• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 横浜美術大学
  • 奨学金

私立大学/神奈川

ヨコハマビジュツダイガク

【減免型】横浜美術大学奨学金制度(全学部共通)

対象
在学生(入学年次を除く)で、学業成績が優秀で、経済的理由により修学が困難であると認められる者。災害等により、学費の支弁が著しく困難となるような特別な事由が生じた者の中から選考のうえ、奨学生として次のとおり授業料が免除されます。
減免額
第1種奨学生 当該年度の授業料を全額を免除
第2種奨学生 当該年度の授業料の2分の1を免除
第3種奨学生 当該年度の授業料の4分の1を免除

【減免型】横浜美術大学特待生制度(全学部共通)

対象
在学生選考(入学年次を除く)については、GPA制度による前年度の学業成績が3.3以上で、かつ30単位以上取得した者のうち、各学年上位5名について、特待生として次のとおり授業料が免除されます。
減免額
各学年上位1名…在学年次授業料の全額を免除
次の2名…在学年次授業料の2分の1の額を免除
次の2名…在学年次授業料の4分の1の額を免除
人数
各学年上位1名…在学年次授業料の全額を免除
次の2名…在学年次授業料の2分の1の額を免除
次の2名…在学年次授業料の4分の1の額を免除

【減免型】横浜美術大学特待生制度(全学部共通)

対象
一般入学試験A日程・B日程のデッサン選択入学選考および指定校推薦入学試験の特待生選抜試験において、特待生として次のとおり授業料が免除されます。
減免額
一般入試A日程・B日程:1年次授業料の全額または2分の1を免除
指定校推薦入試(特待生選抜試験):1年次授業料の2分の1または4分の1を免除
特待生チャレンジ:1年次授業料の2分の1または4分の1を免除
人数
一般入試A日程・B日程:成績優秀者6名上限
指定校推薦入試(特待生選抜試験):成績優秀者7名上限
特待生チャレンジ:成績優秀者7名上限

【貸与型】あしなが育英会(全学部共通)

対象
保護者が病気や災害、自死などで死亡したり、それらが原因で著しい後遺障害で働けないため、教育費に困っている家庭の子ども
貸与(月額)
一般貸与 月額40,000円特別貸与 月額50,000円
貸与期間
2014年4月から卒業まで(最短修業年限)

【貸与型】茨城県奨学生(全学部共通)

対象
茨城県内居住の子弟であり、大学、専修学校専門課程に在学していること。健康で修学に十分耐えうること。人物・学業ともに優れていること。学費の支弁が困難と認められること。機構の奨学金貸与を受けていないこと。
貸与(月額)
40,000円
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
2014年4月から在学する大学等の正規の修業期間のうち残修業期間中

【貸与型】茨城県奨学生(全学部共通)

対象
茨城県内居住の子弟であり、大学、専修学校専門課程に在学していること。健康で修学に十分耐えうること。人物・学業ともに優れていること。学費の支弁が困難と認められること。機構の奨学金貸与を受けていないこと。
貸与(月額)
月額36,000円
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
2014年4月から在学する大学等の正規の修業期間のうち残修業期間中

【貸与型】交通遺児育英会平成27年度奨学生(全学部共通)

対象
保護者等が道路における交通事故で死亡、重い後遺症害により働けず、経済的に修学が困難な学生であり、現在、大学に在学している学生
貸与(月額)
年4回月額40,000円  50,000円  60,000円から選択
利子
無利子
貸与期間
2014年4月から卒業まで(最短修業年限)

【貸与型】日本学生支援機構 第一種(全学部共通)

対象
経済的理由により修学に困難がある優れた学生に対し貸与されます。
奨学金の種類
第一種
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
募集時期
定期採用は4月に募集を行います

【貸与型】日本学生支援機構 第一種(全学部共通)

対象
経済的理由により修学に困難がある優れた学生に対し貸与されます。
奨学金の種類
第一種
利子
利子
自宅・自宅外の別
自宅外
募集時期
定期採用は4月に募集を行います

【貸与型】日本学生支援機構 第二種(全学部共通)

対象
経済的理由により修学に困難がある優れた学生に対し貸与されます。
奨学金の種類
第二種
利子
利子
募集時期
定期採用は4月に募集を行います
学費(初年度納入金)
横浜美術大学/奨学金