• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 沖縄キリスト教短期大学

私立短期大学/沖縄

オキナワキリストキョウタンキダイガク

キリスト教精神に基づいた教育で、生きるための広い視点と社会に有用なる人材を育成。

英語科では英語コミュニケーション能力とグローバルな視野を持つ国際人を、保育科では「知識・技能・人間性」を身につけ現場のニーズに応えられる保育者を育成します。

沖縄キリスト教短期大学の特長

学校の特長1

“総合力”が身に付く英語科、子どもの心と体を育む、知識と技能を取得する保育科

英語科では英語コミュニケーション能力を身に付けるための理想的な環境を提供しています。また3つのポイント【相手の発言を聞く力と自分の意見を伝える力を学ぶ『Oral English』】、【英語の文章・書物を読み取る力『リーディング』】、【自分の思い・意見を英文として書く力『英作・文法』】の授業で身に付く身になる総合的な英語スキルを取得します。保育科では1年次から、児童福祉施設や社会福祉施設、保育所、幼稚園など様々な現場での実習が充実しています。また本学独自の取り組みとして、大学施設を開放し、地域の親子との触れ合いを目的とした「地域子育て支援実習」を行っています。

学校の特長2

ネイティブスピーカーの先生や保育現場にて経験のある先生から学べます

週8時間ある『Oral English』のクラスは少人数制で講師はすべて英語のネイティブスピーカー。自分のレベルにあったクラスから学び始め、実力をつけ上級クラスにステップアップしていきます。保育科では、子ども達の健やかな発達を支援するためのリトミック音楽教育、図画工作など実技も多彩。少人数で音やリズムを体で表現するおもしろさや難しさを体感しながら学ぶ音楽表現指導法。グループごとの課題も多く、チームワークの大切さを学べる学科です。

学校の特長3

在学、正規留学を応援する留学奨学金があります

英語科では本学に在籍したまま留学ができる「在学留学システム」を利用し卒業を延期することなく、2年間で留学も卒業も実現できます。姉妹校である米国の大学では、整備された学習環境の下、存分に英語の勉強ができます。留学する目的を明確にするため、留学制度の説明会や経験者との情報交換会、個別のカウンセリングも行います。保育科ではハワイ語を公用語とする幼児教育施設などで、見学や体験学習を行い、日本とは異なる幼児教育や保育について学びます。本学協定校にて、英会話の授業や現地学生との交流、ハワイ伝統文化についても学ぶ機会があります。

学校の特長1

“総合力”が身に付く英語科、子どもの心と体を育む、知識と技能を取得する保育科

英語科では英語コミュニケーション能力を身に付けるための理想的な環境を提供しています。また3つのポイント【相手の発言を聞く力と自分の意見を伝える力を学ぶ『Oral English』】、【英語の文章・書物を読み取る力『リーディング』】、【自分の思い・意見を英文として書く力『英作・文法』】の授業で身に付く身になる総合的な英語スキルを取得します。保育科では1年次から、児童福祉施設や社会福祉施設、保育所、幼稚園など様々な現場での実習が充実しています。また本学独自の取り組みとして、大学施設を開放し、地域の親子との触れ合いを目的とした「地域子育て支援実習」を行っています。

学校の特長2

ネイティブスピーカーの先生や保育現場にて経験のある先生から学べます

週8時間ある『Oral English』のクラスは少人数制で講師はすべて英語のネイティブスピーカー。自分のレベルにあったクラスから学び始め、実力をつけ上級クラスにステップアップしていきます。保育科では、子ども達の健やかな発達を支援するためのリトミック音楽教育、図画工作など実技も多彩。少人数で音やリズムを体で表現するおもしろさや難しさを体感しながら学ぶ音楽表現指導法。グループごとの課題も多く、チームワークの大切さを学べる学科です。

学校の特長3

在学、正規留学を応援する留学奨学金があります

英語科では本学に在籍したまま留学ができる「在学留学システム」を利用し卒業を延期することなく、2年間で留学も卒業も実現できます。姉妹校である米国の大学では、整備された学習環境の下、存分に英語の勉強ができます。留学する目的を明確にするため、留学制度の説明会や経験者との情報交換会、個別のカウンセリングも行います。保育科ではハワイ語を公用語とする幼児教育施設などで、見学や体験学習を行い、日本とは異なる幼児教育や保育について学びます。本学協定校にて、英会話の授業や現地学生との交流、ハワイ伝統文化についても学ぶ機会があります。

学校の特長1

“総合力”が身に付く英語科、子どもの心と体を育む、知識と技能を取得する保育科

英語科では英語コミュニケーション能力を身に付けるための理想的な環境を提供しています。また3つのポイント【相手の発言を聞く力と自分の意見を伝える力を学ぶ『Oral English』】、【英語の文章・書物を読み取る力『リーディング』】、【自分の思い・意見を英文として書く力『英作・文法』】の授業で身に付く身になる総合的な英語スキルを取得します。保育科では1年次から、児童福祉施設や社会福祉施設、保育所、幼稚園など様々な現場での実習が充実しています。また本学独自の取り組みとして、大学施設を開放し、地域の親子との触れ合いを目的とした「地域子育て支援実習」を行っています。

学校の特長2

ネイティブスピーカーの先生や保育現場にて経験のある先生から学べます

週8時間ある『Oral English』のクラスは少人数制で講師はすべて英語のネイティブスピーカー。自分のレベルにあったクラスから学び始め、実力をつけ上級クラスにステップアップしていきます。保育科では、子ども達の健やかな発達を支援するためのリトミック音楽教育、図画工作など実技も多彩。少人数で音やリズムを体で表現するおもしろさや難しさを体感しながら学ぶ音楽表現指導法。グループごとの課題も多く、チームワークの大切さを学べる学科です。

学校の特長3

在学、正規留学を応援する留学奨学金があります

英語科では本学に在籍したまま留学ができる「在学留学システム」を利用し卒業を延期することなく、2年間で留学も卒業も実現できます。姉妹校である米国の大学では、整備された学習環境の下、存分に英語の勉強ができます。留学する目的を明確にするため、留学制度の説明会や経験者との情報交換会、個別のカウンセリングも行います。保育科ではハワイ語を公用語とする幼児教育施設などで、見学や体験学習を行い、日本とは異なる幼児教育や保育について学びます。本学協定校にて、英会話の授業や現地学生との交流、ハワイ伝統文化についても学ぶ機会があります。

沖縄キリスト教短期大学の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

初年度納入金2017年度 96万7430円
(入学金、授業料、教育充実資金などを含む)

就職・資格

就職支援

学生自身の潜在力と就職力を高めるきめ細やかなキャリア支援で、思い描く『未来』へ送り出します。

【ポイント1/徹底した「個別支援」できめ細やかなサポート】本学のキャリアサポートの最大の特徴は徹底した「個別支援」です。産業カウンセラー、キャリア・コンサルティングの有資格者3名、県派遣の専任コーディネータを含め6名が配置されており、手厚い支援を実現しています。【ポイント2/卒業後の就職支援】未就職のまま卒業した場合でも既卒者向けの求人の案内を行い、また就職後の悩み相談も受け付けております。【ポイント3/多彩なキャリア支援体制】各種試験・検定対策講座、就活体験☆合宿、保護者のための就活セミナー、県外就職合宿、進路セミナー、就活スタートアップセミナー、講義との連携、インターネット・モバイル端末の活用。

問い合わせ先・所在地・アクセス

沖縄キリスト教短期大学

〒903-0207 沖縄県中頭郡西原町字翁長777番地
TEL:098-945-9782

所在地 アクセス 地図・路線案内
沖縄県中頭郡西原町字翁長777番地 ゆいレール「旭橋」駅から徒歩2分 那覇バスターミナルより琉大線(97番)約40分 「キリスト教短大入口」下車 徒歩5分
ゆいレール「旭橋」駅から徒歩2分 那覇バスターミナルより糸満西原線(33番・46番)約40分「翁長(坂田小)」下車 徒歩10分

地図

 

路線案内

請求できるパンフはこちら

無料
大学案内等
沖縄キリスト教短期大学(私立短期大学/沖縄)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる