• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 新潟農業・バイオ専門学校

新潟県認可/専修学校/新潟

新潟農業・バイオ専門学校

ニイガタノウギョウ・バイオセンモンガッコウ

学校photo

農業・フラワー・造園・バイオ・酒造の仕事を目指す。食・農・緑が豊かな新潟で学ぶ

日本全国から入学者が集まる食・農・緑の専門校です。農業王国新潟の環境を生かし、環境や人に優しい農業「自然栽培」や日本が世界に誇る日本酒づくりなど、全国でも珍しい特色のあるカリキュラムが魅力です。

新潟農業・バイオ専門学校の特長

現場感覚にこだわり学外実習が豊富。教科書では学べない知識や技術、働く感覚を習得

「おいしいお米や野菜を作りたい」「素敵な花や植物で喜んでもらいたい」「好きな実験を仕事にして人の役に立つ仕事をしたい」。そんな想いが集まった学校がABioです。でもみんな初心者からのスタートなので不安でいっぱい。ABioでは初心者でも学びやすいよう1年次では基礎知識の習得や実習道具・実験器具の扱い方を基礎から指導し、卒業までに業界の即戦力になることを目指します。現場感覚にこだわったカリキュラムでは、学外実習やインターンシップを豊富に実施しています。これにより知識や技術だけでなく現場ならではの判断や会社組織の中で働く感覚などを養い、在学中から社会人マナーや人間力を高めます。

担任と就職部が二人三脚で支援。定期面談、業界・企業分析、面接対策などすべて個別

農業・バイオ・園芸には多様な可能性があります。農業分野なら自分の田畑での農業経営だけでなく、農業法人に就職して生産や農業ビジネスに取り組む道や、JAに就職して地域を盛り上げる道もあります。食品加工会社や農事会社(種苗や農機具などを扱う会社)への就職や、農作物や加工品を販売する「直売所」などを通じ農業を支えることも可能です。バイオ分野は酒造会社や食品加工会社、化学メーカー、医薬品メーカー、環境調査会社が主な就職先。園芸分野はフラワーショップや造園会社、福祉施設が有力な就職先です。これに向けてABioでは担任と就職部が二人三脚で一人ひとりの希望に合わせた指導を実施。面接指導などすべて個別に行います。

無肥料無農薬の自然栽培や酒造りの実習など全国でも珍しくて貴重な実習を行います

食・農・緑が豊かな農業王国新潟の風土や文化をカリキュラムに盛り込んでいます。農業では、気候や土地にあった栽培技術や農作物がさまざまに異なる新潟県内各地の地元農家と連携した農業実習や1年を通じた長期研修プログラムの他、無肥料無農薬の自然栽培農法を導入しています。また、新潟県内ではもちろん、日本全国でも珍しい「お酒を造れる学校」として、学内設備で日本酒・ワイン・焼酎の製造工程を学ぶことができるなど特色ある学びがあります。さらに園芸では、地域イベントにも積極的に参加し、学生自身が一般の方へ園芸指導したり作品販売を行う他、飲食店などとコラボして店舗装飾を行うなど多彩な活動をしています。

オープンキャンパスに行ってみよう!

12/10(土)
お得&楽チン★無料送迎バスでオープンキャンパスに参加しよう!

学校直行だから迷わない!自宅の近くから学校まで無料バスでG…

続きを見る

新潟農業・バイオ専門学校からのメッセージ

進路の悩みはオープンキャンパスで解決しましょう♪
在校生や先生とたくさんお話をしよう!

◆オープンキャンパス◆
【AMコース】10:00~11:30
【PMコース】13:30~16:15

★学校帰りにそのままGO!【平日進路相談会】
↑こちらも受付中!予約は学校HPから↑

(7/30更新)

新潟農業・バイオ専門学校の学部・学科・コース

栽培コース 募集人数:未定
2017年4月設置予定

マネジメントコース 募集人数:未定
2017年4月設置予定

大学併修コース

醸造・食品コース

環境科学コース

きのこ・菌類コース

大学併修コース

農業経営科 1年制 (募集人数:10人)

学費(初年度納入金)

●2016年度納入金/120万円(別途、実習費等が必要。4年制学科の3・4年次は学費が約26万円減額予定。大学併修コースは別途37万6000円が必要)

問い合わせ先・所在地・アクセス

進学サポートデスク

〒950-0932 新潟県新潟市中央区長潟2-1-4
TEL:0120-952-794

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟県新潟市中央区長潟2-1-4 「新潟」駅から1番乗場発バス 6分 「北谷内」下車スグ

地図

 

路線案内

新潟農業・バイオ専門学校(専修学校/新潟)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ