• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 山口県立農業大学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 園芸学科

山口県認可/専修学校/山口

ヤマグチケンリツノウギョウダイガクコウ

スタディサプリ進路編集部の独自調査に基づいています。最新内容は募集要項にてご確認ください。

園芸学科

募集人数:
25人

-

学べる学問
  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    人が生きる基本の「食」を支える分野。食料や資源の効率的な栽培・生産を研究する。生産方法、環境・生態系の修復、新種開発、農業ビジネスなど、研究は多岐にわたる。

目指せる仕事
  • ガーデンデザイナー

    庭をより美しく仕上げるための専門家

    緑をアレンジしたスペースをつくるガーデニングは、今ちょっとしたブーム。個人の家庭内や庭先、ベランダなどを利用して、安らぎの空間をつくる人たちが増えてきている。庭づくりをしたい人たちの相談にのり、より上手なスペースの使い方や緑のアレンジ方法をアドバイスしたり、自ら任されたスペースをガーデニングする場合もある。

  • グリーンコーディネーター

    植物を使って空間を演出。

    観葉植物を使って、店舗やオフィス、イベント会場、家庭の空間を装飾、演出する専門家。さまざまな条件を考慮し、飾り付ける植物を選択。さらに、仕入れ、搬入、手入れまでをトータルに担当する。

  • 造園士

    庭木一本から都市の環境開発までかかわる

    個人宅の庭から、公園、緑地、遊園地、緑地帯など、公的な大きなスペースまで、緑のある快適な生活環境を提供する。植物や木に関する基本的な知識はもちろん、規模が大きくなれば、基本設計から、道、敷石などトータルにプランニングすることもある。

  • 農業

    お米や野菜などさまざまな作物を生産する

    農地としての自分の土地をもち、農作物を育て、出荷する。季節や地域、周辺環境によって、つくるものがかわったり、気候や水害などの天候にも大きく影響を受けるので、長年の知識や技術の蓄積が必要。もともと家が農家の場合などが多いが、最近では、仕事をやめて都会からあえて地方にうつり、専門家の指導を受けて農業を始める人たちも出てきている。

初年度納入金:2018年度納入金 59万3640円~61万3640円  (その他諸経費等別途必要、詳細は学校へお問い合わせください)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

農業に関する高度な知識・技術並びに幅広い教養や社会性を備えた人材を養成
野菜経営コース・花き経営コース・果樹経営コースに分かれて、実践教育・マンツーマン教育・全寮制教育を実施しています。また、作物栽培や牛の飼養について、学生自らが「課題(目標)」を立て、「計画」「実行」「評価」するプロジェクト学習法により、農業の実践力を養います。

実習

生産から販売(市場・直売)まで一貫した実践学修を行います。
パイプハウスを利用した野菜の安定生産、切り花の高品質生産、複合環境制御温室を利用したブドウ・ミカンの高付加価値生産など、コースごとに分かれて行います。また近年は農産物の直接販売で消費者ニーズを的確につかみ、農産物の生産方法の改善等に反映する取組も実施しています。

卒業後

大半の卒業者が農業や農業関連の職業に就いています。
多くの卒業生が、生産基盤が無くても農業に就くことが可能な農業法人での就農や、親等の経営を引き継いだり、自分がやりたい作目を選んで自ら営農を開始する新規就農、あるいは農業関連団体・企業へと就職します。進学する卒業生もいます。

施設・設備

大平山の裾野に広がる緑のキャンパスで、知識と技術を習得
本館・研修館・バイテク棟(園芸学科教室)等の学習施設や、20棟のガラス温室・48棟のパイプハウスをはじめ、畜産実習棟、機械棟、運転免許試験コース、露地圃場、果樹園、飼育畑、放牧場、牛舎には乳牛約40頭と肉用牛約60頭がおり実習環境が整っています。

イベント

学業の成果を披露
農大祭、夏のオープンキャンパス、秋のオープンキャンパス、家畜審査競技大会、実物鑑定競技大会、様々な発表会があり、学業に沿った行事が充実。

学べる学問

目指せる仕事

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒747-0004 山口県防府市大字牟礼318番地
0835-38-0510

所在地 アクセス 地図・路線案内
山口県防府市大字牟礼318 JR山陽本線「防府」駅より 防長バス「阿弥陀寺行」乗車 「農業大学校入口」下車 約20分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

山口県立農業大学校(専修学校/山口)