• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • びわこ学院大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 古原 秀朗さん(教育福祉学部 子ども学科/小学校教諭)

私立大学/滋賀

ビワコガクインダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

小学校教諭  として働く  古原 秀朗さん  にインタビュー!

  • 教育業界
  • 公務員業界
  • 教育系専門職
  • 人と接したり話すのが好き
インタビュー

「まだ無理かな?」を超えていく子どもたちの姿に、感動させられます!

この仕事の魅力・やりがい

小学校3年生のクラス担任をしています。元気いっぱいのクラスなので、毎日楽しく過ごしています。好奇心がとても旺盛で、授業で初めて取り扱う内容のときは、みんな「もっとくわしく教えて!」と声をあげてくれます。教えている実感を感じられるので、とても嬉しいですね。また、1学期では生徒も勉強にあまり積極的ではなかったのですが、根気よく学ぶことの楽しさについて伝えたところ、今は自主学習を積極的に行うようになりました。「3年生だし、まだ無理かな?」と思っていたことを、生徒たちが超えていく姿には感動させられます。「教師になって良かった!」とやりがいを感じさせてくれますね。

小学校教諭として働く古原 秀朗さん

子どもたちが成長する姿は、最大のやりがいです!

小学校教諭として働く古原 秀朗さん
今の仕事との出会い・きっかけ

子どもたちのためにも、授業の準備は入念に行います

今の仕事との出会い・きっかけ

小学校教諭をめざしたきっかけは、私が小学校の時の担任の先生との出会い。休み時間や、授業中のちょっとした時間に、先生が経験してきたさまざまなことを、クラスの子どもたちに話してくれました。学校の中が世界の全てではないことを感じられ、知らないことを知る楽しさを教えて貰えました。私もそのように、子どもたちに授業で扱う内容だけでなく、今まで経験してきたさまざまなことを伝え、より子どもたちと深く関わりたいと思っています。びわこ学院大学に入学したきっかけは、地元の滋賀県で先生になるための勉強をしたかったから。実家から通いやすいだけでなく、少人数制の親身な指導で、とても学びやすい環境でした。

私の学生時代!

一人ひとりに寄り添った教育を心がけています

私の学生時代!

小さい大学だからこそ、一人ひとりに寄り添っていただき、学ぶことができました。学生と先生の距離が近く、すぐに顔を覚えてもらえ、学業からプライベートまで、何でも相談しやすかったですね。採用試験前はゼミの先生にとても親身に指導していただきました。友達とも分からない問題を一緒に考えたり、教え合ったりしました。同じ目標をもつ仲間と切磋琢磨した時間は、今でも大切な思い出です。また、「教育ボランティア」で現場に出てたくさんの子どもたちと交流を持てたことは、実際に先生として教壇に立ってからも役立っています。びわこ学院大学は実践的な学びの場が豊富にあるので、先生をめざす方にはピッタリな大学だと思います。

プロフィール

古原 秀朗さん のプロフィール

愛荘町立秦荘西小学校勤務/教育福祉学部 子ども学科 子ども教育コース/2013年3月卒/「小学校の先生になりたい」との夢から、びわこ学院大学に入学。「少人数制ならではの細やかな指導とサポートには、在学中ずいぶん助けていただいた」と学生時代を語る古原さん。ゼミの担当教授からの親身な指導と、同じ目標をもつ仲間たちと切磋琢磨したことで、採用試験に合格。夢だった「小学校の先生」として秦荘西小学校の教壇に立つ。現在は25名の3年生クラスを担任。「子どもたちの成長する姿を見るたびに先生になってよかったと思います。学校内の学びだけでなく、今まで私が経験してきたさまざまなことを伝えていきたいです」と語ってくれた。

この先輩が卒業したのは…

びわこ学院大学 教育福祉学部 子ども学科

学校イメージ

きめ細かい個別指導

古原さんが卒業したのは、小学校教諭、養護教諭、幼稚園教諭、保育士、社会福祉士(受験資格)の免許・資格の取得がめざせる「子ども学科」。めざす免許・資格だけでなく、教育・福祉分野について幅広く学べます。また、難関とされる教員採用試験や公務員試験(幼稚園教諭・保育士)の合格に向けて、さまざまな対策講座を用意。専任教員のきめ細かい個別指導など、学生一人ひとりの夢の実現に向けて、万全の体制でサポートしています。※平成28年度は、17名が県内外の教員採用試験や公務員試験(幼稚園教諭・保育士)に見事合格しました。就職率は3年連続100%を達成。(就職者55名)就職以外にも大学院へ進学する卒業生もいます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

びわこ学院大学(私立大学/滋賀)