• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • びわこ学院大学
  • 他の卒業後のキャリア一覧
  • びわ学で学んだ一つひとつが、現場の「今」に活きる

私立大学/滋賀

ビワコガクインダイガク

びわ学で学んだ一つひとつが、現場の「今」に活きる

長浜北高校
志村 夏海
 「福祉の心を持った教育者」。これは、びわこ学院大学のキーワードの一つですが、私自身、高校生の頃は「福祉」と
言えばボランティアや大きな企業が行う活動のイメージがあり、その言葉にピンと来ていないのが事実でした。しかし、びわ学での学びの中で「福祉の心」の大切さを実感し、ここで学べて良かったと感じています。
 今、子どもを取り巻く環境は様々です。英語教育の早期化やダンスなど体育授業の多彩化をはじめとする教育内容の変化もありますが、いじめ、不登校、発達障がい、家庭環境の問題など悩みを抱えた子どもたちもたくさんいます。そうした子どもたちを真の意味で「育てる」ために必要なのは「教育」に関する知識だけではありません。
 心に寄り添う「福祉」の精神も重要だと、小学校教員になった今、身をもって感じています。
 経験による学びと言えば、大学で行った模擬授業は実践力がつきました。苦手なピアノも手厚い指導のおかげで、今に活かせています。さらに、ボランティアやアルバイトなど学校以
外の場所で子どもと関わったり、人とコミュニケーションを取る機会を多く持てることも大きな特長です。コミュニケーション力は教員の基盤。座学では身につかない経験値を蓄えられるのは学生時代の特権だと感じます。
 小さな大学なので学生同士、そして先生方とも距離が近く、廊下で会えばお互い名前を呼んで挨拶をするような
感じです。夢に向かって頑張っている仲間の存在、親身になってくれる先生方は自慢のポイントです。教員採用試験前は、学内の図書館で夜遅くまで勉強し、その後はファミレスなどで0〜1時くらいまで勉強することもありました。
 受験生のみなさん、何事も前向きにチャレンジして、たくさんのことを吸収してください。頑張ったことは将来きっと役に立ちますよ!
びわこ学院大学(私立大学/滋賀)