• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 名古屋医専
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 伊藤 雅浩さん(救急救命学科(昼)/救急救命士)

愛知県認可/専修学校/愛知

ナゴヤイセン

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

救急救命士  として働く  伊藤 雅浩さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • 公務員業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

救急時の行動を左右するのは「自信」。だからこそ、日頃の訓練を大切にしていきたい。

この仕事の魅力・やりがい

現在は消防隊の一員として、火災における消防活動や、交通事故などの際に救急隊の後方支援にあたるほか、救急隊の編成に欠員が出たときは救急隊員として出動しています。現場では迅速な行動が第一で、自信がなければ、それが動きの鈍さにつながります。だからこそ、日頃の訓練がとても大切です。たとえばホースの伸ばし方一つをとっても、僕は先輩に比べてまだまだ未熟。「うまくなったな」と言われるように、技能を磨いていきたいと思います。また、市民への啓発活動や小学生たちの消防署見学への対応といった、地域との交流も大切な仕事です。“市民の生命・安全を守る”という使命感を持ち、様々な任務で経験を積み重ねていきたいと思います。

救急救命士として働く伊藤 雅浩さん

市民のためにも、自分のためにも、日頃の訓練が大切!

救急救命士として働く伊藤 雅浩さん
私の学生時代!

現場では自信を持って行動できるかが重要になります

私の学生時代!

救急救命士に必要な知識と技術、他学科と連携したチーム医療の実践的な演習、きめ細やかな国家試験対策などはもちろんのこと、「人間教育」についての授業が特に印象に残っています。当時の僕には異論があるとすぐに表情に出てしまうクセがあり、先生から『絶対に直せ』と指摘を受けました。“意見が食い違うときは誠実に話し合うことが必要”といった、大人としての態度や振る舞い方を教えていただきました。また、“生命の大切さ”を心から理解させてくれたのも名古屋医専の先生です。僕の仕事は、たとえ自らを危険にさらしてでも市民の生命・安全を守ること。職業意識の面だけではなく、一人の人間として、最も大切なことを認識できました。

これからかなえたい夢・目標

名古屋医専で学んだことが今にしっかりと活きています

これからかなえたい夢・目標

まずは消防に関する知識や技術をしっかりと身につけた上で、救急救命士としての経験を地道に積み重ねていきたいですね。また、さらに将来的な話になりますが、僕は“救急車の適性利用”という問題に関心を持っています。残念なことに、救急車が安易に使われてしまう事案が、名古屋市に限らず全国的になくなりません。“救急車が本当に必要とされるとき、迅速かつ確実に出動できるような体制はどうすればできるのか”といった施策づくりに携わる仕事ができれば、という夢も持っています。

プロフィール

伊藤 雅浩さん のプロフィール

名古屋市消防局(中川消防署)勤務/救急救命学科/2012年3月卒/高校時代、消防士にも医療分野にも関心があったという伊藤さんは、両方の夢がかなう救急救命士を目指して名古屋医専に入学。卒業後は名古屋市消防局に入職し、最初の半年間は新入職員が必ず経験する名古屋市の消防学校に所属した後、現在の中川消防署で実務経験を積み重ねている。「消火活動も救急搬送も自分の使命であり、市民から感謝されたいと考えているわけではありません。しかし、『(火事を消してくれて)ありがとう』『(速い対応の)おかげで後遺症もなく済みました』といった声はとても力になりますし、有事のときは市民から頼られる職業なんだという自覚がわいてきます」。

この先輩が卒業したのは…

名古屋医専 救急救命学科(昼)

学校イメージ

名古屋駅前、徒歩3分。医療・福祉からスポーツまでの分野を網羅する複合的学科編成で、座学だけでは身につかない「生きたチーム医療」を実践する名古屋医専。救急救命学科では、数多くの医療シミュレータや本物の救急車を実習設備として完備し、現場で通用する技術を徹底的に身につけます。また、厚生労働省が指定する本校の学科において卒業認定を受けた人で、国家試験に万一合格できなかった場合、学費免除で5年間は引き続き資格取得の勉学を継続できる『国家資格 合格保証制度』や、卒業時に万一就職できない場合に就職が決定するまで勉学を継続できる『完全就職保証制度』など、サポート体制も万全です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

名古屋医専(専修学校/愛知)