• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 環太平洋大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 松岡 和幸さん(体育学部 体育学科/広告会社営業)

私立大学/岡山

カンタイヘイヨウダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

広告会社営業  として働く  松岡 和幸さん  にインタビュー!

  • マスコミ・通信業界
  • 営業職
  • センスを表現するのが好き
インタビュー

地元の人にも県外の人にも愛される「岡山の街」を作りたい!

この仕事の魅力・やりがい

お客様の想いをしっかりとヒアリングし、生活者へどのように届けていくのかを企画・実現するのが主な仕事です。広告の手法も大きく変わってきていて、TVやラジオ、新聞などのマスメディアから、現在ではインターネットやSNSなど、情報を発信したい相手に合わせてより効果的な手段が選べるようになりました。少し前に地元のプロサッカーチームのプロモーション活動を担当したのですが、自分たちが作った広告を一般の人がSNSに「すごい!かっこいい!」とアップしてくれた時は嬉しかったですね。スポーツに全く興味のなかった人たちが少しでも興味を持ってくれて、「試合を見に行きたい!」と思ってくれるよう、これからも頑張りたいです。

広告会社営業として働く松岡 和幸さん

いつもポジティブに!向上心を持って取り組んでいます

広告会社営業として働く松岡 和幸さん
業界ココだけ話!

広告制作の仕事はチームワークが大切です

業界ココだけ話!

広告業界で必要な武器は「アイデア」と「責任感」です。まずはお客様が抱えている課題をじっくりヒアリングして、自分自身がその課題をきっちりと把握すること。ここを正確に理解していないと、お客様の要望に沿った提案を行うことができません。さらにその課題の解決策に加え、プラスアルファで違う視点から考えたアイデアを提案するなど、サプライズを用意することで「こんな解決方法もあったんですね!」と喜んでもらえます。結果的にお客様の満足度も高まるので、次の仕事へとつながることも。また営業は、一つの仕事を最初から最後まで担当しなければなりません。どんなことがあっても、途中で投げ出さない責任感が求められます。

これからかなえたい夢・目標

日々進化する広告手法。最新情報をチェックします

これからかなえたい夢・目標

学生時代に旅行などで県外を訪れる機会がありました。改めて自分の生まれ育った岡山の街を客観的に見つめることができ、「自分の力で岡山をもっとおもしろくしたい」と強く感じるように。この会社を選んだのも、ここでならその夢を叶えることができそうだと思ったからです。今は街を活性化する企画を考えるために必要な情報を集め、自分の目標に向かって進めるよう努力しています。将来的には広告の力で岡山をもっと盛り上げて、岡山のことをよく知らない県外の人たちからも岡山を評価していただけるようにしたいですね。もちろん、地元の方には今以上に「岡山が好き」「岡山を愛してる」と思ってもらえるよう、新しい活動にも挑戦していきます。

プロフィール

松岡 和幸さん のプロフィール

株式会社ビザビコミュニケーションズ勤務/体育学部 体育学科/2012年3月卒/岡山県出身。在学中はハンドボール部でキャプテンを務める。「スポーツイベント論」という授業で、スポーツが自治体や企業のバックアップ、試合を見に来る来場者なくしては成り立たないということを学び、スポーツビジネスに興味を持つ。自分の夢に向かって一生懸命なアスリートを陰ながら支える仕事があることを知り、広告代理店への入社を志望。イベントなどの大きな仕事は、当日までの準備が大変だが、無事にやり遂げた時の達成感は格別。頑張ったら頑張った分だけ、本番の出来に反映される。そのことが約束されていると思うことが、日々の仕事の励みになっているそうだ。

この先輩が卒業したのは…

環太平洋大学 体育学部 体育学科

学校イメージ

体育学部体育学科は、世界レベルのアスリートを目指す人はもちろん、教育者としてスポーツの経験を活かしたい人、スポーツ業界を支える仕事に就きたい人などが学ぶ学科です。体育学科の教員は、世界・国内の第一線でアスリートとして活躍した輝かしい経歴に加え、指導者としても多大な実績を持っています。また、学内には各種専用グラウンドをはじめとした世界基準の施設が設けられていることも大きな特長。この環境下で、スポ-ツを通して自己を磨き、豊かな人間性を身につけると共に、学問を通して専門性を身につけ、社会の様々な場で活躍できる人材の育成を目指しています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
環太平洋大学(私立大学/岡山)