• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 昭和大学医学部附属看護専門学校

東京都認可/専修学校/東京

昭和大学医学部附属看護専門学校

ショウワダイガクイガクブフゾクカンゴセンモンガッコウ

学校photo

医学部附属であることを活かした教育体制。卒業後、系列病院でスキルを発揮!

講義・演習・実習とバランスのとれたカリキュラムを、専任教員に加え、医学部教授が直接、教育指導にあたります。大学の研究施設を利用しての実習はもとより、附属7病院における実践的な臨床実習を行います。

昭和大学医学部附属看護専門学校の特長

昭和大学と附属病院に隣接。その利点をフルに活かし、勉学&キャンパスライフが充実

建学以来80余年もの伝統を誇る本学は、これまでに受け継がれてきた「至誠一貫」の精神に基づき、真心を持って国民一人ひとりの健康を守る医療人の育成に尽力します。看護の道を目指す多くの若い皆さんが本校に入学され、医学、歯学、薬学、保健医療を学ぶ若者たちと共に、勉学、クラブ活動を通して充実したキャンパスライフを過ごして欲しいと願っております。そして、本校における豊かな青春時代に培った人格と個性を、卒業後は昭和大学の7つの附属病院において、その知識と技術を共にフル活用し、複雑な高度先進医療の中心的スタッフとして活躍することが期待されています。

種類豊富な講義室・実習室に加え、隣接する大学・附属病院の施設も利用可能

優れた看護者を養成するため、DVDなどの豊富な教材を取り揃えた講義室や、現場をリアルに再現した実習室、専門書が揃った図書室など、21の施設・設備が充実。また、隣接する大学・附属病院の施設を利用できるのは有利!大学図書館(31万冊所蔵)をはじめ、教育施設、臨床施設を支える多彩な附属病院などで学習することができます。実際に、大学の研究施設を利用しての実習や、附属7病院(昭和大学病院・昭和大学病院附属東病院・昭和大学藤が丘病院・昭和大学横浜市北部病院・昭和大学附属烏山病院・昭和大学江東豊洲病院・昭和大学藤が丘リハビリテーション病院)における実践的な臨床実習など、実際の医療現場で多くの実習を行っています。

修学を支援する奨学金制度を多数用意。上手く活用して、充実した学校生活を!

本校では、学生生活の支援と修学継続の奨励を目的として、独自の奨学制度や公的機関の奨学制度を用意しています。 【昭和大学医学部附属看護専門学校奨学資金】(希望者):月額 5万円(一部返還免除あり〈3年間〉)  【日本学生支援機構奨学金】(選考により)高等学校在学時に予約採用を取得した者は本校に入学後に奨学生として採用される。 ●第一種:月額 5万3000円・6万円 ●第二種:月額 3万円・5万円・8万円・10万円・12万円 【東京都看護師等修学資金】(選考により) ●第一種:月額 3万6000円 ●第二種:月額 2万5000円

昭和大学医学部附属看護専門学校の学部・学科・コース

入試情報

実施している入試一覧

すべて見る

学費(初年度納入金)

【2017年度納入金】46万円(内訳:入学金10万円、授業料 前期 15万円、後期 15万円、実習費 6万円 ※入学時納入金合計は31万円)
(その他、教科書代、被服費、研修費、傷害保険料などが別途かかります)

問い合わせ先・所在地・アクセス

事務課入学試験担当

〒142-0064 東京都品川区旗の台1-2-26
TEL:03-3784-8097

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都品川区旗の台1-2-26 東急池上線・大井町線「旗の台」駅東口下車 徒歩5分

地図

 

路線案内

昭和大学医学部附属看護専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ