• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 国際映像メディア専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 映画プロデュース科

新潟県認可/専修学校/新潟

コクサイエイゾウメディアセンモンガッコウ

映画プロデュース科

募集人数:
15人

地元フィルムコミッションのバックアップにより、全国公開映画に多数関与。業界の即戦力へ

学べる学問
  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

目指せる仕事
  • 脚本家・シナリオライター

    映画やドラマの名場面、名セリフの生みの親

    映画やTVドラマの脚本(シナリオ)を書くのが仕事。オリジナル作品だけではなく、原作の小説などのドラマ化を求められる場合もある。登場人物のキャラクターや心理描写、場面の設定、セリフを文字に落とし込んでいく。

  • 演出家

    舞台・ドラマづくりの総監督

    舞台やドラマをどのようにつくり表現していくか、すべてのスタッフ、役者などにその意図を伝え、芝居を完成させていくのが仕事。コミュニケーション能力も問われる。テレビ会社や劇団、制作会社などに所属して、演出家を目指して修業を積むのが一般的。

  • 映画監督

    役者やスタッフを統率し映像作品に仕上げる

    どんな映画をつくりたいか、自分のイメージをもち、企画構成、シナリオから、演技、撮影、照明にいたるまであらゆる面において指揮をとり映画制作を完成させる責任者。

  • 映像プロデューサー

    予算や質的管理など番組全体の制作総括責任者

    テレビ番組などで、番組の企画立案をしたり、スポンサーや出演予定者との交渉、制作予算の管理、質的管理など、番組全体を管理するのが仕事。テレビ局や番組制作会社に入社するとアシスタントから始まり、ディレクター、プロデューサーと役割が徐々に大きくなっていく。

  • 映像カメラスタッフ

    感性と想像力で映像をつくりだす

    TVや映画などのスタジオやロケーション現場でカメラを操作するのが仕事。カメラの知識、操作技術はもちろん、場面の内容や展開によってどのようにアングルやショットを変えるかなど、感性や想像力も求められる。

  • 映像編集者

    映像を集めて、制作・編集する

    国内外の各地から回線で届いたニュースや番組などの映像を収録し、編集し直したりして、VTRを作成するのが仕事。メッセージを伝える映像にするためには自分自身の視点も不可欠。

  • 照明スタッフ

    場面や、構成に合わせてライティングする

    舞台やスタジオなどで照明を操る。たとえば、コンサートの照明スタッフは、プランナー、チーフオペレーター、オペレーター数名で構成される。プランナーは、曲やコンサートの構成に合わせて照明のプランニングを行い、オペレーターはピンスポットなどの使用する照明ごとのライティングを担当する。

  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • ラジオ・テレビ放送技術者

    放送に必要な専門技術を駆使

    放送に関わる電波の送信をしたり、番組制作で音響、照明や中継などに携わる。また新しいメディアとしてインターネットを使った事業を進めたり、最先端のCG技術を番組に取り入れるなどのマルチメディア化や更なる技術開発にも関わる。

  • CGアニメーター

    デジタル技術を駆使してアニメーションの作製をする

    CG(コンピュータグラフィックス)などのデジタル技術を駆使しアニメーションを作る。大胆な動きを表現したり、3Dアニメーションを作製する。映画業界、TV業界、CM業界など活躍の場は多岐にわたり、どの業界でも欠かせない存在となっている。

初年度納入金:2017年度納入金 115万円  (実習費・教材費が別途必要)
年限:4年制

学科の特長

学ぶ内容

全国に先駆けた4年制の徹底カリキュラム!
映画は多くの専門職(監督、脚本、撮影、照明、音声、編集、美術、配給など)が連携して、企画~制作~上映までの過程を経て世に出されます。1・2年次はその全体像をイメージし、各専門職の基礎知識を基本から身につけ、3・4年次にめざす専門分野の応用力を磨き、現場で通用する技能と知識、やり通せる力を養います。

先生

日本を代表する映画監督による直接指導
業界で通用する技能は指導者によってその成果が大きく左右されるため、講師は全て現役プロ、しかも「一流」と称される方々が直接指導。若手実力派俳優を次々と起用する「廣木隆一」さんなど日本を代表する監督らが来校し、特別授業を展開。一流のワザや考えに触れながら個々の能力を高めていきます。

実習

全国公開映画に多数関与!地域でも珍しい学校だからこそ与えられるチャンスが豊富
劇場映画やドラマ、プロモーションビデオ、アーティストのライブビデオ、ドローンカメラを使った撮影、Web動画制作などの多種多様な実習を行い、実際の現場での動きやコミュニケーションを学びます。監督やプロデューサーとの出会いがその後の就職につながることも。

卒業後

希望者100%業界就職を目指します
映画・映像制作会社、音響制作会社、美術制作会社、照明会社などの業界へ就職します。映画『海猿』や『バクマン。』などの照明や『永谷園』CM、ドラマ『あまちゃん』などの美術を担当するなど、活躍中の卒業生が多数です。
東京芸術大学大学院 映像研究科への進学実績が多数!さらなる専門性を磨く
映画プロデュース科卒業により、高度専門士の称号が得られ、その後に東京芸大大学院への進学により、映画・映像の知識・技術・センスをさらに磨くことができ、卒業により修士の学位を取得可能。本校での学びの内容が芸大に引けを取らないからこそ、進学のパイプが確立しているといえます。

施設・設備

「映画館」が校舎です
映画館だった建物をそのまま校舎として使用しているから、劇場や映写室は本物仕様!また、映画制作会社「東宝」と同じ照明システム完備の「撮影スタジオ」や「映像編集スタジオ」「CGスタジオ」「音響スタジオ」など、映画を学ぶ環境が揃っています!

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • Excel(R)表計算処理技能認定試験 (3級) 、
    • コミュニケーション検定 (3級) 、
    • Word文書処理技能認定試験 (3級)

    社会常識検定(3級)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    プロデューサー 、 脚本家 、 映画監督 、 カメラマン 、 制作 、 映像編集 、 美術 、 メイク 、 照明技術音響 ほか

※ 想定される活躍分野・業界

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒951-8063 新潟県新潟市中央区古町通6-976
TEL:0120-551-400

所在地 アクセス 地図・路線案内
(2011年4月 移転) : 新潟県新潟市中央区古町通6番町976 JR「新潟」駅万代口バスターミナル0・1番線よりバス5分。「古町」下車、徒歩2分。

地図

 

路線案内


国際映像メディア専門学校(専修学校/新潟)