• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • びわこ学院大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 中村 真澄さん(教育福祉学部 子ども学科/養護教諭)

私立大学/滋賀

ビワコガクインダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

養護教諭  として働く  中村 真澄さん  にインタビュー!

  • 教育業界
  • 教育系専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

養護教諭は「生徒たち全員の先生」。いつでも安心できる存在でありたい。

この仕事の魅力・やりがい

大学を卒業して1年が経ち、養護教諭としての毎日にも慣れてきました。保健室に通いがちな生徒、1度も顔を合わせたことがない生徒などさまざまです。廊下ですれ違うと「先生」と声をかけてくれたり、体調不良で早退した子が「もう元気になったよ!」と言いに来てくれることもあります。保健室は病院ではないので、治療はできませんが、学校の中で健康を管理するプロは私たち養護教諭だけ。まだまだ分からないことや、不測の事態に焦ってしまうこともたくさんありますが、ベテランの先生たちと連携して、生徒たちの健康を見守っています。生徒たちの元気で健康な姿を見ることが、私にとって最高の喜びです。

養護教諭として働く中村 真澄さん

養護教諭は「子どもたちに一番近くで寄り添える先生」

養護教諭として働く中村 真澄さん
業界ココだけ話!

丁寧な処置で生徒の健康を守ります

業界ココだけ話!

「保健室の先生」の仕事は、生徒たちが思っているよりも幅が広いんです。朝の健康観察に始まり、保健室を訪れる生徒の処置、職員室では「保健だより」の作成もしています。私が特に力を入れているのは、保健室前の掲示板。季節ごとに健康管理のアドバイスを特集したり、視覚的に楽しめるように工夫したり。もちろん、どんなに忙しくても、生徒が私を頼って保健室へ来てくれた時は生徒が最優先。怪我や病気のようなわかりやすい理由ばかりではないので、じっくりとヒアリングすることが大切です。心のケアをする場所であって、決して甘やかす場所にしてはいけないと自分に言い聞かせながら生徒と向き合っています。

私の学生時代!

どんな些細な相談でも、しっかりと向き合います

私の学生時代!

中学生のころ、いつも笑顔で生徒に接し、どんな些細なことでも、親身に相談にのってくれる養護教諭の先生に出会いました。その優しさと思いやりを持って、多感な時期を過ごす子どもたちを支える姿に憧れ、養護教諭をめざすようになりました。大学時代は、中学校の保健室のボランティアなど、養護教諭の仕事について実際に学び、さまざまな人と出会う機会がたくさんありました。少人数で学べる分、大学の先生方もしっかりと私の状況について気を配って頂き、採用試験の勉強で辛かったときにも背中を押してくれました。大学での出会いは、今でも私の支えになっています。

プロフィール

中村 真澄さん のプロフィール

長浜市立湖北中学校/教育福祉学部 子ども学科 子ども教育コース/2016年3月卒/卒業後1年間は臨時講師として働き、2017年の4月から正規の教員として働く中村さん。びわこ学院大学の魅力を尋ねると、「看護師免許と併せて養護教諭免許を取得できる学校は多いですが、看護師はめざしていなかったので、どうしようかな?と思っていたところ、地元である滋賀県で学べて、教育系の学部で養護教諭をめざせるびわこ学院大学のことを知り、『これだ!』と思いました。在学中はもちろんですが、卒業した現在でも、困ったことや分らないことがあったら先生のところへ相談に行きます。いつでも帰れる、第二の実家のような存在です。」と語ってくれた。

この先輩が卒業したのは…

びわこ学院大学 教育福祉学部 子ども学科

学校イメージ

実践的な授業が豊富

中村さんが卒業した「子ども学科」では、養護教諭、小学校教諭、幼稚園教諭、保育士、社会福祉士(受験資格)の免許・資格の取得をめざせます。授業では、子どもがどのような環境でどのような影響を受けて発達し成長するのかを学習。免許・資格を取得するだけでなく、幅広い分野の知識と実践力を養い、学ぶ楽しさや喜びを伝えられる先生をめざします。実習では、現役の教職員をメンター役※とする「メンター実習制度」を導入。現場をよく知る先生から直接指導を受けることができます。※指導者・助言者のこと

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

びわこ学院大学(私立大学/滋賀)