• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • オイスカ開発教育専門学校
  • 学校の特長

静岡県認可/専修学校/静岡

オイスカカイハツキョウイクセンモンガッコウ

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

広大な農場、豊富な実習や体験、異文化体験、個別対応の特別教育プログラムが魅力!

1年生では国際協力や農業の基礎を豊富な実習や座学により身につけます。2年生ではコース別に4~6ヵ月の海外研修または国内研修(インターンシップ)で、専門家や経営者からノウハウを実践的に学びます。国際協力実践コースの海外研修では熱帯農業や植林を中心とした環境保全、異文化、語学について学びます。農業専修コースの国内研修(インターンシップ)では先進的な農業法人や農家で栽培技術や経営を学びます。個別の特別教育プログラムでは、例えば英語力アップを希望する場合、課外のTOEIC対策講座、海外研修での英語学校や現地学校での英語による授業参加などを組み合わせる「英語基礎集中プログラム」があります。学校の特長1

インターンシップ・実習が充実

2年間で1200時間を超える実習時間を確保。学校所有の広大な農園で農業の基本を習得

2年間で1200時間を超える豊富な実習で、農業の基礎・基本が習得できます。実習は学校が所有する広大な田畑や茶園で行われ、稲作・蔬菜(そさい)・花卉(かき)などの栽培を通したマネジメントの体験学習、また生産、品質管理、野菜の収穫、出荷、販売工程を通して「農」と「業」のマネジメントを学ぶことができます。個人畑では、自ら農作物植付の計画を立て、実践していきます。インターンシップは段階ごとに計数回、2~3週間の短期や4~6ヵ月の長期があり、様々な実習先から希望に応じて選択します。学校の特長2

在校生・卒業生が魅力

海外協力の現場で即戦力となる農業や国際感覚を身につけ、世界を舞台に活躍

オイスカ(OISCA)という海外協力を行うNGO法人が母体となり、海外協力に取り組む人材を育てようと1967年に設立された本校。学生たちの目的は「よりよい世界を作るために協力したい」と明確で、この学び舎から日本、そして世界で活躍する多くの卒業生が巣立っています。大学在学中、国際協力や開発には農業分野で途上国と関わっていくことに意味があると学び、そのスキルを活かした仕事に就きたいと志を立てた安部久美子さん(国際協力科2014年卒)。大学卒業後に本校へ入学し、海外研修などを通して海外協力で使える実践農業の基礎を習得。2014年7月からJICA青年海外協力隊の一員として東ティモールへ赴任。農業指導員として活躍しました。学校の特長3
オイスカ開発教育専門学校(専修学校/静岡)