• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東北文教大学
  • 他の在校生レポート一覧
  • 自分自身の「人への接し方」が、変わっていきました。

私立大学/山形

トウホクブンキョウダイガク

自分自身の「人への接し方」が、変わっていきました。

鶴岡中央高校
石井 智規さん 2014年度入学
親身になって小さな相談にものってくれる先生に接するうちに、
自分自身の「人への接し方」が、変わっていきました。

先生がとても親身になって関わってくれることに驚きました。

 姉が国立大学に通い、自分と同じ教員をめざして勉強していたので、自分も国立大学をめざしたのですが、残念ながら落ちてしまい、東北文教大学に入学しました。
 でも今は、この大学でよかったと心から思っています。姉と話してよくわかったのですが、教員採用試験に向けた対応が東北文教大学はすごく丁寧で手厚く、姉も「そこまで親切にやってくれるの?」と驚いていました。試験対策の専門家を招いた勉強会も毎週水曜日に開かれており、細かいところにも力を入れていることがわかりました。
 授業でわからない所や、指導案の作成にあたっての疑問点などを先生の研究室に聞きに行くのですが、びっくりしたのが、先生が自分の名前を覚えていてくれたことでした。大学は先生に名前を覚えてもらえないものだと思っていたので。それで、この大学のことが一気に好きになりました。

高校の時にくらべて、大人になった自分を実感しています。

 学科の人数が多くないので、学食などで学年関係なしに仲良くなる雰囲気も好きです。人数が少ないぶん一人ひとりの目標が明確に見えてくるので、自分のモチベーションにもつながりますし。
 山形県内はもちろん県外から来た人もいて、考え方も人それぞれで、いろんなことを吸収できて楽しいです。高校の頃は一方的に自分の事をガツガツ話すタイプだったのですが、大学生になって、人との関わり方が変わりました。相手の考えをよく聞くようになり、1対1で話しているときでも第三者の視点で考えたりもしながら話せるようになりました。おそらく、自分の小さな相談に親身になってのってくれる先生たちの影響を受けているのだと思います。
東北文教大学(私立大学/山形)