• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 埼玉ベルエポック製菓調理専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 安藤 あかりさん(パティシエ科(昼間2年制)/パティシエ(洋菓子職人))

埼玉県認可/専修学校/埼玉

サイタマベルエポックセイカチョウリセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

パティシエ(洋菓子職人)  として働く  安藤 あかりさん  にインタビュー!

  • フード業界
  • クリエイティブ職
  • モノを作るのが好き
インタビュー

お客様に喜んでもらえることがなによりも嬉しく、やりがいを感じる瞬間です!

この仕事の魅力・やりがい

職場は結婚式場です。主な仕事は、週末の結婚式で提供するデザートの仕込みとウェディングケーキの製作、ご宴会のデザートの製作、結婚式当日のお料理の盛り込み、新郎新婦との打ち合わせ、それと平日のスタッフのまかない作りなどです。一生に一度の結婚式で、おふたりの人生にずっと残るウェディングケーキを作れるということが、この仕事の魅力ですね。新郎新婦が退場するときに、スタッフが扉の前で拍手をしてお迎えし、祝福のあいさつをするんです。この瞬間、本当に幸せな気持ちでいっぱいになり、「ああ、この仕事を選んでよかったなぁ」と強くやりがいを感じます。

パティシエ(洋菓子職人)として働く安藤 あかりさん

お客様が喜んでいる姿を見るたびに嬉しくなります

パティシエ(洋菓子職人)として働く安藤 あかりさん
私の学生時代!

仕上げは特に慎重に行っています

私の学生時代!

私がこの学校を選んだのは、先生と学生との距離が近く、わからないこともすぐに聞ける環境が魅力的だったからです。学生時代はとても楽しかったですね。とくに印象に残っているのは「ビストロベル」という店舗販売実習です。クラスがお店となり、商品の選定や原価を意識しての値段設定、商品の大量製作、集客、当日の運営などすべてを手がけました。より現場に近い環境で学べたことは、とてもよい経験になりましたし、現場に出てから必要になってくる「気づく力」「考える力」などを学生時代に養えたことは、大きな財産となりました。この実習をはじめ、学校で学んだことは、今でも自分の力になっていると感じています!

後輩への応援&アドバイス

すこしでも多くの幸せを届けたいんです

後輩への応援&アドバイス

パティシエは、とても素敵でやりがいのある仕事です。なぜならそれは、仕事の先に必ず喜んでくださるお客様がいるから。自分の作ったお菓子を召し上がって喜んでくださる方がいるというのは本当に嬉しいですよ。また、接客をして目の前で買ってくださる姿を見ると、自分が誰のために、何のために働いているのかが明確で、そこにやりがいを感じることができるんです。お金を稼ぐためだけでなく、「おいしい」「ありがとう」のために自分も楽しみながら続けられる仕事だと思うので、ぜひこの世界に飛び込んできてください。そして一緒にたくさんのお客様に幸せを届けていきましょう!

プロフィール

安藤 あかりさん のプロフィール

株式会社ノバレーゼ 勤務/パティシエ科(昼間2年制)/2012年3月卒/幼い頃からお菓子を作るのも食べるのも好きだったという安藤さん。バレンタインなどで友達に手作りのお菓子を作って渡したとき、「おいしい」「ありがとう」と言われたことがとても嬉しく、パティシエの道に。埼玉ベルエポック製菓調理専門学校卒業後は現在の職場に就職。将来の夢は、自分らしいお店を経営し、たくさんのお客様に幸せを届けることだそう。

この先輩が卒業したのは…

埼玉ベルエポック製菓調理専門学校 パティシエ科(昼間2年制)

学校イメージ

大好きな授業は製菓実習

2年間で洋菓子、細工菓子、製パン、和菓子、ドリンクの基礎から応用までを学ぶことができます。学ぶレシピはなんと300種類にもなり、アメ細工やマジパン、ラテアートなど「魅せる」ための技術も習得していきます。授業には、「ビストロベル」という学内店舗実習もあり、学生たちで商品開発、企画、運営まで行うため、実践的な力を養うことができます。また2年間で国家資格である「製菓衛生師」の取得を目指し、在学中に受験できるための必修科目を設置。オリジナルテキストや模擬試験などもあり、試験対策は万全です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
埼玉ベルエポック製菓調理専門学校(専修学校/埼玉)