• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 福岡水巻看護助産学校

福岡県認可/専修学校/福岡

福岡水巻看護助産学校

フクオカミズマキカンゴジョサンガッコウ

学校photo

「看護師になりたい…」。その熱意を大切に、ココロ豊かな温もりのある看護師を目指す

看護師への夢を叶えるため、最新の設備と現場を想定したカリキュラムを用意。授業では、現場経験豊富な教員が学生一人ひとりと細やかに関わりを持つことを心がけ、コミュニケーションを大切にしています。

福岡水巻看護助産学校の特長

関連施設での実習など、実践を多く取り入れた魅力あるカリキュラム

実際の看護の現場に出た際に「看護の現実」とのギャップを少なくするため、本校では実践に力を入れたカリキュラムで看護技術の強化を図ります。関連施設を持つ強みを活かし新生児特定集中治療室や手術室見学などを行い、医療の最前線を学ぶことができます。助産学科が併設されていること、最先端の医療に触れることができる周産期センターや、より自然なお産が行われている助産院が隣接していることから、母性・小児に関する専門知識をより深く学ぶことができます。また、知識・技術面ばかりではなく、教育キャンプやカンボジアのアンコール小児病院への研修旅行等を通じ、豊かな人間力も養います。

現場を想定した最新の設備・教材が充実!より実践的な学習が可能

2008年4月に開校した本校には、最新の学習設備が整っています。学習設備に加え、校内には学生同士のコミュニケーションが図れる学生サロンといった交流スペースも充実しているので、日々お互い活発に刺激し合って感性を磨いています。また周産期センターを有する福岡新水巻病院に隣接する好立地という点を活かし、現場の情報に多く触れることができます。助産に関する専門分野をはじめ、より実践的な学習が望めます。

臨機応変に対応できる即戦力となる技術が身につけられる演習を重視

現場に多く触れることが、何より大事と考える本校では、福岡新水巻病院をはじめ、豊富な関連施設で、手術室見学も行っています。早くから現場の空気に触れることができるのは、学生にとって充実感もあり、成長の手ごたえを感じられる貴重な機会です。また学校創設者が、カンボジアにあるアンコール小児病院の建設プロジェクトの開始当初から医療顧問として関わっていることもあり、学生の国際看護を学ぶ機会として、同病院を訪問する研修旅行も予定しています。

福岡水巻看護助産学校の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

2016年度納入金(予定) 130万円 (入学金25万円、授業料80万円、実習費10万円、施設維持費15万円。別途ユニフォーム代などが必要)  (※併設学科 助産学科 2016年度納入金(予定) 200万円 (入学金50万円、授業料80万円、実習費・分娩待機宿泊費等50万円、施設維持費20万円) 対象者:看護師国家資格、もしくは看護師国家試験受験資格を有する女子)

問い合わせ先・所在地・アクセス

福岡水巻看護助産学校

〒807-0051 福岡県遠賀郡水巻町立屋敷1-14-51
TEL:093-201-5233

所在地 アクセス 地図・路線案内
福岡県遠賀郡水巻町立屋敷1丁目14-51 「水巻」駅から徒歩 8分

地図

 

路線案内

福岡水巻看護助産学校(専修学校/福岡)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ