• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 北海道歯科衛生士専門学校

北海道認可/専修学校/北海道

ホッカイドウシカエイセイシセンモンガッコウ

長期の実習で即戦力の人材を育成。歯科衛生士国家試験合格率・就職率も100%!

在校生からも高い評価を得ている講義と実習を有機的に結び付けた独自の教育システムと大規模・先進的な歯科診療所での長期マンツーマン指導等による臨床実習で、真に即戦力となる歯科衛生士を養成しています。

北海道歯科衛生士専門学校の特長

学校の特長1

法令が定める1.3倍の1170時間の臨地・臨床実習。現場から求められる歯科衛生士を育成

患者さんはもちろん、歯科医療の現場が望む人材の育成には、まず「手」が動くようになることが重要であると考え、総授業時間の50%にあたる1470時間を実習にあてています。そのうち、歯科診療所などでの臨地・臨床実習は1170時間(昼間部)。これは、歯科衛生士養成学校に求められる900時間の1.3倍と豊富な実習量です。実習先での指導内容も、現役歯科医師がこだわり抜いたカリキュラムを導入。就職後患者さんを施術できる確かな技術と即戦力を身につけられる内容です。メインの臨床実習所には80名以上の歯科衛生士がいる為、知識や技術をはじめ患者さんとの接し方などについてさまざまな意見を聞くことができ、多角的な視野を養えます。

学校の特長2

現役の歯科医師や歯科衛生士を始め優秀な先生方がきめ細やかな指導・教育を行う

本校の講師陣は、北大の現役の教授をはじめ、現役の歯科医師や歯科衛生士。また専任教員は、歯科衛生士として活躍し、現場を熟知している先生方。さまざまな臨床経験により培われたプロのテクニックや患者さんとのコミュニケーション術など、現場を知っている者ならではの知識・技術を余すことなく伝授します。講師の多くがメインの臨床実習先の指導教官でもあるため、コミュニケーションを密に取りやすく、初めて臨床実習の現場に立つ際の不安なども軽減。実習終了後の課題も共有できるので、技術習得に集中して取り組めます。

学校の特長3

歯科衛生士を育成するために造られた校舎で知識と技術、施術に必要なノウハウを学ぶ

“最先端の施設・設備が揃う、地域に開かれた学校”をコンセプトにした校舎は、その言葉どおり、大きな窓を配した開放的な空間となっています。施設・設備も充実しており、最先端の機器を導入した実習室や最新の電子カルテシステムを学べる多目的教室を完備。各教室も人間工学に基づいた設計となっているので、使い勝手が良く、快適な学習環境となっています。学生更衣室にはスタイリッシュなパウダースペースを設け、個別ロッカーも設置。また、地下鉄東西線「西18丁目駅」からすぐという通学に便利なロケーションも魅力のひとつです。

学校の特長1

法令が定める1.3倍の1170時間の臨地・臨床実習。現場から求められる歯科衛生士を育成

患者さんはもちろん、歯科医療の現場が望む人材の育成には、まず「手」が動くようになることが重要であると考え、総授業時間の50%にあたる1470時間を実習にあてています。そのうち、歯科診療所などでの臨地・臨床実習は1170時間(昼間部)。これは、歯科衛生士養成学校に求められる900時間の1.3倍と豊富な実習量です。実習先での指導内容も、現役歯科医師がこだわり抜いたカリキュラムを導入。就職後患者さんを施術できる確かな技術と即戦力を身につけられる内容です。メインの臨床実習所には80名以上の歯科衛生士がいる為、知識や技術をはじめ患者さんとの接し方などについてさまざまな意見を聞くことができ、多角的な視野を養えます。

学校の特長2

現役の歯科医師や歯科衛生士を始め優秀な先生方がきめ細やかな指導・教育を行う

本校の講師陣は、北大の現役の教授をはじめ、現役の歯科医師や歯科衛生士。また専任教員は、歯科衛生士として活躍し、現場を熟知している先生方。さまざまな臨床経験により培われたプロのテクニックや患者さんとのコミュニケーション術など、現場を知っている者ならではの知識・技術を余すことなく伝授します。講師の多くがメインの臨床実習先の指導教官でもあるため、コミュニケーションを密に取りやすく、初めて臨床実習の現場に立つ際の不安なども軽減。実習終了後の課題も共有できるので、技術習得に集中して取り組めます。

学校の特長3

歯科衛生士を育成するために造られた校舎で知識と技術、施術に必要なノウハウを学ぶ

“最先端の施設・設備が揃う、地域に開かれた学校”をコンセプトにした校舎は、その言葉どおり、大きな窓を配した開放的な空間となっています。施設・設備も充実しており、最先端の機器を導入した実習室や最新の電子カルテシステムを学べる多目的教室を完備。各教室も人間工学に基づいた設計となっているので、使い勝手が良く、快適な学習環境となっています。学生更衣室にはスタイリッシュなパウダースペースを設け、個別ロッカーも設置。また、地下鉄東西線「西18丁目駅」からすぐという通学に便利なロケーションも魅力のひとつです。

学校の特長1

法令が定める1.3倍の1170時間の臨地・臨床実習。現場から求められる歯科衛生士を育成

患者さんはもちろん、歯科医療の現場が望む人材の育成には、まず「手」が動くようになることが重要であると考え、総授業時間の50%にあたる1470時間を実習にあてています。そのうち、歯科診療所などでの臨地・臨床実習は1170時間(昼間部)。これは、歯科衛生士養成学校に求められる900時間の1.3倍と豊富な実習量です。実習先での指導内容も、現役歯科医師がこだわり抜いたカリキュラムを導入。就職後患者さんを施術できる確かな技術と即戦力を身につけられる内容です。メインの臨床実習所には80名以上の歯科衛生士がいる為、知識や技術をはじめ患者さんとの接し方などについてさまざまな意見を聞くことができ、多角的な視野を養えます。

学校の特長2

現役の歯科医師や歯科衛生士を始め優秀な先生方がきめ細やかな指導・教育を行う

本校の講師陣は、北大の現役の教授をはじめ、現役の歯科医師や歯科衛生士。また専任教員は、歯科衛生士として活躍し、現場を熟知している先生方。さまざまな臨床経験により培われたプロのテクニックや患者さんとのコミュニケーション術など、現場を知っている者ならではの知識・技術を余すことなく伝授します。講師の多くがメインの臨床実習先の指導教官でもあるため、コミュニケーションを密に取りやすく、初めて臨床実習の現場に立つ際の不安なども軽減。実習終了後の課題も共有できるので、技術習得に集中して取り組めます。

学校の特長3

歯科衛生士を育成するために造られた校舎で知識と技術、施術に必要なノウハウを学ぶ

“最先端の施設・設備が揃う、地域に開かれた学校”をコンセプトにした校舎は、その言葉どおり、大きな窓を配した開放的な空間となっています。施設・設備も充実しており、最先端の機器を導入した実習室や最新の電子カルテシステムを学べる多目的教室を完備。各教室も人間工学に基づいた設計となっているので、使い勝手が良く、快適な学習環境となっています。学生更衣室にはスタイリッシュなパウダースペースを設け、個別ロッカーも設置。また、地下鉄東西線「西18丁目駅」からすぐという通学に便利なロケーションも魅力のひとつです。

北海道歯科衛生士専門学校の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

【2017年度納入金】 歯科衛生士学科(昼間部)/105万円
(授業料は分納可。その他教科書・教材・白衣・学友会費等が別途3年間で約25万円が必要)

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

就職希望者数61名
就職者数61名
就職率100%(就職者数/就職希望者数)

就職支援

入学時から学生一人ひとりに対する丁寧な個別指導で、開校以来7年連続就職率100%!

歯科衛生士は、絶対数が不足しており、全国的に需要の高い職業です。就職先は歯科医院はもちろん、総合病院、福祉施設など、幅広い場で活躍することができます。本校では、一人ひとりの希望に沿った就職の実現のため、入学時からきめ細やかな就職指導を実施。開校以来7年連続で就職率100%を達成しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試事務室

〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西19丁目1-6
TEL:011-640-6100

所在地 アクセス 地図・路線案内
北海道札幌市中央区大通西19丁目1-6 市営地下鉄東西線「西18丁目」駅1番出口を出て徒歩すぐ 1分

地図

 

路線案内

請求できるパンフはこちら

無料
学校案内一式
北海道歯科衛生士専門学校(専修学校/北海道)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる