• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • たかの友梨美容専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 伊波 南美さん(エステティックセラピスト科/エステティシャン)

東京都認可/専修学校/東京

タカノユリビヨウセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

エステティシャン  として働く  伊波 南美さん  にインタビュー!

  • 美容・ファッション業界
  • サービス業界
  • その他専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

お客様の“キレイ”のため、そして自分の成長のために、これからも技術を磨き続ける

この仕事の魅力・やりがい

お客様を癒し、キレイになるためのお手伝いをするのがエステティシャンの役目。私たちの施術とその結果にご満足いただき、お客様から「ありがとう!」のお言葉をいただけることが、この仕事の一番のやりがいです。学生時代から憧れているのが、“指名されるエステティシャン”になること。そのためには、確かな技術力と接客力、そして施術や対話を通してお客様と信頼関係を築くことが大切です。目標だった「たかの友梨ビューティクリニック」に就職してまだ日は浅いですが、理想のエステティシャンにもっと近づくために、技術は常に磨き続けています。そしていつかは、キャスト(スタッフ)の技術を指導するトレーナーになることが今の目標です。

エステティシャンとして働く伊波 南美さん

ずっと夢だった美容に関わる仕事に

エステティシャンとして働く伊波 南美さん
今の仕事との出会い・きっかけ

心掛けているのは、お客様の気持ちに寄り添う接客

今の仕事との出会い・きっかけ

幼稚園の頃からネイルが好きで、ずっと美容の仕事に興味がありました。また、母によくマッサージをしてあげていたこともあって、“エステティシャン”という仕事が自分に向いているのでは、と思ったことがきっかけでした。進路選びをしていた高校3年生のとき、たかの友梨美容専門学校のオープンキャンパスに参加.しました。そのときの先生方のおもてなしや心配りに感動して、「こんなエステティシャンになりたい!」と思い、入学を決めました。美容のスペシャリストである先生方のご指導のおかげで、高い技術力とおもてなしの心を身につけられたと実感しています。

私の学生時代!

学生時代、何度も練習した技術が今に活きています

私の学生時代!

たかの友梨美容専門学校は原宿・表参道エリアにあります。学校の行き帰りに歩いていると、人々のセンスやファッション性の高さを肌で感じられるし、ハイブランドのショップを眺めるだけでも、自然と自分の美意識が高まっていくのを感じていました。こうした環境で学ぶことは、美容の世界を目指す人にとってもいい影響があると思います。また、バリやフランス、インドなど世界各国のエステが学べるのもこの学校の特長のひとつ。中でも音楽に合わせて施術をする「ロミロミ」はとても楽しく、今も印象深い授業です。学生同士はみんな仲が良く、授業も本当に楽しいので、自然と笑顔にあふれた学校生活でした。

プロフィール

伊波 南美さん のプロフィール

たかの友梨ビューティクリニック勤務/エステティックセラピスト科/入学前から、エステティシャンになりたいという強い想いがあった伊波さん。1年次から業界トップレベルのエステ技術や接客を学べる点に惹かれ、たかの友梨美容専門学校へ。「エステの実習では毎日変わるペアで練習し、技術を磨きました。ほとんどの同級生とペアを組んだので、さまざまな肌にたくさん触れられたことは本当に勉強になりましたね。施術後は気づいたことやアドバイスを教え合い、それがお互いの技術向上につながりました」と、学生時代を振り返る。卒業後は、希望していた「たかの友梨ビューティクリニック」へ就職。次のステップへと進み続けている。

この先輩が卒業したのは…

たかの友梨美容専門学校 エステティックセラピスト科

学校イメージ

美容業界を牽引しつづけてきた、たかの友梨ビューティクリニックの関連校として開校したたかの友梨美容専門学校。エステティックセラピスト科では、トップクラスの技術を身につけ、美を通して心と身体をケアするセラピストを育成します。1年次は「エステ習得プログラム」として、エステの基礎から応用、メイク・ネイル、マナーまでしっかり身につけます。各業界で活躍する特別講師から新しい知識を直接学ぶことができる授業も多数。2年次は、1年次に築いた基礎にさらに応用をきかせ、卒業時には現場で即戦力として活躍できるセラピストを育成していきます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

たかの友梨美容専門学校(専修学校/東京)