• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京未来大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 坂本 はるひさん(こども心理学部 こども心理学科こども保育・教育専攻/幼稚園教諭)

私立大学/東京

トウキョウミライダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

幼稚園教諭  として働く  坂本 はるひさん  にインタビュー!

  • 教育業界
  • 教育系専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

支えあい、育ち合う。“遊び”を通して、子どもたちは大切なことを学んでいます

この仕事の魅力・やりがい

年中さんのクラスを担当しています。日々の生活で成長を感じる瞬間が一番嬉しいですね。今のクラスは年少さんから担当しているのですが、初めての集団生活に戸惑い、クラスで集まるときになるとなかなかお部屋に入れない子がいたんです。その子は遊び心に溢れ楽しい遊びを創り出す、まさに遊びの天才。「いつもおもしろいことを考えてすごい!」こうして友達が認めて支えてくれたことが、壁を乗り越えていこうという力になりました。個性を尊重しながら支えあい育ち合っているんだなぁと思い、本当に嬉しかったですね。

幼稚園教諭として働く坂本 はるひさん

一緒に遊ぶと子どもの成長を間近で感じ嬉しいです!

幼稚園教諭として働く坂本 はるひさん
今の仕事との出会い・きっかけ

みんなの喜ぶ顔を思い浮かべて行事の準備をします

今の仕事との出会い・きっかけ

この浦和のぞみ幼稚園では“遊び”を大切にしています。その考えに惹かれ、ここで働きたいと思いました。きっかけは東京未来大学在学中の、幼稚園訪問でした。大学は実習やボランティアが多かったため、様々な幼稚園の教育理念に触れたのですが、特に素晴らしいと感じたのが遊ぶ時間の多い園でした。子どもたちの表情が豊かでのびのびとしていて、心を弾ませて夢中になって遊ぶ姿に、“遊び”の重要性を再確認したのです。この園で、子どもたちに心をたっぷり動かして、たくさん遊んでほしいって思っています。

業界ココだけ話!

日誌をつけながら、一人ひとりの成長を感じています

業界ココだけ話!

この幼稚園には幼稚園バスがありません。お見送りとお迎えが毎日あるおかげで、子どもたちや保護者の方々、そして私たち先生がコミュニケーションでき、それにより信頼関係が築かれていると感じています。動画でもお話しましたが、「幼稚園の先生は保護者との関わりが大変そう」というのはむしろ逆で、保護者の方々に見守っていただいていると思います。幼稚園教諭1年目だった頃、不安そうな私に「大丈夫よ!私たちがいるから」なんて言ってくださった方がたくさんいて、どんなに心強かったことか…いまでもとても感謝しています。子どもたちも好きですが、保護者の方たちも大好きです。というよりも、この幼稚園のすべてが大好きなんです。

プロフィール

坂本 はるひさん のプロフィール

学校法人希望学園 浦和のぞみ幼稚園 教諭/こども心理学部こども心理学科こども保育・教育専攻/2012年3月卒/坂本さん自身は保育所の出身。年長さんのとき0歳児をお世話をする時間があり、楽しかったことから保育士になることを決意。しかし、大学で様々な実習やボランティア活動に参加するうち、幼稚園の魅力に気がつき迷ったという。「保育所は時間が長いことが魅力ですが、先生が交代制。でも幼稚園は登園から降園まで一人の先生が担当できるので、クラスの子どもたち一人ひとりを全部見てあげられると思いました」。ほかにも、実習の多い大学に通ったおかげで、学生のうちから様々な視点で物事を捉える事ができたのもとても良かったのだそうだ。

この先輩が卒業したのは…

東京未来大学 こども心理学部 こども心理学科こども保育・教育専攻

学校イメージ

駅2分。通学にも便利

本学科では、子どもの気持ちを理解できる人材の育成を目指します。主に児童心理を中心に、カウンセリングやケアといった実践的な学びを通し、技術と情熱で子どもに向き合う力を身につけていきます。こども保育・教育専攻では、子どもの心理発達を熟知した子育て支援のスキルを修得し、保育士、幼稚園教諭1種免許状、小学校教諭1種免許状の国家資格取得を目指します。こども心理専攻では高いコミュニケーションスキルとカウンセリングスキルを修得し、認定心理士の資格取得を目標としています。将来は保育所・幼稚園・小学校はもちろん、地域の子育て支援や、子ども服やおもちゃの商品開発など、幅広い分野での活躍が期待できます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

東京未来大学(私立大学/東京)