• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大阪保健医療大学
  • 学校の特長

私立大学/大阪

オオサカホケンイリョウダイガク

資格取得に有利

目標は全員合格!万全のバックアップ体制で国家資格取得をサポート!

セラピストとして活躍するためには、国家資格の取得が必須です。1年次から国家試験の内容を各講義に取り入れています。3年次の早い時期から国家試験対策をスタート。過去の問題をもとに、出題の傾向を把握し、その対策に重点を置いて講義を行います。4年次の国家試験対策では、過去の出題傾向に基づく対策講義によって、これまでに学んだことを復習・確認します。そして模擬試験で一人ひとりの習熟度や苦手分野を分析し、弱点克服のためのグループ指導や個別指導を行います。2016年度の国家試験合格率は、理学療法士<国>81.6%(合格者40名)、作業療法士<国>88.9%(合格者24名)と高い実績を残しています。学校の特長1

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

スポーツを通じてリハビリテーションを科学する附属の『彩都スポーツ医科学研究所』

リハビリテーションの重要なテーマに、スポーツ傷害の予防・健康増進があります。この研究に注力しているのが『彩都スポーツ医科学研究所』です。人工芝グラウンド、傾斜トレーニング用トラックフィールド、会議・セミナー室、情報処理室など充実の最新設備を整え、人の動きを解析・究明して、運動器リハビリテーションの実践・向上に役立てています。また、地域のスポーツクラブとも連携し、スポーツを取り入れた地域の健康モデル開発など、未来に開かれたリハビリテーション医療を創造しています。学校の特長2

教育方針や校風が魅力

社会のさまざまな場面で、授業で学んだ知識や技術を生かし、成長する

大阪保健医療大学では、授業で学んだ知識や技術を生かし、社会のさまざまな場面で社会貢献をしています。知的障がい者サッカー普及と知的障がい者の健康促進・地域交流・社会参加の促進をはかるプログラムや、国家建設途上国の障がい者施設を訪れて福祉のあり方を考えるカンボジアスタディーツアー、介助犬使用者の想いを学ぶ機会、介助犬に関わるトレーナーセラピストの取り組みや課題などが学べる介助犬講義などを実施しています。学校の特長3
大阪保健医療大学(私立大学/大阪)