• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 北信越柔整専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 柔道整復学科

石川県認可/専修学校/石川

ホクシンエツジュウセイセンモンガッコウ

柔道整復学科

募集人数:
60人 (平成26年度より60名に増員)

一流の講師陣による実践的な学びを展開!柔道整復師へと続く道がここから始まります

学べる学問
  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • ケースワーカー

    社会生活上、困っている人に相談・助言を行う

    障害者、児童、高齢者など、地域で福祉サービスを必要としている人の相談に乗り、保育所などの福祉施設の入所や生活保護を必要とする人への適用手続きをすることなどが主な仕事。各地方自治体の福祉事務所で相談・援助の第一線で勤務する公務員のことをケースワーカーと呼ぶ。

  • 柔道整復師

    打撲・捻挫などに対して回復処置をする

    柔道整復師は、打撲・捻挫・脱臼や、骨折に対して、回復をはかるための処置をする。現代病といわれる運動器疾患やスポーツ障害などにも対処する。ただし、外科手術や薬品投与などは禁止されている。スポーツトレーナーとして活躍するケースもある。

  • スポーツトレーナー

    一般の人からプロ選手まで、トレーニング指導の専門家

    プロ野球選手の専属トレーナーが注目されて話題になるなど、スポーツトレーナーの仕事は奥が深い。トレーニングする相手の体質や、健康上の課題をつかみ、その人にあったアドバイスや指導をしなければならない。体のしくみや栄養知識など、高度な専門知識がもとめられる。

  • メディカルトレーナー・リハビリトレーナー

    ケガをした人の運動機能の回復やスポーツ選手の健康管理をサポート

    病気やケガをした人や高齢者の運動機能の回復、スポーツ選手のコンディションの管理やケガの治療・リハビリなどをサポートする専門職。マッサージやストレッチなどの施術のほか、効果的なトレーニング方法のアドバイスなども行う。病院や治療院、スポーツクラブなどで働くほか、特定のスポーツチームや選手の専属として活躍する人も多い。メディカルトレーナー・リハビリトレーナーを名乗るのに国家資格は必須ではないが、理学療法士、柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩・マッサージ指圧師なども持っていると有利。

  • スポーツインストラクター

    各種スポーツの技術指導を行う

    スポーツクラブやトレーニングジムに勤務し、各種スポーツの技術指導を行う。スポーツによって指導のポイントが異なり、ゴルフ、テニスなど技術の習得が目的の場合は実技指導、アスレチック、エアロビクスなどの健康維持が目的のものは実技指導のほか日常生活や食事のアドバイスも行う。

  • スポーツ審判員

    各種競技によって審判員制度がある。実績を積みながら大きな試合の審判員へと成長する。

    野球やサッカー、バレーボール、テニス、柔道など競技によってそれぞれ審判員の制度があり、資格を取得して審判を行う。中には弟子入りして修業を重ねるものもある。ただし、スポーツ審判員を主な収入源として仕事にできるのは、プロ野球、相撲、一部の格闘技、競馬・競輪の判定程度。ほとんどは本業を別に持ち、ボランティアとして協力するのが一般的。とはいえ審判員の経験や知識は重要で、実績を積みながら次第に大きな試合の審判へと成長する。ちなみにプロ野球の場合は、セ・パ両リーグがそれぞれ不定期で採用試験を行う。

初年度納入金:2018年度納入金 159万円  (入学金減免制度〈10万円〉あり)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

柔道整復とは接骨(整骨)です。3年間の実践的な学びを展開しています
医療人となるため、心理学や生物学といった基礎、人体の構造と機能、疾病と傷害などを学ぶ専門基礎、そして1年次から始まる柔道整復学の専門分野と様々な角度から実践的な学びを通して知識・技術を磨きます。歴史的背景から柔道の授業もありますが、未経験者も問題ありません。3年間で黒帯の取得を丁寧に指導していきます。

先生

医療・福祉分野の最前線で活躍中の講師がずらり
講師陣は医療・福祉分野で活躍中の方々がずらり。金沢大学医学類や富山大学医学部で指導経験のある教授や現役医師から学べます。恵まれた環境と豊富な授業時間数でじっくりと国家試験合格を目指すことができます。国試対策のため若手チューター制度により合格をサポート。介護職員初任者研修も受講可能です。

実習

ネットワークを生かし、実際の医療機関で技術力とコミュニケーション力をアップ
専門学校を運営する木島学園のネットワークを生かし、本校の臨床実習施設は階下のクリニックと木島病院という実際の医療機関で最新の医療機器を見学できるほか、実践の場で技術力やコミュニケーション力を高められます。また、卒業生が経営する接骨院なども実習先のひとつ。先輩から開業の話などを直接聞くこともできます。

施設・設備

最新のリハビリ機器、診断機器がそろっています
臨床実習施設となるクリニックを併設した校舎には、最新のリハビリ機器、診断機器、筋トレ・バランス訓練機器などの充実した設備がそろい、柔道整復師への成長をバックアップ。さらに、自習室をはじめ、ロッカールームやシャワー完備の柔道場、トレーニングルームなども備わり、学生生活をサポートしています。
学校から徒歩約2分に学生寮を完備
学生寮「北整寮」は、学校から徒歩で約2分!家賃・食費(1日2食付き)は年額60万4000円です。きっとこの学生寮で、同じ柔道整復師をめざす数多くの仲間ができるはず!ほかにも、学校近くには、女子寮(木島コーポ)や格安な寮も用意しています。各室ひかり回線完備で、インターネットは使い放題です。

制度

卒業生を対象に研究生制度を設置!研究室や図書館などの施設を利用できます
柔道整復師の資格を持った人を対象に研究生制度を取り入れています。研究生として、授業を聴講したり、研究室・図書館などの施設を利用したりすることができます。卒業後も本校を利用して、医療・福祉の現場でさらなるレベルアップをめざすことができます。2014年は卒後臨床研修医療人研修会が本校を会場に開催されました。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 介護職員初任者研修修了者

受験資格が得られる資格

  • 柔道整復師<国>

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職者35名 )

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒920-0816 石川県金沢市山の上町5番5-2号
TEL076-252-2171
info@hokushinetsu.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
石川県金沢市山の上町5番5-2号 「金沢」駅から「森本」「才田」「福光」「加賀二俣」行きバス 約10分 「山の上町」下車 徒歩 3分

地図

 

路線案内


北信越柔整専門学校(専修学校/石川)