• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 横浜薬科大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 薬学部
  • 漢方薬学科

私立大学/神奈川

ヨコハマヤッカダイガク

漢方薬学科

募集人数:
120人

漢方医療や民間薬医療にも精通した薬剤師を育成

学べる学問
  • 薬学

    薬の作用について研究し、新治療の実現をめざす

    薬剤の研究や新薬の開発、効果的な使用法など、医薬品から化学物質まで薬全般について研究する。薬の作り方を学ぶ製薬学、病気予防のノウハウを学ぶ衛生薬学、薬の用い方を学ぶ医療薬学がある。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

目指せる仕事
  • 薬剤師

    正しく安全に薬を調剤、医療と患者の架け橋になる

    医師の指示にもとづき、薬局や病院、診療所で薬の調剤、薬品の管理や販売にあたる。活躍の場は幅広く、薬局や病院、診療所のほかに製薬会社に勤務して薬品の研究や開発に携わる場合もある。また薬局を開業するケースもある。薬剤師は不足傾向にあり、採用は広がっている。

  • 医薬品登録販売者

    薬局の店舗スタッフとして活躍。第二類、第三類医薬品を販売できる

    薬局などで販売している医薬品には第一類、第二類、第三類の3種類があり、このうち第一類は薬剤師がいないと販売できない。しかし、一般的なかぜ薬など市販薬の9割以上を占める第二類、第三類は登録販売者の有資格者がいれば売ることができる。薬剤師は人材が不足していることもあり、現在は多くの薬局で登録販売者が活躍。医薬品の効能・副作用などの説明や会計などの店舗業務に従事している。6年制の大学を卒業しなければならない薬剤師に比べると資格も取りやすい。

  • 製薬開発技術者・研究者

    製薬会社や化粧品会社などの研究機関、大学の研究室などで製薬に関する研究や製造技術の開発・研究を行う。

    製薬開発技術者は、主に製薬会社や化粧品会社などで製品の開発のための企画立案や計画を立てて製品化を実現したり、品質検査や製造工程のチェック・指導など、製造に関する技術指導・管理などを行う。製薬開発研究者は、企業をはじめとした各種研究機関や大学の研究室などで、新薬の開発のほか、素材や化学物質の基礎研究、新薬開発のための製造技術の開発・研究など、それぞれの専門分野をもとに、「製薬」に関わる新しい研究を行う。高度な専門知識を必要とするため、多くは大学院で専門の研究を経て研究者となるのが一般的。

  • 医薬情報担当者(MR)

    医師に薬品の情報を提供する

    MRとはMedical Representativeの略で、製薬会社の営業販売をする人。医療機関に出入りし、メーカーを代表して医師らに医薬品の情報を提供したり、情報を収集する仕事。また、各研究機関への委託研究の連絡や研究発表、シンポジウムを手伝うこともある。

初年度納入金:2018年度納入金 220万円  (特待生S 30万円/特待生A 120万円/特待生B 150万円/特別奨学生 180万円/一般学生 220万円)
年限:6年制

学科の特長

学ぶ内容

漢方で用いられる薬物について学びます
漢方薬学には研究対象が漢方で用いられる薬物の分野と、医療としての漢方の2つの研究分野があります。これらは多くの部分でそれぞれ密接に関係し合いながら、漢方薬学を形成しています。漢方で用いられる薬物の分野では、医療品としての生薬を研究する生薬学、原料植物が研究対象の薬用植物学などを学びます。
医療としての漢方について学びます
現代医学の中に漢方を組み込む手法を研究します。漢方薬の品質と安全性の評価から、古来から伝わる漢方理論に基づく治療の一つひとつまで現代科学によって裏付けていきます。医療としての漢方を学ぶため、1年次の「漢方入門」では医療現場での漢方に対する考え方や使用現状、様々な疾病に対しての漢方の有効性を学びます。
漢方薬学科で育成する人材像
漢方薬や民間薬に関する一貫した教育で、漢方に精通した薬剤師を育成します。卒業後は漢方に基づく治療を行う病院や診療所、その処方箋を受ける調剤薬局のほか、漢方薬や民間薬を扱うドラッグストアなどでも活躍が期待されます。さらに研究者として漢方薬メーカーや大学などで、漢方研究や教育に携われる人材を育成します。

カリキュラム

2年次で学ぶ「本草学」「薬用植物学」「生薬学特論」
「本草学」は、古典文献から薬物の歴史的変遷、薬の性質や背景を学び、正しい漢方薬物の認識方法を習得。「薬用植物学」は、薬用植物の成分や実用化プロセス、薬用天然資源について学び、「生薬学特論」では漢方で使うほぼ全ての生薬、250種の起源や特性、成分情報、薬理作用の特色、臨床応用例なども学習します。
3年次で学ぶ「民間薬概論」「漢方理論I」「漢方生薬化学」
「民間薬概論」は、民間薬の種類や効果などの基礎知識を身につけます。「漢方理論I」は、漢方薬独特の診断法、独自の生理・病理感に基づくアプローチ、複数の生薬を組み合わせる漢方製剤の3側面について学びます。「漢方生薬化学」は、漢方生薬に含まれる化学成分や品質評価の手法を習得します。
6年次で学ぶ「漢方処方学」「臨床漢方治療学I、II」「漢方品質評価論」
「漢方処方学」は患者に合わせた漢方製剤の処方と調剤、配合生薬の基礎知識を習得。「臨床漢方治療学I、II」は漢方医学の処方と診断、西洋医学との違い、臨床例を基に実際の漢方処方を学びます。「漢方品質評価論」は漢方製剤の安全性と有効性を患者へ伝える詳報、漢方薬製剤メーカーの品質評価への取り組みを学びます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 食品衛生管理者<国> 、
  • 食品衛生監視員

医薬部外品・化粧品・医療機器の製造所の責任技術者

受験資格が得られる資格

  • 薬剤師<国> 、
  • 登録販売者<国>

目標とする資格

    • 毒物劇物取扱責任者<国> (薬剤師免許取得後に届出で取得可能) 、
    • 放射線取扱主任者<国> (薬剤師免許取得後に届出で取得可能) 、
    • 公害防止管理者<国> (大気関係第2種、水質関係第2・3種。薬剤師免許取得後講習が必要) 、
    • 作業環境測定士<国> (薬剤師免許取得後に講習を受けて取得可能) 、
    • 弁理士<国> 、
    • 危険物取扱者<国> (甲種)(薬剤師であれば受験資格が付与)

    労働衛生コンサルタント(薬剤師であ
    れば受験資格が付与)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    厚木市立病院 、 海老名総合病院 、 秋本薬局 、 大島薬局 、 アインファーマーシーズ 、 イオンリテール 、 アストラゼネカ 、 イーピーエス 、 川崎市職員 、 航空自衛隊 ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒245-0066 神奈川県横浜市戸塚区俣野町601
TEL0120-76-8089(フリーダイヤル)
toiawase@hamayaku.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
ハマヤクキャンパス : 神奈川県横浜市戸塚区俣野町601 「戸塚」駅からバス 20分
「大船」駅からバス 20分
「湘南台」駅からバス 15分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

横浜薬科大学(私立大学/神奈川)