• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 四国中央医療福祉総合学院
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 作業療法学科

愛媛県認可/専修学校/愛媛

シコクチュウオウイリョウフクシソウゴウガクイン

作業療法学科

募集人数:
40人

リハビリテーションの中核を担う作業療法士を育成。現場に即した教育だから3年で即戦力に。

学べる学問
  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

目指せる仕事
  • 作業療法士

    さまざまな作業を通して、高齢者や障がい者の社会適応力を育てる“リハビリの専門家”

    工芸、手芸、園芸、絵画、玩具操作などの作業技法を使って、病後や障害の機能回復や日常生活動作の維持や改善を図る仕事。生活場面での応用的な動作能力にとどまらず、精神的・心理的な安定を目的としているところが、理学療法士と違うところ。また、作業療法は職業準備訓練という目標をもつ。

  • スポーツトレーナー

    一般の人からプロ選手まで、トレーニング指導の専門家

    プロ野球選手の専属トレーナーが注目されて話題になるなど、スポーツトレーナーの仕事は奥が深い。トレーニングする相手の体質や、健康上の課題をつかみ、その人にあったアドバイスや指導をしなければならない。体のしくみや栄養知識など、高度な専門知識がもとめられる。

  • メディカルトレーナー・リハビリトレーナー

    ケガをした人の運動機能の回復やスポーツ選手の健康管理をサポート

    病気やケガをした人や高齢者の運動機能の回復、スポーツ選手のコンディションの管理やケガの治療・リハビリなどをサポートする専門職。マッサージやストレッチなどの施術のほか、効果的なトレーニング方法のアドバイスなども行う。病院や治療院、スポーツクラブなどで働くほか、特定のスポーツチームや選手の専属として活躍する人も多い。メディカルトレーナー・リハビリトレーナーを名乗るのに国家資格は必須ではないが、理学療法士、柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩・マッサージ指圧師なども持っていると有利。

初年度納入金:2017年度納入金 175万円  (入学金・施設整備費・実験実習費を含む)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

社会が求めるリハビリテーション。その中核の作業療法士になるための学習
身体障害を可能な限り改善させることはもちろん、障害が残った患者様を再び社会へと導いて行く作業療法士。身体・精神障害にかかわらず、生活のしづらさを改善するため、医師の指導の下での治療・応用動作・環境設定などを行い、まず在宅復帰を目指し更に職業復帰を実現できる知識・技術、そして実践力を修得します。

カリキュラム

3年で修得できる資格だから、3年でしっかり学び巣立って欲しい
本学院の講師や教育環境からみても、3年間で充実した内容を十分学べます。3年制だから学費が最小限に抑えられ、また、母体病院と連携することで、臨床現場に即した教育を実践します。これら両者のメリットと共に、最短で卒業し、臨床経験を積めることは、将来、ステップ・アップするために非常に有利です。

先生

多くの経験と実績を築いてきた講師陣が、現場に必要な知識・技術を熱く伝授
どの分野においても最前線の臨床現場で活躍している講師陣。だから講義はイメージしやすく面白い。全学年Double teachingによる丁寧な指導と温かい人間関係。学生が「やります!」と決めたらやり遂げるまで付き合う、熱意ある専任教員。「ここでしか学べないことがある」。それが本学院の教育スタイルです。

学生

“よく学び、よく遊ぶ”をモットーに、学科の垣根を越えたチーム学習
医療・福祉現場では当たり前の“チーム・アプローチ”。本学院では、セラピスト入門(施設実習)や研修旅行、球技大会、合同授業など他学科との交流を多く持ち、臨床現場で各職種の役割を理解・協力して取り組めるよう、学生時代より本質的なチーム・アプローチ指導に力を入れています。

卒業後

四国中央市での就職はもちろん、地元へのUターン就職もサポート。活躍の場所は、あなた次第!
愛媛県内はもちろん、県外・四国外出身者の地元就職も完全サポート。東北から九州まで学生が働いてみたい地域、また地域の中核となる医療・福祉施設で活躍できるチャンスを丁寧にサポート。卒業後、臨床現場で得た経験を活かして公立大学大学院への入学の道もあります。

資格

作業療法士<国>受験資格を取得。福祉住環境コーディネーター検定試験(R)の取得も目標
本学科の卒業で、作業療法士<国>の受験資格が得られます。作業療法士は、日常生活動作や在宅復帰、職業復帰を実践する専門家。そのため、住みやすい環境をアドバイスする福祉住環境コーディネーター検定試験(R)の取得を在学中に目指します。臨床現場でより視野の広い、また活躍できる場の広い作業療法士を育成します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 作業療法士<国>

目標とする資格

    • 福祉住環境コーディネーター検定試験(R) (2級)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    徳島大学病院 、 三豊総合病院 、 倉敷記念病院 、 旭川荘南愛媛病院 、 南愛媛療育センター 、 西条市民病院 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒799-0422 愛媛県四国中央市中之庄町1684-10
TEL 0896-24-1000
E-mail info@rwf.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
愛媛県四国中央市中之庄町1684番地10 「伊予三島」駅から徒歩 10分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

四国中央医療福祉総合学院(専修学校/愛媛)