• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 山形県立農林大学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 果樹経営学科

山形県認可/専修学校/山形

ヤマガタケンリツノウリンダイガッコウ

スタディサプリ進路編集部の独自調査に基づいています。最新内容は募集要項にてご確認ください。

果樹経営学科

募集人数:
60人 (学科合計)

-

学べる学問
  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    人が生きる基本の「食」を支える分野。食料や資源の効率的な栽培・生産を研究する。生産方法、環境・生態系の修復、新種開発、農業ビジネスなど、研究は多岐にわたる。

目指せる仕事
  • 農業

    お米や野菜などさまざまな作物を生産する

    農地としての自分の土地をもち、農作物を育て、出荷する。季節や地域、周辺環境によって、つくるものがかわったり、気候や水害などの天候にも大きく影響を受けるので、長年の知識や技術の蓄積が必要。もともと家が農家の場合などが多いが、最近では、仕事をやめて都会からあえて地方にうつり、専門家の指導を受けて農業を始める人たちも出てきている。

  • 農業技術者・研究者

    効率的な農業経営のため、農機具や農薬、肥料、種などの開発・研究を行い、技術指導や生産相談にのる。

    農業技術者は、都道府県の農業試験場で増殖技術や肥料、環境に配慮した農薬の開発などで農家を支援する。また、地域の農業改良普及センターでは、農業技術者が農業改良普及員として活躍し、より農家と密着した作物栽培へのアドバイスを行ったり、農機具や経営の相談に乗ったりする。種苗会社や肥料、農薬、農機具などのメーカーでも、農業技術者がよりよい製品の開発などで活躍している。一方、農業研究者(農学研究者)は、バイオテクノロジーを活用した作物の改良や、土壌改良など、科学的な研究によって農業を支える。

初年度納入金:未定  (詳細は学校へお問い合わせください)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

さくらんぼをはじめ、幅広い果樹知識と技術を学ぶ
果樹産地や地域の中核を担う人材を育成するため、高品質果実の安定生産技術、大規模栽培に対応できる省力化などの先進栽培技術、篤農家の栽培技術、環境にやさしい果実づくりや施設果樹の栽培技術、6次産業化を見据えた果実の加工、流通、販売に関する知識を習得します。

実習

100haの広大なエリアが学習ステージです。
約60%が実習で、圃場や牛舎、演習林などで実践的に学ぶことが大きな特徴になっています。また、2年生全員が、9月に、アメリカのコロラド州へ10日間の海外研修に行き、各専攻に対応したコロラド州の農場、加工施設の視察研修を行います。

卒業後

就農、就職(公務員、農協、農業関連産業など)、国内・海外研修など
専門士(農業専門課程)の称号が与えられます。4年制大学3年次編入が可能です。また、大型特殊自動車(農耕用)、産業用無人ヘリコプター技能認定、簿記検定、毒物劇物取扱者、危険物取扱者、家畜人工授精師、牛削蹄師などの実用的な免許、資格に挑戦する機会があります。

施設・設備

平成27年度から木造の新しい寮に生まれ変わりました。
新規就農、農業者の各種研修の拠点の「緑風館」や教育棟、体育館、寮、グラウンドなどの一般施設と、水田、水耕施設、果樹園地、ガラス温室、野菜花きほ場、放牧地、牛舎、農産加工棟、機械実習施設などがあり、各学科の学習環境が充実しています。

イベント

農大ならではのイベント多数あります。
東日本農業大学校等親善球技大会(野球、バレーボール)、さなぶり(豊作を祈願して農村の伝統行事)、農大市場、スタミナパーティ(焼肉パーティ)、海外研修旅行、農大祭、収穫感謝祭、スキー・スノボ練成など。

学べる学問

目指せる仕事

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒996-0052 山形県新庄市大字角沢1366
0233-22-1527

所在地 アクセス 地図・路線案内
山形県新庄市大字角沢1366 JR奥羽本線「新庄」駅より 徒歩約1時間

地図

 

路線案内


山形県立農林大学校(専修学校/山形)