• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京ダンス&アクターズ専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ダンスプロフェッショナルワールド(2年制・3年制)
  • テーマパークダンサーコース

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウダンスアンドアクターズセンモンガッコウ

テーマパークダンサーコース

ダンスにプラスして演技力・表現力を身につけ、総合的なエンターテイメントを学びます

目指せる仕事
  • タレント・モデル

    キャラクターやビジュアルを生かしてテレビや雑誌などで活躍

    自分自身のキャラクターやビジュアルを生かして、TV、ラジオ、雑誌、広告などのメディアや各種イベントなどに登場し、活躍する。モデルは雑誌や広告、ファッションショーなどで、商品である服を着て魅力的に見せたり、制作者の意図に沿ったポーズや表情を演じたりする仕事。スタイルの維持などの努力が欠かせない。タレントは、バラエティーやクイズ番組に出演している司会者、リポーター、コメディアンなど。卓越した話術や個性が欠かせない仕事だ。モデル兼タレントとして活動するケースも多い。

  • 役者・俳優

    人物像を創って他者を演じる

    映画やTVや舞台などで、監督や演出家の求める人物像を自分の中に創りあげて演技する。才能と個性、演技力、集中力などが要求される。入団試験を受けて劇団に入団するか、オーディションを受けて芸能プロダクションに所属する。

  • ダンサー

    踊りを通して創作的な表現活動を行う

    自分の肉体を使って、リズムに合わせて、創作的な表現活動を行う。クラッシック、モダン、前衛舞踏のほかに、国や地域別の舞踏もあり、種類、技法は多様。鍛え上げた体とテクニックで観客を魅了する。舞台やTVの音楽番組などに出演。

  • ミュージカル俳優

    歌や踊りで役を演じる

    広い舞台の上で、音楽に合わせて歌い、踊る。確かな発声やリズム感はもちろん、歌い踊りながらステージをこなしていく体力も不可欠。また、出演するメンバーとのチームワークも欠かせない。

  • 演出家

    舞台・ドラマづくりの総監督

    舞台やドラマをどのようにつくり表現していくか、すべてのスタッフ、役者などにその意図を伝え、芝居を完成させていくのが仕事。コミュニケーション能力も問われる。テレビ会社や劇団、制作会社などに所属して、演出家を目指して修業を積むのが一般的。

  • コンサート・ステージスタッフ

    ステージセッティングや片づけを担当

    舞台監督の指示に従って、ステージで使うセットや各種の道具を管理する。まず、本番前にはステージの搬入経路、電気系統や配線設備をチェックし、音響、照明の機材や楽器などを手早く正確にセッティングする。本番では演出に従い、クレーン操作やスモークなどの仕掛けを担当する。終演後の片づけも仕事のひとつ。

  • イベントプランナー

    アイデアはもちろん折衝力も重要

    企業の販売促進のための催しやフェスティバルなど、さまざまなイベントの企画立案を行うのが仕事。イベントの趣旨や目的を考えて、内容にあった演出方法や構成を考える。アイデアや表現力は欠かせないが、主催者と内容をすり合わせていく手腕も必要。

  • イベントプロデューサー

    スタッフ選びから経営責任までの総指揮者

    イベントの企画立案にもかかわり、全体的な方向性を決め、スタッフ選びを行い、適材適所に人を配置して、イベントが計画通りに進行するように全体的な指揮をとる。豊富な情報量と企画力はもちろん、決断力、交渉力なども必要。

  • イベント制作スタッフ

    会場作りから広報までイベント全般を担当

    企業の販促イベント、地方自治体の主催する博覧会や展示会、コンサートなどの実施を請け負い、その制作・管理をする。企画や演出にそった会場作り、パンフレットの制作、音響や照明スタッフとの打合わせ、広報活動などを担当。当日も滞りなく進行できるよう受付やアルバイトスタッフの管理などをする。

  • アーティストマネージャー

    アーティストの音楽活動に集中できるようサポートする縁の下の力持ち

    歌手やバンドなどのアーティストの音楽活動をサポートする仕事。スケジュールの管理・調整、ライブやテレビ・ラジオ出演、雑誌取材などのブッキング、グッズの企画、移動や楽器搬送の手配など、仕事内容は幅広い。ときには音楽活動の方向性についてアーティストの相談に乗ることも。売れっ子アーティストは芸能プロダクションに所属していることが多いので、その場合はマネジャーもプロダクションの社員。プロダクションに所属していないアーティストはレコード会社や音楽レーベルの担当者がマネジャーを務める。

初年度納入金:2017年度納入金 109万円  (教材費等別途必要)
年限:2年制

学科の特長

カリキュラム

バレエ、JAZZ、コンテンポラリー、TAPなどテーマーパークダンスに合わせたジャンルを学びます
バレエやJAZZ以外にも、HIP HOPやストリートなどを学びながら、テーマパークダンステクニック・演技力・表現力を身につけ、観客を魅了するダンサーを目指します。授業の中心となるバレエでは、ダンサーとして必要となる基本的な身体作りを行います。見られるポイントに重点をおいたオーディション対策も定期的に行います。
NYより一流のダンサーが定期的にDA TOKYOに来日!「ダンスインターナショナルプログラム」
バレエやコンテンポラリーを中心に、JAZZ、HIP HOPなどあらゆるジャンルを、本場アメリカ・ニューヨークから講師を招き、定期的にレッスンを行います。技術だけではなく、ダンサーとしての立ち振る舞い、プロポーション、柔軟力、筋力、表現力などを学べるプログラムです。

施設・設備

授業がない時はスタジオを開放!納得いくまで練習ができる!
思う存分自由に練習ができるように、授業がない時はスタジオを開放。24時間開放(曜日指定)もあり、時間に縛られずに納得のいくまで自由に練習できます。また、男女共にロッカールームとシャワールームを完備。

制度

23年間150公演の歴史を持つ「ミュージカルプロジェクト」
1994年にスタートした骨髄移植推進キャンペーンミュージカル「明日への扉」。骨髄移植や骨髄バンク事業の現実を知ったが学生たちが「私たちできることは何か」を考えて生まれたミュージカルです。学生たち自ら出演、企画、制作をし、ひとりでも多くの人に骨髄移植によって助かる命があることを伝えています。
ダンス、演技などでプレゼンテーションをする「テーマパーク企業課題プレゼンテーション」
日本を代表するテーマパークから「企業課題」をいただくプログラム。テーマパークやミュージカルなどエンターテイメント業界で活躍したい学生を対象に、ゼネラルオーディションで最大限の力を発揮できるよう指導します。この企業課題をきっかけに多くの卒業生が、テーマパークダンサーとして、全国で活躍中です。
在学中からプロダンサーの仕事に挑戦!「企業プロジェクト」
日本の音楽シーンを盛り上げるアーティストが多数出演する人気フェスや、人気アーティストのバックダンサー、ミュージックビデオへの出演、ミュージックステーションやNHK紅白歌合戦などのステージを通じて、必要な技術や知識はもちろん、リハーサルや本番までの過程をすべて経験し、現場力を身につけるプロジェクトです。

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職者数6名 )

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-24-6
フリーダイヤル0120-532-307(携帯・PHSから可)

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都渋谷区渋谷1-24-6 「渋谷」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東京ダンス&アクターズ専門学校(専修学校/東京)