• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 穴吹調理製菓専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 調理学科

広島県認可/専修学校/広島

アナブキチョウリセイカセンモンガッコウ

調理学科

募集人数:
30人 (1年・男女)

1年間で調理の基礎を効率よく習得。即戦力として活躍できる調理師をめざす。

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

  • 生活科学

    人々の生活の合理化や充実を、学術的アプローチで研究する

    衣・食・住から人間関係、健康、環境、文化など生活者の視点を基盤にしてライフスタイル全般を学ぶ学問。家庭生活の向上や快適な生活環境を創ることを目指す。

目指せる仕事
  • 調理師

    自分の作った料理でお客さまを笑顔にする

    味が良く、見た目に美しく、衛生的にも営業的にも優れた料理を作る職人。和、洋、中、イタリアン、すし、日本そば等、その分野は幅広い。技術だけでなく、盛り付けのセンス、新しい味を生み出す研究心も要求される。将来独立するなら経営的センスも必要。

  • シェフ

    料理人のトップにたって、厨房をしきる最高責任者

    ホテルやレストランなどの厨房は、さまざまな料理人が自分の持ち場をしっかりこなして料理を仕上げていく。そのすべてをしきり、段取りから最終の味覚チェックまでお客様に出すすべての料理に責任をもつ。シェフと呼ばれるまでには、さまざまな現場の経験と実績を積まなければならず、真の実力がないとなれない。

  • ソムリエ

    ワインと料理をコーディネートする

    生産地や、つくられた年代により変化するワインの味を熟知し、料理に合うワインを選ぶ手助けをする仕事。客の要望をよく聞き、保管する温度と湿度にも細心の注意を払い、一番おいしい状態になったワインをサービスするのがプロの技だ。ソムリエと名乗るためには試験が必要。

  • フードコーディネーター

    食まわりビジネスすべてに関わる仕事

    出版や広告の料理作りおよびスタイリング、店舗のメニュー開発、料理教室の運営、食器スタイリングなど仕事は幅広い。料理研究家とフードコーディネーターを兼ねるケースもあれば、食器の選択や盛付け、テーブルまわりのセットだけを行うケースもある。料理研究家やスタイリスト、カメラマン、編集者を手配し、ひとつのチームとして売り込むコーディネートの仕事もある。

  • クッキングアドバイザー

    製品のPRを兼ねた調理アドバイザー

    調理器具メーカーや食品メーカーに勤める営業の一種。製品の販売促進を目的として、調理方法のアドバイスや新製品の情報提供をする。デパートやスーパーなどで実演したり、実際にユーザーの家庭やグループを訪問して行う場合がある。経験を積んで、メーカー主催の料理教室の講師となったり、PR用のハンドブックの編集をするケースもある。

  • テーブルコーディネーター

    食卓イメージの演出家

    レストランやホテルなどで使う食器のスタイリングやデザインを担当したり、料理ページなど、雑誌や広告で紹介する食器や関連雑誌などのスタイリングをする。フードコーディネーターが兼ねている場合も多い。さまざまな食様式を知った上で、オリジナルなスタイリングができる人材が求められている。

  • フードスペシャリスト

    食品に関する専門知識を活かし、消費者との橋渡しをするスペシャリスト

    食品の流通や販売、レストランやホテルなどの飲食関係の世界で食のプロとして活躍する。食品の品質判定や食品情報の収集・提供などを行って、消費者からの信頼を得て販売促進につなげる仕事をしたり、レストランやホテルなどでは料理やメニュー、食卓、食空間などのコーディネートを行ったりする。食品会社や食品に関わる企業で活躍するほか、外食関係のコンサルティングを行う企業、個人で活躍することも。日本フードスペシャリスト協会が認定した大学・短期大学で所定の単位を履修すると「フードスペシャリスト」の資格が得られる。

  • 和菓子職人

    見せるための技が求められる和菓子専門の職人

    和菓子を専門につくるお菓子職人。弟子入りからはじめるケースが多いので、一人前になるまで時間と努力が必要。和菓子は、なま物である上、細工が細かいものが多いので、デリケートに扱わなければならない。粉の練り方から、細い箸を使った飾りつけまで、職人の技が光る仕事。

  • パン職人

    おいしくて喜ばれるパンを作るために工夫する毎日

    ベーカリーやホテルなどで、パン作り専門のシェフとして活躍する。一般的にベーカリーの場合は、朝4時に仕込み、夕方6時くらいまで営業するケースが多く、一日の勤務時間は長い。また、お客様に喜んでもらえる、売れるパンをつくるためには、日々、研究を重ね、おいしくて、オリジナリティのあるパンを開発しなければならない。

  • パティシエ(洋菓子職人)

    洋菓子店やレストランの洋菓子専門シェフ

    洋菓子だけを専門につくるシェフ。ケーキ、ムース、ババロア、クッキーなど洋菓子とひと言で片付けられないほど、幅広いメニューをつくり出す。店舗でお菓子作りをするだけでなく各種コンテストに出場したり、講習会の講師としても活躍するケースがある。

初年度納入金:2017年度納入金 139万5000円  (入学金含む)
年限:1年制

学科の特長

学ぶ内容

調理師への最短コース!1年で調理師免許を取得できる
西洋料理・日本料理・中国料理・給食調理の基礎知識・技術を、1クラス30名の少人数制で経験豊富な講師陣が指導します。卒業時には、無試験で調理師国家資格を取得できます。

授業

コンパクトなクラス運営による細かいサポートと納得の実技指導で、調理技術を身につける
専攻に分かれず各分野の基礎技術を学ぶため、幅広い分野を学ぶことができます。教員が学生一人ひとりに目が行き届く少人数制。個々の習熟度に合わせたきめ細かい指導で技術が身につきます。

実習

憧れの仕事へ充実の実習内容
包丁の持ち方など調理技術の基本から始め、西洋料理・日本料理・中国料理など各国の料理を学ぶ「調理実習」や、集団調理実習を通して、大量調理技術、献立作成、栄養計算、原価計算を学び、さらには協調性や責任感、食事の提供も身につく「総合調理実習」など、充実の内容で憧れの仕事を体感します。

制度

早期内定をめざす!就職活動の徹底指導
安心して社会に出られるよう、専任の就職キャリアセンタースタッフやクラス担任が年間を通して就職を全力徹底サポートします。

研修制度

食に対する視野が広がる「試食研修」
お客さまに美味しい料理を提供するためには自分の味覚を養うことも大切です。「試食研修」では大手ホテルにおいて試食を行い、一流の味を自分の舌で学びます。同時に、作法、テーブルマナーを学ぶことで食に対する視野を広げます。

イベント

1年間の学びの成果を発表する「卒業料理製菓展示会」
1年間学んできた日頃の成果を発表する「卒業料理製菓展示会」。一人ひとりがレシピからコーディネートまでを考え、それぞれの思いを料理の作品で表現します。コンペティション形式で審査が行われるため、競い合うことで意欲が高まり、より成長することができます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 調理師<国>

目標とする資格

    技術考査合格証
    食育インストラクター ほか

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職希望者数26名/就職者数26名 )

主な就職先/内定先

    (株)A・I・C広島マネジメント(シェラトンホテル広島) 、 (株)なだ万 、 (株)リーガロイヤルホテル広島 、 (株)ホテルグランヴィア岡山 、 (株)プリンスホテル(グランドプリンスホテル広島)


※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒720-0052 広島県福山市東町2-2-24
フリーダイヤル 0120-49-4646(入学相談室)
E-mail fukuyama@anabuki.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
穴吹調理製菓専門学校 : 広島県福山市東町2丁目2-24 「福山」駅より徒歩 8分

地図

 

路線案内


穴吹調理製菓専門学校(専修学校/広島)