• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 品川介護福祉専門学校

品川区長認可/専修学校/東京

品川介護福祉専門学校

シナガワカイゴフクシセンモンガッコウ

品川区独自の修学資金貸付制度により学費の負担が軽くなります

地域社会で求められている介護福祉士を養成するために、品川区のバックアップのもと誕生した本校。特に品川区独自の修学資金貸付制度では、条件付で授業料の返済を免除!学費の心配なく安心して学生生活を送れます。

品川介護福祉専門学校の特長

学校の特長1

修学資金貸付制度を利用の場合、区内指定施設で3年以上介護業務に就くことで返済免除

学費は2年間で180万円。そのうち最大で全授業料にあたる140万円を借り受けできる、「品川介護福祉専門学校修学資金貸付制度」が利用できます。卒業後に品川区内の指定福祉施設の採用試験に合格し、実際に3年以上介護の仕事に従事すると、返済が免除されます。これは品川区のバックアップがある本校ならではの制度。現在、在校生の約9割がこの制度を利用して介護の勉強に励んでいます。このほかにも、「福祉人材ファンド修学資金」(本校独自)「介護福祉士等修学資金制度」「日本学生支援機構奨学金」などの利用もできます。

学校の特長2

品川区の地域ネットワークを活かし、充実した実習教育で実践力が身につく!

本校は、品川区のバックアップのもと、社会福祉協議会が運営する専門学校です。そのため、安心と信頼のある学校運営を実現しています。品川区の地域ネットワークを活かし、実習では品川区内にある多数の施設と連携。厚生労働省が定める実習時間数を上回る500時間の実習を実施し、充実した実習教育を実践します。また、品川区の福祉行政に携わる方や、地域で生活されている高齢者による講義も行い、広い視点を持った介護のプロを育成しています。

学校の特長3

手厚い国家試験対策!1クラス40名の少人数制で、学生一人ひとりに丁寧な指導

本校は、1クラス40名の少人数制。国家試験問題の出題傾向を踏まえた通常の授業で基礎学力を高めたうえで、先生が学生一人ひとりに丁寧な個別指導を行っています。また、国家試験の過去問題や模擬試験を複数回実施し、学生個人の各科目の理解度を確認していきます。そのうえで、夏休みや冬休みには「特別対策授業」を実施。苦手科目の克服や得意科目の正答率の向上を図っていきます。また、試験に対する不安等の精神面にも配慮しながら、国家試験合格に向けて全面的にサポートしています。

学校の特長1

修学資金貸付制度を利用の場合、区内指定施設で3年以上介護業務に就くことで返済免除

学費は2年間で180万円。そのうち最大で全授業料にあたる140万円を借り受けできる、「品川介護福祉専門学校修学資金貸付制度」が利用できます。卒業後に品川区内の指定福祉施設の採用試験に合格し、実際に3年以上介護の仕事に従事すると、返済が免除されます。これは品川区のバックアップがある本校ならではの制度。現在、在校生の約9割がこの制度を利用して介護の勉強に励んでいます。このほかにも、「福祉人材ファンド修学資金」(本校独自)「介護福祉士等修学資金制度」「日本学生支援機構奨学金」などの利用もできます。

学校の特長2

品川区の地域ネットワークを活かし、充実した実習教育で実践力が身につく!

本校は、品川区のバックアップのもと、社会福祉協議会が運営する専門学校です。そのため、安心と信頼のある学校運営を実現しています。品川区の地域ネットワークを活かし、実習では品川区内にある多数の施設と連携。厚生労働省が定める実習時間数を上回る500時間の実習を実施し、充実した実習教育を実践します。また、品川区の福祉行政に携わる方や、地域で生活されている高齢者による講義も行い、広い視点を持った介護のプロを育成しています。

学校の特長3

手厚い国家試験対策!1クラス40名の少人数制で、学生一人ひとりに丁寧な指導

本校は、1クラス40名の少人数制。国家試験問題の出題傾向を踏まえた通常の授業で基礎学力を高めたうえで、先生が学生一人ひとりに丁寧な個別指導を行っています。また、国家試験の過去問題や模擬試験を複数回実施し、学生個人の各科目の理解度を確認していきます。そのうえで、夏休みや冬休みには「特別対策授業」を実施。苦手科目の克服や得意科目の正答率の向上を図っていきます。また、試験に対する不安等の精神面にも配慮しながら、国家試験合格に向けて全面的にサポートしています。

学校の特長1

修学資金貸付制度を利用の場合、区内指定施設で3年以上介護業務に就くことで返済免除

学費は2年間で180万円。そのうち最大で全授業料にあたる140万円を借り受けできる、「品川介護福祉専門学校修学資金貸付制度」が利用できます。卒業後に品川区内の指定福祉施設の採用試験に合格し、実際に3年以上介護の仕事に従事すると、返済が免除されます。これは品川区のバックアップがある本校ならではの制度。現在、在校生の約9割がこの制度を利用して介護の勉強に励んでいます。このほかにも、「福祉人材ファンド修学資金」(本校独自)「介護福祉士等修学資金制度」「日本学生支援機構奨学金」などの利用もできます。

学校の特長2

品川区の地域ネットワークを活かし、充実した実習教育で実践力が身につく!

本校は、品川区のバックアップのもと、社会福祉協議会が運営する専門学校です。そのため、安心と信頼のある学校運営を実現しています。品川区の地域ネットワークを活かし、実習では品川区内にある多数の施設と連携。厚生労働省が定める実習時間数を上回る500時間の実習を実施し、充実した実習教育を実践します。また、品川区の福祉行政に携わる方や、地域で生活されている高齢者による講義も行い、広い視点を持った介護のプロを育成しています。

学校の特長3

手厚い国家試験対策!1クラス40名の少人数制で、学生一人ひとりに丁寧な指導

本校は、1クラス40名の少人数制。国家試験問題の出題傾向を踏まえた通常の授業で基礎学力を高めたうえで、先生が学生一人ひとりに丁寧な個別指導を行っています。また、国家試験の過去問題や模擬試験を複数回実施し、学生個人の各科目の理解度を確認していきます。そのうえで、夏休みや冬休みには「特別対策授業」を実施。苦手科目の克服や得意科目の正答率の向上を図っていきます。また、試験に対する不安等の精神面にも配慮しながら、国家試験合格に向けて全面的にサポートしています。

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

3月のオープンキャンパス

【イベント概要】 <日程>3月28日(火)14:00~16:00 <内容>体験授業「体験してわかる!…

続きを見る

詳細を見る

4月のオープンキャンパス情報

介護福祉学科

4月22日(土)14:00~16:00 内容:在校生インタビュー「先輩に聞いてみよう♪」 修学資金…

続きを見る

品川介護福祉専門学校からのメッセージ

本校は、品川区の全面バックアップの下、運営しています。品川区独自の修学資金制度や本校独自の福祉人材ファンド制度があり、自己負担25万円で介護福祉士が目指せます。
【オープンキャンパス】
3月28日(火)14時~16時
体験授業「体験してわかる!!高齢者の身体とは!?」 
詳しくは、本校ホームページをご覧ください。





(3/17更新)

品川介護福祉専門学校の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

●2017年度納入金 100万円(※半期ごとの分納制。別途教科書代として2年間で4万円程度が必要)

問い合わせ先・所在地・アクセス

品川介護福祉専門学校

〒141-0033 東京都品川区西品川1-28-3 品川区立中小企業センター5・6F
TEL:03-5498-6364

所在地 アクセス 地図・路線案内
大井町キャンパス : 東京都品川区西品川1-28-3 品川区立中小企業センター 5階6階 東急大井町線「下神明」駅から徒歩 2分
JR京浜東北線 りんかい線「大井町」駅から徒歩 11分

地図

 

路線案内

品川介護福祉専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ