• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 首都医校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 朝倉 沙衿さん(高度看護保健学科(昼)/看護師)

東京都認可/専修学校/東京

シュトイコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

看護師  として働く  朝倉 沙衿さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

患者さんの笑顔が、私のやりがい。

この仕事の魅力・やりがい

現在、私が勤務しているのは、心臓疾患や血管の病気などの患者さんを担当する循環器系の病棟。実は、首都医校に在学していたとき、祖父を心臓疾患で亡くしました。ほんの数日前まで元気だったのに、突然会えぬ人になってしまった祖父。悲しいと同時に、なぜそんな事になってしまったのか不思議でなりませんでした。そこから私は、循環器系の勉強を始めたんです。最初は理由が知りたいという一心だったのですが、だんだんとのめり込んでいき、次第に同じ病気で苦しむ人を支えたいという気持ちに変わりました。その気持ちが就職まで続き、現在の仕事内容にも直結しています。

看護師として働く朝倉 沙衿さん

人を支え、安心感や元気を与える存在でありたい!

看護師として働く朝倉 沙衿さん
今の仕事との出会い・きっかけ

学生時代の実習先病院が現在の勤務先です

今の仕事との出会い・きっかけ

小さい頃は身体が弱く、よく病院に通っていました。そこで出会ったのが看護師さん。安心感や元気を与えてくれるその姿に、幼いながら憧れを感じていたのだと思います。その想いがずっと続き、首都医校への入学を決意。卒業した現在でも、入学当時の気持ちがそのまま残っています。人を支え、安心感や元気を与える存在でありたい。そして、1人でも多くの患者さんを笑顔にしたいと思っています。

私の学生時代!

看護師と保健師、2つの国家資格を取得しています!

私の学生時代!

知識や技術のほか、看護師に必要なすべてを学ばせてもらいました。その中でも特に印象深く残っているのは学外に出て実際に病院で患者さんを担当する「臨床実習」。実は、今の職場は当時の実習先なんです。当時私が担当したのが寝たきりの患者さん。自分では動くことができない程、病状が重く食事も自発的にとれない方でした。しかしケアをしていくうちに口からモノを食べられるようになったのです。顔色も徐々に良くなっていき、最後には身動きもとれるまでに回復されました。その病状が回復していく様を実際に目の当たりにできたこと。そして、看護師という仕事が、本当に役立つ仕事だと体感できたこと。この実感は、今でも忘れられないです。

プロフィール

朝倉 沙衿さん のプロフィール

東海大学医学部付属八王子病院勤務/高度看護保健学科/2014年3月卒/人に安心感や元気を与えられる人になりたい、という想いから看護師・保健師を目指した朝倉さん。首都医校を卒業後、学生時代の実習先病院でもある東海大学医学部付属八王子病院で看護師として勤務している。「実習先の病院にいつも首都医校の先生がいてくれて、不安や喜びをすべて受け止めてくれたことが本当に心強かったです」と在学中の想いを語る彼女。「これから看護師を目指す人には、実習で患者さんに対してできる限りのケアを実践してもらいたいと思います。その経験が現場に出たときに自分を支えてくれます!」と、後輩への温かなメッセージを残してくれた。

この先輩が卒業したのは…

首都医校 高度看護保健学科(昼)

学校イメージ

新宿(西口)駅前、徒歩3分。医療・福祉からスポーツまでの分野を網羅する複合的学科編成で、座学だけでは身につかない「生きたチーム医療」を実践する首都医校。高度看護保健学科では、独自の統合カリキュラムにより、「看護師」と「保健師」の2つの国家資格取得を目指し、現代医療の中心的存在となる人材を育成します。厚生労働省が指定する本校の学科において卒業認定を受けた人で、国家試験に万一合格できなかった場合、学費免除で5年間は引き続き資格取得の勉学を継続できる『国家資格 合格保証制度』や、卒業時に万一就職できない場合に就職が決定するまで勉学を継続できる『完全就職保証制度』など、サポート体制も万全です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

首都医校(専修学校/東京)