• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 広島医療秘書こども専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 黒田 亜里沙さん(医療秘書科/医療事務・秘書)

広島県認可/専修学校/広島

ヒロシマイリョウヒショコドモセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

医療事務・秘書  として働く  黒田 亜里沙さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人と接したり話すのが好き
インタビュー

「患者様の気持ちになる」が信条!何気ない毎日のやりとりが、私のやりがいです

この仕事の魅力・やりがい

整形外科の受付で、患者様の対応やレセプト業務(医療費の計算)をしています。午前中はご年配の方や骨折などのリハビリの通院患者様が来られ、夕方にかけては、トレーニングで訪れる学生さんが増えていきます。お帰りの際の声掛けひとつをとっても、一人ひとりの状況が違うので、配慮が必要だなと思っています。怪我をしている方、体調が悪い方であれば「お大事に」ですが、トレーニングの学生さんには「お疲れさまでした」。また、領収書などをお渡しする際にも、患者様の状況を見て、受付にお呼びするのではなく、座っているお席までお持ちするなど、気を配っています。患者様からいただく「ありがとう」の言葉は何より私のやりがいです。

医療事務・秘書として働く黒田 亜里沙さん

歩きづらい患者様へはお席まで書類をお持ちします

医療事務・秘書として働く黒田 亜里沙さん
これからかなえたい夢・目標

勉強を続け、患者様に信頼される人を目指していきたい

これからかなえたい夢・目標

通院されるうちに顔なじみになり、患者様から名前で呼んで頂くことや、日々のふれあい、何気ないやりとりが楽しいと感じています。患者様のためにも、もっともっと信頼されるスタッフになれるよう、頑張らなくてはと常に思っています。仕事のスピードや専門的な知識の量などは、先輩方を見ているとまだまだだなと感じています。よく言われることですが、医療事務の資格は、結婚や出産を経ても働き続けられる資格。実際、私の職場にもお子さんを育てながら仕事を続けている尊敬できる先輩方がいらっしゃいます。ずっと働き続けたいと思っているので、より専門的な知識を身につけて、余裕をもって対応できるスタッフになりたいです。

私の学生時代!

同期のスタッフの存在は、いつも心強いです

私の学生時代!

パソコン系の資格は高校時代に取得していたので、専門学校では、医療秘書検定はもちろん、ペン字、電卓検定など、取得できるものはすべて受けていました。学校では、試験1週間前から集中的に検定のための勉強を行う「検定ウィーク」というのがあり、友達と一緒に勉強して、教え合ったり、先生に聞きにいったりと、学校全体が勉強する雰囲気になっていくのはとても良かったですね。また、友達をたくさん作りたかったので、高校生向けのオープンキャンパスのスタッフや、年1回の三幸フェスティバルの企画運営を行う委員会など、学科をこえた学校全体の委員会に積極的に参加していました。友達がたくさんできて、楽しい学生生活だったと思います。

プロフィール

黒田 亜里沙さん のプロフィール

福山整形外科クリニック 勤務/医療秘書科 小児クラークコース/2013年3月卒/広島県立商業高校出身。高校時代は「資格を取りたい」とパソコン系の検定や秘書検定などを数多く取得した黒田さん。「せっかくとった資格を活かせることが第一。さらに、医療業界に興味があり、人の役に立つ仕事がしたいと思っていました。新しくできたばかりの学校というところに魅力を感じ、広島医療秘書こども専門学校を選びました。先生との年齢も距離も近くて、なんでも相談しやすい学校です。知識はあった方が有利なので、専門的な事を学べる特別授業はぜひ受けてみて」と後輩へアドバイスをくれました。

この先輩が卒業したのは…

広島医療秘書こども専門学校 医療秘書科

学校イメージ

病院内でのさまざまな医療活動がスムースに運ぶように、スタッフ間のコミュニケーターとなれる知識や技能を身につけるために学びます。医療の基礎はもちろん、秘書実務や文書実務に優れた人材を育成します。2年次の前期には、約4週間にわたり病院実習を実施。医療人として大切な心構えと、具体的な仕事の内容を理解、体験します。また、学校は先生と生徒の距離が近く、アットホームな雰囲気。仲間と一緒に、楽しく専門的な技術や知識を学ぶことができます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
広島医療秘書こども専門学校(専修学校/広島)