• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 首都大学東京
  • 学校の特長

公立大学/東京

シュトダイガクトウキョウ

きめ細かな少人数制

課題の本質を的確に捉える能力、自己の表現力やプレゼンテーション能力を高めます

都市が抱える問題を解決するためには、「都市環境の向上」「ダイナミックな産業構造を持つ高度な知的社会の構築」「活力ある長寿社会の実現」という課題の本質を的確に捉えることが必要です。1年次に行なわれる基礎ゼミナールは、自己の表現力やプレゼンテーション能力を高めるために、担当教員の設定したテーマに基づいて行なわれる実習形式の授業です。少人数制(24名以内)の研究の中から学生同士の交流と豊かな人間関係の形成を促します。そして、都市が抱える様々な問題点を理解し、課題について調査、研究、発表、討論を重ね、解決に必要な技法を体験的に修得していきます。学校の特長1

学費に特長・奨学金制度あり

公立大学ならではの安価な学費と減免・奨学金制度で、皆さんの就学意欲に応えます

本学の学費は、入学金282,000円(東京都の住民は、141,000円)授業料年額520,800円(二期に分納)です。4年間の大学生活には、学費のほかにも様々な出費が必要となります。本学では、意欲と能力のある学生に「教育を受ける機会」を保障し、自立した学生生活を送るための学費の援助を行う奨学金制度を用意しています。日本学生支援機構、民間育英団体、地方公共団体が募集する奨学金など学生サポートセンター学生課で扱っています。また、経済的理由等により授業料の納付が困難な方には授業料の減免制度や分納制度もあります。学校の特長2

インターンシップ・実習が充実

バラエティに富んだ職場実習を通して、将来の自分をイメージできます

首都大学東京では、1年次から履修できる「現場体験型インターンシップ」と専門教育科目としての「インターンシップ」の2種類を用意。「現場体験型」は、前期授業期間に事前学習(全3回)を行い、実習先の調査やグループワークに取り組んだ上で、夏季休業期間中に5~10日間の現場実習を行います。業務内容や仕事の厳しさ・喜びを知るとともに、体験を通じて自分がどんな仕事や業種に向いているのかという職業適性を把握するためのヒントも得ることができます。東京都庁および関係団体、市・区役所、民間企業など約300の豊富な実習コースの充実度は、首都大学東京ならでは。こうした貴重な体験が高い就職率に結びついています。学校の特長3
首都大学東京(公立大学/東京)