• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 河原医療大学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 作業療法学科

愛媛県認可/専修学校/愛媛

カワハライリョウダイガクコウ

作業療法学科

募集人数:
40人 (4年)

患者様と触れ合う実習が豊富!「身体」だけでなく「心のケア」と住環境整備まで支援できる作業療法士を4年間で育成!

学べる学問
  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

目指せる仕事
  • 空間デザイナー

    店舗や住宅などの空間の演出家

    店舗やアーケードといった商業空間、一般住宅などの生活空間をどのように使うか提案する。商業空間の場合、店舗の周辺を行き交う人の動きや気持ちを想定して、売場の構成や演出の工夫、商品のディスプレイ等を考える。生活空間の場合、そこに住む人が快適に過ごせるよう、工夫をこらす。

  • 養護教諭

    生徒の心身を支える、身近なカウンセラー的存在

    主として小・中・高校に配属される「保健の先生」。年間の保健計画に沿って、身体検査や保健教育などを行い、学校内の救急処置や生徒の健康管理と保健指導、健康相談、環境衛生、にあたる。保健室は、子供たちの「心の居場所」になっているケースが多く、いじめや学業などに関する心の問題や、ストレスを抱える子どものカウンセラーでもある。

  • 作業療法士

    さまざまな作業を通して、高齢者や障がい者の社会適応力を育てる“リハビリの専門家”

    工芸、手芸、園芸、絵画、玩具操作などの作業技法を使って、病後や障害の機能回復や日常生活動作の維持や改善を図る仕事。生活場面での応用的な動作能力にとどまらず、精神的・心理的な安定を目的としているところが、理学療法士と違うところ。また、作業療法は職業準備訓練という目標をもつ。

初年度納入金:2017年度納入金 152万円  (入学金30万円含む。併修希望者は人間総合科学大学人間科学科(通信教育課程)の併修費用31万円が別途要)
年限:4年制

学科の特長

カリキュラム

4年制の作業療法士養成施設だから実習が豊富で、特色のあるカリキュラムです
教室での講義に加え、ボランティアや見学、体験実習を数多く取り入れています。車椅子で街中を移動し、患者様の目線で作業療法を行うことを学ぶ作業療法概論など、特色ある授業が豊富です。さらに人間総合科学大学人間科学科(通信教育課程)との大学併修制度により、別途124単位の履修で卒業時に学士の称号が得られます。

先生

講師陣も充実!現場経験豊富な教員や医師から、最新の医療が学べます
愛媛大学医学部をはじめ、愛媛県内の病院の医師や看護師、作業療法士、理学療法士の教員など、最先端の医療を学べる講師陣が揃っています。実際の医療現場で今どのようなことが行われているのか、どんな新しい治療法が生まれているかなど、リアルタイムに学ぶことができるため就職にも有利です。

実習

病院・施設での実習を通じて、患者様のことを体験から学びます
愛媛県内外の多くの病院・施設から協力を得て、多くの患者様のさまざまな状態を学ぶことができます。
1年次の見学実習から始まり、患者様の状態をチェックする練習を行う評価実習を2回、実際に患者様を受け持つ臨床実習を3回など、作業療法士として就職後に役立つ知識を、豊富な実習を通して習得できます。

学生

「将来は、患者さんに信頼される作業療法士になりたい」黄前愛以梨さん/1年・北条高校卒
私がこの学校を選んだ理由は、4年制で実習が多く、また市内にあるため交通の便が良く通いやすいからです。入学して感じたことはフレンドリーな先生が多く、俳句など独自の授業も多くあり、驚きました。勉強は難しいですが、日々協力し合って頑張っています。将来は、患者さんに信頼される作業療法士になりたいです。

卒業後

患者様や家族とともに、新しい生活を創っていきます。幅広い分野での活躍が期待されます
身体や心に障害が残った場合でも、患者様とともに新しい生活の仕方や工夫を創出し、患者様の社会復帰をお手伝いするのが作業療法士の仕事。治療場面から実生活場面まで、医学的なリハビリテーションにとどまらず、住環境の整備や福祉用具の開発、自宅へ訪問しての指導など、患者様とその家族を幅広い技術と知識で支えます。

施設・設備

作業療法士になるための毎日の学びを、駅近の好立地と愛媛県内トップクラスの設備でサポート
日常動作訓練室には、車椅子の患者様のために高さ調節ができる可動式キッチンや、実際の家庭内での段差を再現し、作業療法の実践を学べる浴室や和室を完備。日常生活に結びついた作業療法を学内実習で学べます。松山市の中心、伊予鉄松山市駅から徒歩3分の好立地で、愛媛県内の広い地域から通いやすいのも特長です。
学校概要

チーム医療を学び、医療のスペシャリストに。最先端の設備と充実の国試対策で夢を実現

看護師、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、歯科技工士、診療情報管理士、医療事務を目指す学校。愛媛県内最大級規模の6学科を擁する医療専門校で専門的な知識・技術を学べます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 作業療法士<国>

目標とする資格

    • 福祉住環境コーディネーター検定試験(R)

就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

病院、診療所、介護老人保健施設、介護老人福祉施設、訪問リハビリテーションなどで幅広く活躍できます。

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒790-0005 愛媛県松山市花園町3-6
フリーダイヤル 0120-40-5355
emsi@kawahara.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
愛媛県松山市花園町3-6 「松山市」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内


河原医療大学校(専修学校/愛媛)