• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校 千葉デザイナー学院

千葉県認可/専修学校/千葉

専門学校 千葉デザイナー学院

センモンガッコウ チバデザイナーガクイン

千葉駅から徒歩1分でプロのクリエイターになろう!

「好き」から「プロ」へ!グラフィック・Web・イラスト・CG・アニメなどを総合的に学べる、千葉県唯一のデザイン単科専門学校です。

専門学校 千葉デザイナー学院の特長

学校の特長1

就職に強い2つの理由

<産学協同企業プロジェクト>企業からデザインに関する課題を頂き、学生が制作を行う企業との合同プログラム。千葉県内の企業を中心に、デパートのフロアガイドデザイン、スマホ向けゲームのキャラクターデザインなど、例年多数のプロジェクトを実施しています。実際の仕事の流れを学べる他、制作物は各企業で使用されるため、就職活動時に実績としてアピールできます。<インターンシップ制度>インターンシップ制度は、2・3年次に千葉、東京の幅広いクリエイティブ分野の企業で実施。学生一人ひとりの適性・希望に沿った企業で実際に就業体験を行います。この体験を通して、進路の確認、実社会の厳しさ等を学びます。

学校の特長2

学生人数分のMac、大判プリンター、3Dプリンター等最新の設備があります。

デザインの現場で広く使われているPC「Macintosh」と、Illustrator(R)やPhotoshop(R)といったクリエイター必須のソフトを学生の人数分完備しているので、授業以外の空き時間や放課後にも自由に作品制作する事が出来ます。また、漫画原稿、ポスター等、サイズの大きな作品に対応するスキャナー・プリンターもあるので、大判の作品を仕上げる事も出来ます。その他、最新の3Dプリンターも導入。3Dソフトの技術を学び、実際にフィギュア等の立体物を制作する事も可能です。

学校の特長3

個性豊かなプロ講師達がわかりやすく指導。今、業界で求められる技術が身につきます。

クリエイティブ業界は流行の移り変わりが激しく、現役のプロでなければわからない事が数多くあります。その為、本校の講師はクリエイティブ業界の第一線で活躍している現役プロがほとんど。今、現場で実際に必要とされている技術や能力を無駄なく指導してくれます。また、クリエイティブ分野で働く事がどういう事なのか、先生自身の経験を元に教えてくれるので、リアルな業界の事がよくわかり、将来の仕事を決める上でとても参考になります。授業以外の面でも、アルバイトや求人の紹介、アートイベントへの引率等、様々な面から学生をサポート。皆、個性的で楽しい先生ばかりなので、学生もすぐに仲良くなれます。

学校の特長1

就職に強い2つの理由

<産学協同企業プロジェクト>企業からデザインに関する課題を頂き、学生が制作を行う企業との合同プログラム。千葉県内の企業を中心に、デパートのフロアガイドデザイン、スマホ向けゲームのキャラクターデザインなど、例年多数のプロジェクトを実施しています。実際の仕事の流れを学べる他、制作物は各企業で使用されるため、就職活動時に実績としてアピールできます。<インターンシップ制度>インターンシップ制度は、2・3年次に千葉、東京の幅広いクリエイティブ分野の企業で実施。学生一人ひとりの適性・希望に沿った企業で実際に就業体験を行います。この体験を通して、進路の確認、実社会の厳しさ等を学びます。

学校の特長2

学生人数分のMac、大判プリンター、3Dプリンター等最新の設備があります。

デザインの現場で広く使われているPC「Macintosh」と、Illustrator(R)やPhotoshop(R)といったクリエイター必須のソフトを学生の人数分完備しているので、授業以外の空き時間や放課後にも自由に作品制作する事が出来ます。また、漫画原稿、ポスター等、サイズの大きな作品に対応するスキャナー・プリンターもあるので、大判の作品を仕上げる事も出来ます。その他、最新の3Dプリンターも導入。3Dソフトの技術を学び、実際にフィギュア等の立体物を制作する事も可能です。

学校の特長3

個性豊かなプロ講師達がわかりやすく指導。今、業界で求められる技術が身につきます。

クリエイティブ業界は流行の移り変わりが激しく、現役のプロでなければわからない事が数多くあります。その為、本校の講師はクリエイティブ業界の第一線で活躍している現役プロがほとんど。今、現場で実際に必要とされている技術や能力を無駄なく指導してくれます。また、クリエイティブ分野で働く事がどういう事なのか、先生自身の経験を元に教えてくれるので、リアルな業界の事がよくわかり、将来の仕事を決める上でとても参考になります。授業以外の面でも、アルバイトや求人の紹介、アートイベントへの引率等、様々な面から学生をサポート。皆、個性的で楽しい先生ばかりなので、学生もすぐに仲良くなれます。

学校の特長1

就職に強い2つの理由

<産学協同企業プロジェクト>企業からデザインに関する課題を頂き、学生が制作を行う企業との合同プログラム。千葉県内の企業を中心に、デパートのフロアガイドデザイン、スマホ向けゲームのキャラクターデザインなど、例年多数のプロジェクトを実施しています。実際の仕事の流れを学べる他、制作物は各企業で使用されるため、就職活動時に実績としてアピールできます。<インターンシップ制度>インターンシップ制度は、2・3年次に千葉、東京の幅広いクリエイティブ分野の企業で実施。学生一人ひとりの適性・希望に沿った企業で実際に就業体験を行います。この体験を通して、進路の確認、実社会の厳しさ等を学びます。

学校の特長2

学生人数分のMac、大判プリンター、3Dプリンター等最新の設備があります。

デザインの現場で広く使われているPC「Macintosh」と、Illustrator(R)やPhotoshop(R)といったクリエイター必須のソフトを学生の人数分完備しているので、授業以外の空き時間や放課後にも自由に作品制作する事が出来ます。また、漫画原稿、ポスター等、サイズの大きな作品に対応するスキャナー・プリンターもあるので、大判の作品を仕上げる事も出来ます。その他、最新の3Dプリンターも導入。3Dソフトの技術を学び、実際にフィギュア等の立体物を制作する事も可能です。

学校の特長3

個性豊かなプロ講師達がわかりやすく指導。今、業界で求められる技術が身につきます。

クリエイティブ業界は流行の移り変わりが激しく、現役のプロでなければわからない事が数多くあります。その為、本校の講師はクリエイティブ業界の第一線で活躍している現役プロがほとんど。今、現場で実際に必要とされている技術や能力を無駄なく指導してくれます。また、クリエイティブ分野で働く事がどういう事なのか、先生自身の経験を元に教えてくれるので、リアルな業界の事がよくわかり、将来の仕事を決める上でとても参考になります。授業以外の面でも、アルバイトや求人の紹介、アートイベントへの引率等、様々な面から学生をサポート。皆、個性的で楽しい先生ばかりなので、学生もすぐに仲良くなれます。

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

千葉デのオープンキャンパス

デザイン科

♪体験♪ 最新機材を使ったプチデザイナー体験!プロ講師のテクニックを実際に観ることができるイベント等…

続きを見る

専門学校 千葉デザイナー学院からのメッセージ

千葉デザイナー学院は、5月20日(土)にオープンキャンパスを開催します。 学校説明、体験授業、個別相談など、あなたの要望にお応えする内容が盛りだくさんです! 高校生、大学生、社会人、どなたでも参加できますので、お気軽にお申込ください。 また、オープンキャンパスは毎月開催しています。 詳しくは、本校ホームページをご確認ください。
http://www.cdg.ac.jp/opencps.html

(5/11更新)

専門学校 千葉デザイナー学院の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

【2017年度納入金】デザイン科/110万円 内訳:入学金(入学時のみ)20万円、授業料72万円、施設設備費12万円、教育充実費6万円

就職・資格

就職支援

産学協同企業プロジェクト、就活支援セミナー、インターンシップ等、豊富な就職サポート

千葉県内の企業を中心に、デパートのフロアガイドデザイン、スマホ向けゲームのキャラクターデザインなど、例年多数の企業と産学協同企業プロジェクトを実施しています。制作物は実際に各企業で使用される為、就職活動時に実績としてアピールできます。また、インターンシップは千葉、東京の幅広いクリエイティブ分野の企業で実施。自分が選んだ業界を確認出来る他、インターンシップ先にそのまま内定するケースもあります。その他にもプロのデザイナーやイラストレーターによる講話、メイクやビジネスマナーのセミナー等、細かな就職サポートがあり、学生は千葉、東京を中心とした様々な企業に就職しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入学相談室

〒260-0031 千葉県千葉市中央区新千葉3-1-6
TEL:0120-650-860 (フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
専門学校 千葉デザイナー学院 : 千葉県千葉市中央区新千葉3-1-6 「京成千葉」駅から徒歩 3分
JR「千葉」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内

請求できるパンフ・願書はこちら

無料
学校案内・願書・オープンキャンパス案内・学校新聞他
専門学校 千葉デザイナー学院(専修学校/千葉)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ