• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 仙台こども専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 宮城 笑美さん(こども総合学科/保育士)

宮城県認可/専修学校/宮城

センダイコドモセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

保育士  として働く  宮城 笑美さん  にインタビュー!

  • 教育業界
  • 教育系専門職
  • 人と接したり話すのが好き
インタビュー

子どもたちの日々の成長を間近で見られる、とてもステキな仕事です!

この仕事の魅力・やりがい

私がお世話をしているのは0歳児のひよこ組。先輩の先生と2人で、6人の園児を担当しています。この仕事のやりがいは、子どもたちの日々の成長を間近で見られることです。歩けなかった子が歩けるようになった姿や、何かを自分で出来るようになった姿など、毎日さまざまな成長を見ることができます。また、保護者の方が嬉しそうに「うちの子、○○ができるようになったんですよ」と報告してくださったり、園での出来事を報告したときに笑顔を見せてくれたりすると、本当にうれしくなりますね。保育の仕事を選んでよかったと思う瞬間でもあります。

保育士として働く宮城 笑美さん

子どもたちの笑顔に囲まれて、楽しい毎日です

保育士として働く宮城 笑美さん
私の学生時代!

一人ひとりの成長に合わせて見守っていきます

私の学生時代!

学生時代は様々な行事がありました。どれも思い出深いですが、やはり保育科ならではの行事である「子どもコンサート」が一番印象に残っていますね。このイベントは近隣の保育園や幼稚園児とその保護者を招いて行うのですが、保育科の全生徒が曲目や演出などすべてを考え、作り上げていきました。私は1年生と3年生のときに、実行委員をやりましたが、本当に楽しかったです!個性的な人たちをまとめるのは大変でしたが、終わったときはとても感動しました。楽しく、そして大きな達成感・充実感を得ることが出来たイベントだったと思います。

これからかなえたい夢・目標

子どもの日々の成長が見られることがうれしい!

これからかなえたい夢・目標

私の勤務している「さねやちるどれんずふぁーむ」は、「第二の家庭」として園児と接することを目標としている保育園です。子ども一人ひとりの成長に合わせて、焦らず、その子らしさを引き出しながら成長を見守っています。今はまだ、先輩のもとで勉強する毎日ですが、定期的に研修もあるので積極的に参加して、もっと保育士としてスキルアップしていくのが今後の目標です。そして保護者の方からの相談や質問にも的確に対応でき、効果的なアドバイスができるような、そんな保育士になりたいです。

プロフィール

宮城 笑美さん のプロフィール

さねやちるどれんずふぁーむ 勤務/仙台医療秘書福祉専門学校 医療保育科/2012年3月卒/高校の職場体験で保育園に行き、子どもたちとのふれあいが楽しく、自分にはこの道が合っているのではと思い、保育士をめざすようになったという宮城さん。保育士の資格はもちろん、様々な資格取得を目指せることや、豊富な実習をはじめとした実践的なカリキュラムに惹かれ、仙台医療秘書福祉専門学校に入学を決めた。卒業後は現在の職場に就職し、保育士として活躍中。(※現・仙台こども専門学校 こども総合学科)

この先輩が卒業したのは…

仙台こども専門学校 こども総合学科

学校イメージ

楽しい図画工作の授業

「こどもが好き!」「こどもに関わる仕事がしたい!」そんな夢を持った学生たちが、一人ひとりの夢に向かって、笑顔にあふれ、充実した学校生活をおくっています。こども総合学科では、現代の保育を対応するべく、多彩なコース編成・専門性を高めたカリキュラムを用意。資格も、保育士<国>・幼稚園教諭2種免許状<国>(※)などが取得できます。また全国に広がる三幸学園のネットワークにより、学外の実習先も豊富。実践力を高められる機会を数多く用意しています。(※小田原短期大学通信教育課程との併修により取得)

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

仙台こども専門学校(専修学校/宮城)