• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大阪薬科大学

私立大学/大阪

大阪薬科大学

オオサカヤッカダイガク

110年を超える伝統と実績を受け継ぎ、さらに深化する大学!

薬を通じて社会に貢献する。これが薬学を志す者の使命です。大阪薬科大学では、薬学の基礎を学んだうえで学科選択ができます。さらに選択した進路に応じた高い専門知識の修得に専念できる教育環境があります。

大阪薬科大学の特長

学校の特長1

細やかなサポートと、長年の歴史が築いた豊富な就職先で、高い就職率を実現!

本学では、入学時からキャリアガイダンスを行うことで、早期に就職を意識。在学中から実務を経験できるインターンシップ制度も用意し、職業体験とともに社会人としての意識を高められます。さらに個人面談や面接トレーニング、各種対策講座といったサポート体制も整っており、学生一人ひとりの将来設計に合わせた就職をバックアップしています。また、業界で活躍する卒業生も多数おり、その信頼と実績によって培われた業界とのつながりも強力。従来からの就職先を大切にしながら、新たな受け入れ先の開拓にも積極的に取り組み、薬業関連企業での研究・開発職、病院や薬局勤務、教育機関での研究など、卒業後の選択肢は大きく広がっています。

学校の特長2

学生を経済面で支援する、さまざまな奨学金制度

日本学生支援機構、大阪薬科大学独自の奨学金制度、各種奨学財団を中心に、全体の約5割にあたる999名の学生(重複を含む)が奨学金の貸与または給付を受けており、学業に集中できるよう支援しています。(平成28年12月現在)大阪薬科大学独自の奨学金制度には、一般奨学金:月額3万円給付(平成28年度実績120名)をはじめ、特待奨学金:10万円~30万円の給付(平成28年度実績28名)、特別奨学金:月額1万5千円給付+3万5千円貸与(平成28年度実績84名)、育友会奨学金:月額4万円または8万円貸与(平成28年度実績11名)などさまざまな制度を設けています。

学校の特長3

<法人合併>平成28年度4月、学校法人大阪医科薬科大学発足

平成28年4月、学校法人大阪医科大学と学校法人大阪薬科大学は法人合併し、新法人「学校法人大阪医科薬科大学」が発足しました。本学法人は、我が国の人口構造と社会情勢の変化を見据え、次世代を担う良質の医療人の養成、並びに医学・薬学・看護学が連携・融和する先進的医療体制の構築・提供を目指し、特色ある学際的教育・研究とチーム医療教育を推進し、加えて幅広く志望大学への進学に資する次世代人材を育成するなど、魅力ある学校作りを行うとともに、教育、研究並びに医療を中心とするCenter of Community として、本邦でも最優の特色ある医療系総合大学への発展を目指します。

学校の特長1

細やかなサポートと、長年の歴史が築いた豊富な就職先で、高い就職率を実現!

本学では、入学時からキャリアガイダンスを行うことで、早期に就職を意識。在学中から実務を経験できるインターンシップ制度も用意し、職業体験とともに社会人としての意識を高められます。さらに個人面談や面接トレーニング、各種対策講座といったサポート体制も整っており、学生一人ひとりの将来設計に合わせた就職をバックアップしています。また、業界で活躍する卒業生も多数おり、その信頼と実績によって培われた業界とのつながりも強力。従来からの就職先を大切にしながら、新たな受け入れ先の開拓にも積極的に取り組み、薬業関連企業での研究・開発職、病院や薬局勤務、教育機関での研究など、卒業後の選択肢は大きく広がっています。

学校の特長2

学生を経済面で支援する、さまざまな奨学金制度

日本学生支援機構、大阪薬科大学独自の奨学金制度、各種奨学財団を中心に、全体の約5割にあたる999名の学生(重複を含む)が奨学金の貸与または給付を受けており、学業に集中できるよう支援しています。(平成28年12月現在)大阪薬科大学独自の奨学金制度には、一般奨学金:月額3万円給付(平成28年度実績120名)をはじめ、特待奨学金:10万円~30万円の給付(平成28年度実績28名)、特別奨学金:月額1万5千円給付+3万5千円貸与(平成28年度実績84名)、育友会奨学金:月額4万円または8万円貸与(平成28年度実績11名)などさまざまな制度を設けています。

学校の特長3

<法人合併>平成28年度4月、学校法人大阪医科薬科大学発足

平成28年4月、学校法人大阪医科大学と学校法人大阪薬科大学は法人合併し、新法人「学校法人大阪医科薬科大学」が発足しました。本学法人は、我が国の人口構造と社会情勢の変化を見据え、次世代を担う良質の医療人の養成、並びに医学・薬学・看護学が連携・融和する先進的医療体制の構築・提供を目指し、特色ある学際的教育・研究とチーム医療教育を推進し、加えて幅広く志望大学への進学に資する次世代人材を育成するなど、魅力ある学校作りを行うとともに、教育、研究並びに医療を中心とするCenter of Community として、本邦でも最優の特色ある医療系総合大学への発展を目指します。

学校の特長1

細やかなサポートと、長年の歴史が築いた豊富な就職先で、高い就職率を実現!

本学では、入学時からキャリアガイダンスを行うことで、早期に就職を意識。在学中から実務を経験できるインターンシップ制度も用意し、職業体験とともに社会人としての意識を高められます。さらに個人面談や面接トレーニング、各種対策講座といったサポート体制も整っており、学生一人ひとりの将来設計に合わせた就職をバックアップしています。また、業界で活躍する卒業生も多数おり、その信頼と実績によって培われた業界とのつながりも強力。従来からの就職先を大切にしながら、新たな受け入れ先の開拓にも積極的に取り組み、薬業関連企業での研究・開発職、病院や薬局勤務、教育機関での研究など、卒業後の選択肢は大きく広がっています。

学校の特長2

学生を経済面で支援する、さまざまな奨学金制度

日本学生支援機構、大阪薬科大学独自の奨学金制度、各種奨学財団を中心に、全体の約5割にあたる999名の学生(重複を含む)が奨学金の貸与または給付を受けており、学業に集中できるよう支援しています。(平成28年12月現在)大阪薬科大学独自の奨学金制度には、一般奨学金:月額3万円給付(平成28年度実績120名)をはじめ、特待奨学金:10万円~30万円の給付(平成28年度実績28名)、特別奨学金:月額1万5千円給付+3万5千円貸与(平成28年度実績84名)、育友会奨学金:月額4万円または8万円貸与(平成28年度実績11名)などさまざまな制度を設けています。

学校の特長3

<法人合併>平成28年度4月、学校法人大阪医科薬科大学発足

平成28年4月、学校法人大阪医科大学と学校法人大阪薬科大学は法人合併し、新法人「学校法人大阪医科薬科大学」が発足しました。本学法人は、我が国の人口構造と社会情勢の変化を見据え、次世代を担う良質の医療人の養成、並びに医学・薬学・看護学が連携・融和する先進的医療体制の構築・提供を目指し、特色ある学際的教育・研究とチーム医療教育を推進し、加えて幅広く志望大学への進学に資する次世代人材を育成するなど、魅力ある学校作りを行うとともに、教育、研究並びに医療を中心とするCenter of Community として、本邦でも最優の特色ある医療系総合大学への発展を目指します。

大阪薬科大学からのメッセージ

◆NEWS◆
春のオープンキャンパス
開催日時 3月20日(月・祝)
主な内容 キャンパスツアー、在学生相談コーナー、入試説明会、 他

★事前予約不要・入退場自由!
★保護者の方の参加も大歓迎!

皆さんのご参加を心よりお待ちしています。

(10/4更新)

大阪薬科大学の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

2017年度納入金 合計220万円〔入学金40万円含む〕
(そのほか諸会費として4万4000円が別途必要)

問い合わせ先・所在地・アクセス

大阪薬科大学入試課

〒569-1094 大阪府高槻市奈佐原4-20-1
TEL:072-690-1019 (入試課直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府高槻市奈佐原4丁目20番1号 JR「摂津富田」駅から高槻市営バス「公団阿武山」方面行で「大阪薬科大学」下車すぐ 所要時間15分

地図

 

路線案内

大阪薬科大学(私立大学/大阪)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    「考動」する関大人が世界を拓く。社会の変化に挑みつづけるために自ら考え、行動する

  • Photo

    高度の専門能力と研究能力を合わせ持つ“ファーマシスト・サイエンティスト”を育成

  • Photo

    6つのキャンパスに医学から芸術分野までを集積した、西日本最大級の総合大学。

  • Photo

    実践的な学修で地域社会に貢献する「学生の満足度の高い総合大学」

  • Photo

    Smart and Human 広く深い知のネットワークを構築し、人と人との絆を深める

  • Photo

    いつの時代も、新しきを生きる。品格と良心をもって、社会に寄与する女性を育みます

  • Photo

    教育理念「国際主義」を礎に、グローバル化が進むキャンパスで学ぶ!

  • Photo

    兄弟校の兵庫医科大学とともにチーム医療を支える医療人を育成する医療総合大学

  • Photo

    多文化協働のリーディング大学。既存の枠を超えて、新たな未来を創造する。

次へ