ)ミキサー

    映像と一体化した音づくりを演出

    MA(マルチオーディオ)ミキサーとは、映像と音楽が一体化した作品の中で、音をメインに扱うスペシャリストのこと。扱うものはテレビ番組からCM、ビデオ作品までさまざま。作業はコンピュータのハードディスクに音を取り込んだ後、映像に合わせた選曲をし、その映像と音をミキシングマシーンで微調整する。

  • 音楽雑誌記者・編集者

    音楽のトレンドや新しい情報をつかみ、読者が興味を引く記事にして提供

    音楽のジャンルや雑誌のコンセプトに合わせ、新曲情報やアーティストへのインタビューなどの企画を立て、取材や原稿作成を行う。特定のジャンルについて深く専門的な知識を持っていることに加え、普段からこまめにライブや演奏会に出かけ、新鮮な音楽情報を入手しておく必要がある。

  • コンサート・ステージスタッフ

    ステージセッティングや片づけを担当

    舞台監督の指示に従って、ステージで使うセットや各種の道具を管理する。まず、本番前にはステージの搬入経路、電気系統や配線設備をチェックし、音響、照明の機材や楽器などを手早く正確にセッティングする。本番では演出に従い、クレーン操作やスモークなどの仕掛けを担当する。終演後の片づけも仕事のひとつ。

  • イベントプロデューサー

    スタッフ選びから経営責任までの総指揮者

    イベントの企画立案にもかかわり、全体的な方向性を決め、スタッフ選びを行い、適材適所に人を配置して、イベントが計画通りに進行するように全体的な指揮をとる。豊富な情報量と企画力はもちろん、決断力、交渉力なども必要。

初年度納入金:2017年度納入金 150万円  (昼間部・初年度。入学金・教材費等を含む。2年次130万円※夜間部は初年度85万円、2年次65万円)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

数多くの実習・イベントなど“超現場主義”の学びで、音楽業界・芸能界で活躍する即戦力に!
コンサートに欠かせないPA・照明やローディのほか、レコーディングエンジニアやアーティスト・タレントを支えるマネージャーなど、音楽業界のスタッフを目指せる学科。学内外のイベントへのスタッフ参加やイベントの企画・運営、アーティスト発掘やプロデュースなど、数多くの現場を通じて実践的に学び、即戦力をめざす

カリキュラム

1年次より実習が中心。学内のホールやスタジオで、音響・照明・イベントを実践的に学ぶ
コンサートスタッフ系のコースではマイクスタンドの立て方やミキシング機器の取り扱いなどの基礎やPA実習のほか、マイクケーブルやエフェクターの製作を通して、電気機器の知識も習得。さらにイベント運営に必要な実務を身につけるカリキュラムも用意。照明の知識・技術をライブ形式の授業で学ぶ
1年次で基礎を学び、2年次ではホンモノのライブ現場でマネジメント業務を実践的に学ぶ
アーティストスタッフ系のコースではアーティストの発掘、育成を学ぶマネジメント実習のほか、「Illustrator」「Photoshop」などのデザインソフトを使用して作品を作成するデザインワークなどの基礎を1年次で学び、2年次からは実践的にCDリリースや音源配信などアーティストマネジメント業務を授業として実施する

実習

実際のフェスやライブにスタッフとして参加!芸能プロダクションとコラボレーションも!
音響・照明・楽器・制作のセクションに分かれ、実際の音楽フェスやライブにステージスタッフとして参加し、レベルアップします。芸能プロダクションとの合同でのタレントイベントの企画・運営など、コラボレーション企画も年間通して数多く実施。プロの方と一緒に作業することで、その場で就職やアルバイトが決まることも!

卒業後

音響・照明のプロ、ローディー、イベンター・プロモーターやマネージャーとして活躍
ライブハウスやコンサート音響会社、舞台照明などで活躍。また、楽器のスペシャリストとしてローディー会社で活躍したり、イベントの企画運営会社、コンサート制作会社のイベント業務に携わることも。音楽・芸能プロダクションやレコード会社やテレビ等の制作会社など、アーティストやタレントに関わる仕事も目指せる

制度

自分達で企画・運営する自主企画ライブやプライベートレッスンなど音楽スタッフ活動を徹底支援
ESPエンタテインメント大阪では、400人動員のホールで自分達が企画したライブを開催することが可能。その他、違う学科の授業をマンツーマンで受ける『プライベートレッスン』など、音楽活動を徹底的に支援する

募集コース・専攻一覧

  • PAコース

  • レコーディングコース

  • PA&レコーディングコース

  • 照明コース

  • 照明&PAコース

  • ローディーコース

  • イベント制作コース

  • アーティストスタッフコース

    • マネージャー/レコードメーカーコース(2年次選択)
    • ファンクラブ/デザインコース(2年次選択)
    • ヘアメイクアーティストコース(2年次選択)

学べる学問

目指せる仕事

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒531-0072 大阪府大阪市北区豊崎3-21-7
TEL 0120-37-8607
espwest@esp.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市北区豊崎3-21-7 「梅田(阪急線)」駅から徒歩 5分
「中津(大阪市営)」駅から徒歩 1分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

ESPエンタテインメント大阪(専修学校/大阪)