• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東北文教大学

私立大学/山形

東北文教大学

トウホクブンキョウダイガク

地域と連携した教育で、現場で求められる「子どもと家族の理解者」を養成します

教育ボランティアや子育てをテーマとした企画、地域のイベント参加などを通じて、幼稚園・保育所から小学校までの発達と成長を実践的に学びます。多様化する家族や地域の問題に対応できる教育者を目指します。

東北文教大学の特長

学校の特長1

自然に子どもと接するちからが身につく「スクールサポーター」

在学中から実際の現場経験を積むことを目的に、1年次から小学校で実習・支援活動を行う教育ボランティアに取り組んでいます。学生たちは、スクールサポーターとして特定の学級に入り、子どもたちの指導を実際の教室で行います。子どもたちの勉強や生活面でのサポートを行っていくことで、早期から子どもたちへの関わり方を学ぶことができるほか、教育実習の準備はもちろん、教員になった後も活かせる経験を得ることができます。

学校の特長2

子どもや地域に関わりながら学べる施設が充実

地域と連携した実学教育を行うため、子どもについて深く学んだり関わったりする施設や、就職対策のサポート体制が整っています。併設の付属幼稚園では、教育実習や教育力向上サークル「ええじゃないか」など、学生が子どもと関わる活動を行っています。「進路支援センター」はいつでも利用可能。悩みや採用試験の対策など、専任スタッフがサポートします。また、自動車通学の学生のために敷地内には約200台収容可能な駐車場も完備。他にも、地域交流や研究活動などを支援する「児童教育研究センター」「幼児教育研究センター」「教育開発研究センター」「地域連携・ボランティアセンター」など、たくさんの支援体制を用意しています。

学校の特長3

経験豊富な先生が、教育実習から教員採用試験まで徹底サポート

本学では、小学校教諭一種免許状〈国〉、幼稚園教諭一種免許状〈国〉、保育士〈国〉の免許・資格を目指すことが可能です。「教職実践センター」には、県内小学校での校長経験を持つ先生方が常駐。教育実習から採用試験の指導まで徹底的にサポートします。2016年3月卒業生の小学校教員採用試験の現役合格率は80.0%(合格者数12名)!全国トップクラスの実績を上げています。

学校の特長1

自然に子どもと接するちからが身につく「スクールサポーター」

在学中から実際の現場経験を積むことを目的に、1年次から小学校で実習・支援活動を行う教育ボランティアに取り組んでいます。学生たちは、スクールサポーターとして特定の学級に入り、子どもたちの指導を実際の教室で行います。子どもたちの勉強や生活面でのサポートを行っていくことで、早期から子どもたちへの関わり方を学ぶことができるほか、教育実習の準備はもちろん、教員になった後も活かせる経験を得ることができます。

学校の特長2

子どもや地域に関わりながら学べる施設が充実

地域と連携した実学教育を行うため、子どもについて深く学んだり関わったりする施設や、就職対策のサポート体制が整っています。併設の付属幼稚園では、教育実習や教育力向上サークル「ええじゃないか」など、学生が子どもと関わる活動を行っています。「進路支援センター」はいつでも利用可能。悩みや採用試験の対策など、専任スタッフがサポートします。また、自動車通学の学生のために敷地内には約200台収容可能な駐車場も完備。他にも、地域交流や研究活動などを支援する「児童教育研究センター」「幼児教育研究センター」「教育開発研究センター」「地域連携・ボランティアセンター」など、たくさんの支援体制を用意しています。

学校の特長3

経験豊富な先生が、教育実習から教員採用試験まで徹底サポート

本学では、小学校教諭一種免許状〈国〉、幼稚園教諭一種免許状〈国〉、保育士〈国〉の免許・資格を目指すことが可能です。「教職実践センター」には、県内小学校での校長経験を持つ先生方が常駐。教育実習から採用試験の指導まで徹底的にサポートします。2016年3月卒業生の小学校教員採用試験の現役合格率は80.0%(合格者数12名)!全国トップクラスの実績を上げています。

学校の特長1

自然に子どもと接するちからが身につく「スクールサポーター」

在学中から実際の現場経験を積むことを目的に、1年次から小学校で実習・支援活動を行う教育ボランティアに取り組んでいます。学生たちは、スクールサポーターとして特定の学級に入り、子どもたちの指導を実際の教室で行います。子どもたちの勉強や生活面でのサポートを行っていくことで、早期から子どもたちへの関わり方を学ぶことができるほか、教育実習の準備はもちろん、教員になった後も活かせる経験を得ることができます。

学校の特長2

子どもや地域に関わりながら学べる施設が充実

地域と連携した実学教育を行うため、子どもについて深く学んだり関わったりする施設や、就職対策のサポート体制が整っています。併設の付属幼稚園では、教育実習や教育力向上サークル「ええじゃないか」など、学生が子どもと関わる活動を行っています。「進路支援センター」はいつでも利用可能。悩みや採用試験の対策など、専任スタッフがサポートします。また、自動車通学の学生のために敷地内には約200台収容可能な駐車場も完備。他にも、地域交流や研究活動などを支援する「児童教育研究センター」「幼児教育研究センター」「教育開発研究センター」「地域連携・ボランティアセンター」など、たくさんの支援体制を用意しています。

学校の特長3

経験豊富な先生が、教育実習から教員採用試験まで徹底サポート

本学では、小学校教諭一種免許状〈国〉、幼稚園教諭一種免許状〈国〉、保育士〈国〉の免許・資格を目指すことが可能です。「教職実践センター」には、県内小学校での校長経験を持つ先生方が常駐。教育実習から採用試験の指導まで徹底的にサポートします。2016年3月卒業生の小学校教員採用試験の現役合格率は80.0%(合格者数12名)!全国トップクラスの実績を上げています。

東北文教大学の学部・学科・コース

子ども教育学科 (募集人数:90人)

キャンパスライフレポート

詳細を見る

人間科学部 子ども教育学科

千葉 寛輝さん

小学校での教育ボランティアやコーラス部にも参加し、毎日が充実!

入試情報

実施している前年度入試一覧

合格難易度

学費(初年度納入金)

●2017年度納入金 129万7000円
(諸経費別途必要)

就職・資格

就職支援

進路支援センターによる手厚いサポートのほか、学科教員による万全な採用試験対策を行っています

学生一人ひとりの進路に応じ、進路支援センターの専任スタッフが情報提供や進路ガイダンスの実施、個別面談などのサポートを行っています。教職希望の学生には、小学校での校長経験を持つ先生方が常駐している教職実践センターで、教員採用試験のための面接・論作文・模擬授業などの実践的な指導を行っているほか、教員採用試験対策講座を定期的に実施しています。また、保育専門職や一般職希望の学生には、希望に応じた求人情報提供のほか、インターンシップによる職場体験など就職活動を見据えた支援を随時行っています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

東北文教大学 入試広報課

〒990-2316 山形県山形市片谷地515
TEL:023-688-2296 (直)

所在地 アクセス 地図・路線案内
山形県山形市片谷地515 「蔵王」駅から徒歩 約7分
「山形」駅より南山形経由高松葉山行バス 25分 東北文教大学口下車 徒歩 7分

地図

 

路線案内

東北文教大学(私立大学/山形)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    地域社会との連携、少人数・実践中心の教育で東北の力になる人材を育成

  • Photo

    スポーツ科学を広く探究し、スポーツの力ですべての人に笑顔を与えられる人材を育成

  • Photo

    “美大”だと思ったら、もったいない。

  • Photo

    幅広い視野とリーダーシップで地域社会の課題解決に取り組みます

  • Photo

    衣・食・美術の知識と技術を幅広く学び、地域の暮らしをデザインする人をめざす

  • Photo

    福祉・マネジメント・教育・保健医療。「理論」と「実践」をともに学ぶ福祉の総合大学

  • Photo

    医療福祉、総合政策、IT・建築のスペシャリストとの協同で、問題に応えられる人を育む

  • Photo

    実践力を重視したカリキュラムで、ビジネス、保育・福祉分野で活躍しよう!

  • Photo

    128年の伝統と113万人を超える卒業生パワーが、夢を実現する皆さんを応援します。

  • Photo

    2015年4月「こども学科」設置!!「福祉」と「心理」の2軸カリキュラムで、専門家を育成

次へ