• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 首都大学東京
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 都市環境学部
  • 環境応用化学科

公立大学/東京

シュトダイガクトウキョウ

環境応用化学科(2018年4月設置予定(構想中))

募集人数:
60人

対話型・問題発見解決型の教育で、環境と豊かに調和した応用化学を研究する。

学べる学問
  • 物理学

    ミクロからマクロまで、自然界の現象を観察し、真理を探る

    元素の成り立ちから宇宙まで、自然界の現象を観察し、法則を見出す。理論物理学、実験物理学、超高性能コンピュータを使った計算物理学などの分野がある。

  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

  • 応用物理学

    社会に役立つ新技術開発に向けて、物理学の応用研究をする

    超伝導など新しい物質の性質の研究、ミクロより小さい構造をもつ材料の研究、レーザーや光を使った計測技術、知能ロボットや生物の神経回路を真似た情報処理技術などさまざまな研究が行われている。

目指せる仕事
  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 化学技術者・研究者

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品を、製品開発したり、製造技術の開発などを行う。

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品に関して、新しい製品を開発したりするのが、民間企業(化学メーカーなど)にいる化学研究者。一方、国や学校などの研究所で活躍する化学研究者は、直接すぐに製品になるものというよりも、ある化学薬品の試薬を発見する研究だったり、特定の動きをする化学物質の研究だったりと、基礎的な研究になりがち。また、これらの化学研究を行うために必要な設備技術や化学製品を作成するための技術開発などの研究を行う研究者もいる。

初年度納入金:2017年度納入金 80万2800円  (東京都民は66万1800円 内訳/入学金28万2000円 [東京都民はこの半額]、授業料52万800円)

学科の特長

学ぶ内容

基礎科学を中心とし、応用化学、材料化学を身につける
基礎科学を中心としながらも、工学としての化学に軸足を置く応用化学、材料化学に関する教育と研究を行っています。特に、地球環境と共生しながら、有限な地球資源やエネルギーのもとで人類や社会が持続的に発展していくために必要となる化学を指向し、それに貢献できる資質をもった人材の育成が目的です。

カリキュラム

環境と共生しながら人間社会が発展するために必要な知識や能力を身につける
カリキュラムの最大の特徴は「充実した基礎・専門教育」「学生の主体性を育成する問題発見・解決型教育」「世界を目指したグローバル教育」の3つです。物理化学系、無機化学・ナノテク系、有機化学系、エネルギー化学系、高分子・生命化学系、環境分析化学系、化学工学系の7分野がコア科目となります。

ゼミ

自ら問題を発見し解決する能力を養う『環境応用化学基礎ゼミナール』
主体的に授業へ参加するPBL型(対話型・課題発見解決型)授業を取り入れており、1年次にコース独自の基礎ゼミナールを行っています。キャリア教育、ライティング指導、化学英語教育、PBL形式の化学実験と論文課題など多彩な内容と自己評価により、卒業後の将来設計を明確にすると共に、主体的な学修習慣を身につけます。

教育目標

第一線に立つ研究者として、21世紀を広い視野で拓いていく
本学科では3年間で博士課程を履修できるという新たな制度を作り、大学院への進学を奨励しています。その目的は、7年間で材料化学分野における知識を学び、物事を理解するだけでなく、実際に世の中に役立つモノを作り出すプロを育成すること。本学科では、学会発表や国際学会で口頭発表をし、活躍する学生もいます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【社会】<国> (一種) 、
  • 中学校教諭免許状【理科】<国> (一種) 、
  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】<国> (一種) 、
  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> (一種) 、
  • 学芸員<国> 、
  • 測量士補<国> 、
  • 測量士<国> 、
  • 毒物劇物取扱責任者<国>

ECO-TOPプログラム、GIS学術士、地域調査士、特定高圧ガス取扱主任者

受験資格が得られる資格

  • 技術士補<国> 、
  • 技術士<国> 、
  • 土木施工管理技士<国> (一級・二級) 、
  • 一級建築士<国> 、
  • 二級建築士<国> 、
  • 建築施工管理技士<国> (一級) 、
  • 危険物取扱者<国> (甲種) 、
  • 消防設備士<国> (甲種)

化学分析技能士(2級)、RCCM(シビルコンサルティングマネージャ)、土木学会認定技術者資格(特別上級、一級、二級)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    アサヒ飲料(株)、(株)エール、全日本空輸(株) 、 富士電機(株)、穂高(株)、(株)レナウン ほか

※ 2016年3月卒業生実績

※その他、大学院進学など ※本学科の前身となる「分子応用化学コース」の実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1
TEL 042-677-1111(代)

所在地 アクセス 地図・路線案内
南大沢キャンパス : 東京都八王子市南大沢1-1 「南大沢」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内


首都大学東京(公立大学/東京)