• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京環境工科専門学校

東京都認可/専修学校/東京

東京環境工科専門学校

トウキョウカンキョウコウカセンモンガッコウ

豊富な実習を通して人と自然環境、人と野生動物との共生・共存を実現するプロを目指す

総単位数の3割が実習。業界をリードする実務経験者による指導と、自然の中でのリアルな体験により、実践力が着実に身に付きます!さらに160を超える企業・団体と連携し、産学一体で自然を守るプロを育成します。

東京環境工科専門学校の特長

学校の特長1

地球環境時代が求める技術と知識を身につけ、自然を守るレンジャーになろう

現在、地球温暖化に伴う自然環境破壊は大きな社会問題になっており、失われた自然を回復・維持し、人と自然が共生する社会を実現することが急がれています。そのために自然を守り、その大切さを伝え広めることのできる人材が今後ますます必要になります。本校では、こうした社会の要請に応えるため、きめ細かな講義と、フィールドワークを十分に取り入れた実践重視のカリキュラムで、未来の自然環境を担う人材=レンジャーを育成しています。レンジャーとはあらゆる課題に対し、総合的な能力で取り組める「レンジ(幅)」の広い人という意味もあります。

学校の特長2

総単位数の3割が実習プログラム。自然の中での実体験を通して実践力を身に付ける

自然を守り伝えるプロとして必要な技術を習得するために、当校では充実した実習プログラムを実施しています。屋久島をはじめとした国内3か所の実習場を構え、野生生物の観察から森づくり、環境教育の企画運営、アウトドアアクティビティーなど、プロに求められる技術を自然の中で実践を通じて習得します。また、スマトラ、バリ、コモド、アルゼンチン、ケニアなど、海外での実習プログラムも実施。世界の自然にも目を向け、その地で自然を守る人々との交流は、みなさんの自然への視野がぐっと広くなります。日本、そして海外の自然を自分の足で歩き、その貴重な自然を守る術を当校の実習で身につけてください。

学校の特長3

自然環境業界をリードする技術者や環境省・林野庁OBなど経験豊富なスタッフが指導

テレビ等でもおなじみの冒険家で作家のC.W.ニコル名誉校長をはじめ、自然環境保全の現場で活躍する技術者や環境省・林野庁OBなど、自然を知り尽くした講師陣が自然環境業界で必要とされる知識や技術を、基礎から応用まで分かりやすく丁寧に指導します。2013年4月にオープンした新校舎ビルには、自然環境の調査・研究活動において30年以上の実績をもつ(財)自然環境研究センターが結集。国内外の自然を守るパイオニア企業とのタッグにより、技術指導やインターンシップにおいて、より一層の教育強化が可能となります。

学校の特長1

地球環境時代が求める技術と知識を身につけ、自然を守るレンジャーになろう

現在、地球温暖化に伴う自然環境破壊は大きな社会問題になっており、失われた自然を回復・維持し、人と自然が共生する社会を実現することが急がれています。そのために自然を守り、その大切さを伝え広めることのできる人材が今後ますます必要になります。本校では、こうした社会の要請に応えるため、きめ細かな講義と、フィールドワークを十分に取り入れた実践重視のカリキュラムで、未来の自然環境を担う人材=レンジャーを育成しています。レンジャーとはあらゆる課題に対し、総合的な能力で取り組める「レンジ(幅)」の広い人という意味もあります。

学校の特長2

総単位数の3割が実習プログラム。自然の中での実体験を通して実践力を身に付ける

自然を守り伝えるプロとして必要な技術を習得するために、当校では充実した実習プログラムを実施しています。屋久島をはじめとした国内3か所の実習場を構え、野生生物の観察から森づくり、環境教育の企画運営、アウトドアアクティビティーなど、プロに求められる技術を自然の中で実践を通じて習得します。また、スマトラ、バリ、コモド、アルゼンチン、ケニアなど、海外での実習プログラムも実施。世界の自然にも目を向け、その地で自然を守る人々との交流は、みなさんの自然への視野がぐっと広くなります。日本、そして海外の自然を自分の足で歩き、その貴重な自然を守る術を当校の実習で身につけてください。

学校の特長3

自然環境業界をリードする技術者や環境省・林野庁OBなど経験豊富なスタッフが指導

テレビ等でもおなじみの冒険家で作家のC.W.ニコル名誉校長をはじめ、自然環境保全の現場で活躍する技術者や環境省・林野庁OBなど、自然を知り尽くした講師陣が自然環境業界で必要とされる知識や技術を、基礎から応用まで分かりやすく丁寧に指導します。2013年4月にオープンした新校舎ビルには、自然環境の調査・研究活動において30年以上の実績をもつ(財)自然環境研究センターが結集。国内外の自然を守るパイオニア企業とのタッグにより、技術指導やインターンシップにおいて、より一層の教育強化が可能となります。

学校の特長1

地球環境時代が求める技術と知識を身につけ、自然を守るレンジャーになろう

現在、地球温暖化に伴う自然環境破壊は大きな社会問題になっており、失われた自然を回復・維持し、人と自然が共生する社会を実現することが急がれています。そのために自然を守り、その大切さを伝え広めることのできる人材が今後ますます必要になります。本校では、こうした社会の要請に応えるため、きめ細かな講義と、フィールドワークを十分に取り入れた実践重視のカリキュラムで、未来の自然環境を担う人材=レンジャーを育成しています。レンジャーとはあらゆる課題に対し、総合的な能力で取り組める「レンジ(幅)」の広い人という意味もあります。

学校の特長2

総単位数の3割が実習プログラム。自然の中での実体験を通して実践力を身に付ける

自然を守り伝えるプロとして必要な技術を習得するために、当校では充実した実習プログラムを実施しています。屋久島をはじめとした国内3か所の実習場を構え、野生生物の観察から森づくり、環境教育の企画運営、アウトドアアクティビティーなど、プロに求められる技術を自然の中で実践を通じて習得します。また、スマトラ、バリ、コモド、アルゼンチン、ケニアなど、海外での実習プログラムも実施。世界の自然にも目を向け、その地で自然を守る人々との交流は、みなさんの自然への視野がぐっと広くなります。日本、そして海外の自然を自分の足で歩き、その貴重な自然を守る術を当校の実習で身につけてください。

学校の特長3

自然環境業界をリードする技術者や環境省・林野庁OBなど経験豊富なスタッフが指導

テレビ等でもおなじみの冒険家で作家のC.W.ニコル名誉校長をはじめ、自然環境保全の現場で活躍する技術者や環境省・林野庁OBなど、自然を知り尽くした講師陣が自然環境業界で必要とされる知識や技術を、基礎から応用まで分かりやすく丁寧に指導します。2013年4月にオープンした新校舎ビルには、自然環境の調査・研究活動において30年以上の実績をもつ(財)自然環境研究センターが結集。国内外の自然を守るパイオニア企業とのタッグにより、技術指導やインターンシップにおいて、より一層の教育強化が可能となります。

東京環境工科専門学校からのメッセージ

.:*:'゜☆'  10/1~12/31 高校推薦入試・一般推薦入試の願書受付中 .:*:'゜☆'

☆オープンキャンパス・ピックアッププログラム
 午後1時~午後4時 開催の特別プログラム!
・11/20(日) 魚の捕り方・見分け方
・12/10(土) 冬のカモ見~る

◇午後1時~午後3時30分 開催のオープキャンパス
[ 11月12,26日 12月17,25日 ]

◇午後7時~午後8時30分 開催の社会人向け学校説明会
[ 11/8 , 12/1 ]

(11/1更新)

東京環境工科専門学校の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

レンジャー(自然保護官)

藤田 和也さん

さまざまな角度から自然を守る。レンジャーはいわば「地域のコーディネーター」です

学費(初年度納入金)

2016年度納入金 128万5000円
(教材・用具・実習費込)

社会人・大学生・短大生・専門学校生の方へ

豊富な実習授業で、人と自然の共生を実現する技術者を育成!

人間社会の基盤ともいえる自然環境。本校では「自然の多様性を理解し、自然環境の賢明な利用を考え、さらに人と自然の共生を実現できる、広い視野を持った技術者」を育成しています。経験豊富な講師陣が、徹底的に知識や技術を指導。多くのフィールドワークにより、実践力を身につけます。160を超える企業・団体と連携しインターンシップを導入。業界との太いパイプが、自然環境分野への高い就職率に結びついています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

東京環境工科専門学校 事務局

〒130-0022 東京都墨田区江東橋3-3-7
TEL:03-5625-6400

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都墨田区江東橋3-3-7 JR総武線快速・総武線 「錦糸町」駅から徒歩3分
東京メトロ半蔵門線 「錦糸町」駅から徒歩3分

地図

 

路線案内

東京環境工科専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ