• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京メディカル・スポーツ専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 阿久井 陽輔さん(鍼灸師科午前コース/スポーツトレーナー)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウメディカル・スポーツセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

スポーツトレーナー  として働く  阿久井 陽輔さん  にインタビュー!

  • スポーツ・健康業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

選手とチームに及ぼす影響を考えると責任は重大。でも、それが僕のやりがいなんです。

この仕事の魅力・やりがい

今僕は、ジェフユナイテッド市原・千葉でトレーナーをしています。選手達は、試合に向けて毎日、練習に励んでいます。身体のケアのしかたやコンディションづくりなど、僕が知っていることはどんどん伝えて、よりベストに近い状態で、少しでも長く選手活動ができるようにサポートしていきたいですね。トレーナーには、選手の状態を正しく把握することが何より重要。自分のケガの評価やケアが、チーム全体や選手のその後に及ぼす影響を考えると、責任は重大。それだけにやりがいがあるのがトレーナーという仕事だと思います。

スポーツトレーナーとして働く阿久井 陽輔さん

「トレーナーってカッコいい!」と思ったのがきっかけ

スポーツトレーナーとして働く阿久井 陽輔さん
今の仕事との出会い・きっかけ

良いコンディションが続くよう、選手をサポート

今の仕事との出会い・きっかけ

トレーナーの仕事に憧れを持ったのは小学生の頃。近所の公園でサッカーを教えてくれた方がいたんですが、実はその方はプロサッカーチームのトレーナーとして活躍されていたんです。テレビで試合を観戦していると、試合中にケガで倒れた選手のもとへ駆けつけていく姿が。その姿をすごくカッコいいと思うと同時に、トレーナーという職業を初めて知り、憧れを持つようになりました。医療とスポーツの資格を取得するために、東京メディカル・スポーツ専門学校の姉妹校、東京スポーツ・レクリエーション専門学校に入学し、アスレティックトレーナーの資格を取得。その後、東京メディカルスポーツ専門学校に入学し、鍼灸の技術を学びました。

私の学生時代!

一人ひとりのコンディションにあわせたメニューを用意

私の学生時代!

東京メディカルスポーツ専門学校に入学したのは、「はり師<国>」「きゅう師<国>」という国家資格に加え、プロトレーナーの先生方のもとで在学中からトレーナー活動ができるから。何より、世界のサッカー大会の舞台で活躍されている妻木先生がいらっしゃったことが決め手でした。この学校に入学し、妻木先生のおかげで在学中にジェフユナイテッド市原・千葉での実習が叶いました。この実習での経験が今の自分に繋がっていると思うし、「卒業後にこの場所に帰って来たい!」という思いで、在学中も頑張ることができました。

プロフィール

阿久井 陽輔さん のプロフィール

ジェフユナイテッド市原・千葉所属/鍼灸科師II部(現:鍼灸師科)/2009年3月卒業/在学中はサッカーの国際大会にトレーナーとして参加したことも。「妻木先生のサポートとして参加しました。知識や技術はもちろん、スタッフへの気配りなど物事を円滑に進める手腕に感動しました」。現在はトレーナーとして、大好きなサッカーに関われる、充実した毎日を送っている。「人は、人とのかかわりを通じて成長・変化します。僕は人間関係に恵まれていると思います。一生懸命サッカーに打ち込む選手やスタッフ、東京メディカル・スポーツ専門学校での妻木先生との出会いもそのひとつです。一生サッカーに関わる仕事を続けていきたいです!」

この先輩が卒業したのは…

東京メディカル・スポーツ専門学校 鍼灸師科午前コース

学校イメージ

実践的な技術を学ぶ

鍼灸(はり・きゅう)を学ぶにとどまらず、健康指導ができる鍼灸師を養成。さらに、スポーツに強い鍼灸師をめざす学生のため、選択授業「トレーナー基礎技術」と「トレーナークラブ」を実施。柔道整復師科、理学療法士科の学生とともに、学校でトレーナーの勉強をし、スポーツ現場で実践することで、トレーナーとしての知識と技術を身につけられます。また、プロスポーツチームでのトレーナーを目指す方は、鍼灸師科午前コースと並行して、アスレティックトレーナー専攻も受講可能。(※入学時にアスレティックトレーナー専攻選考試験に合格した方のみ)その他、即戦力として活躍するため知識と技術を学ぶ医療系選択授業もあります。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

東京メディカル・スポーツ専門学校(専修学校/東京)