• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 出雲医療看護専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 清原 圭介先生(言語聴覚士)

島根県認可/専修学校/島根

イズモイリョウカンゴセンモンガッコウ

先生・教授

異業界+医療分野の経験をMIXしたユニークな指導を行う 先生

清原 圭介先生

言語聴覚士学科 3年制

【言語聴覚士】
言語聴覚士 ・失語症 ・リハビリ

私は言語聴覚士になるまでは、飲食業界で10年以上働いてきました。特に最後の3年間は、「お客様と直接コミュニケーションを取りながら料理を提供したい」という思いで自分のお店もオープンさせるなど、人との関わり、つながりを大切にしてきました。そんな私が学生のみなさんにお伝えできるのは、医療分野の知識、言語聴覚士としての知識はもちろん、いろんな患者様、人に対応できる臨機応変なコミュニケーションのノウハウです。言語聴覚士は、話しや聴こえに障害をお持ちの方のリハビリテーションを行うのが重要な業務です。より良いリハビリテーションを行うためには、患者様のことを深く知るためのコミュケーション力が欠かせません。私の授業では、これまでの飲食業や医療現場での経験もプラスした個性的な内容で実践的にお教えします。

医療分野とはまったく違う業界経験を活かしたユニークで実践的な授業が特徴

授業・ゼミの雰囲気

体験型授業を通じた頭と体に染みこむ学び! 楽しみながら学べるのも魅力の一つ

清原先生は、体験型の授業を積極的に取り入れ、学生が自分で感じ取ることを重視しています。障害を持つ人が登場する映画を観て学生同士で話し合ったり、興味のある分野を決めて、みんなの前でプレゼンテーションを行うなど、色んなスタイルの授業は学生たちにも人気だそう。「私自身もいろんな経験をしてきた中で、学ぶことが多くありました。学生のみなさんにも、できるだけ多くの体験を通して、実践的に学んで欲しいですね」と清原先生。今後もさらに色んな体験ができるユニークな授業を考えていくとのことなので楽しみです。

清原先生が考えた、いろんなものを見て、体験することで、より多くのことを深く理解できる授業

キミへのメッセージ

これからさらに活躍が期待される言語聴覚士のことを知りめざしてください!

言語聴覚士の仕事は、障害を持っている方々の自分らしい生活を支える、やりがいも大きい仕事です。今後のニーズも広がっていく職業でもあるので、この職業のことを知ってください。気軽にオープンキャンパスへ!

この先生・教授に出会えるのは…

出雲医療看護専門学校 言語聴覚士学科 3年制

話す・聞く・食べることに関するリハビリテーションを通して、患者さんとその家族をサポートする言語聴覚士になる…詳しくみる

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。
出雲医療看護専門学校(専修学校/島根)