• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • YIC京都ペット総合専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 動物看護科

京都府認可/専修学校/京都

ワイアイシーキョウトペットソウゴウセンモンガッコウ

動物看護科

募集人数:
40人 (予定)

家族の一員であるペットの命と健康を守り、外来診療や手術などの診療補助ができる動物看護師をめざす

学べる学問
  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 看護学

    患者のケアを通して、よりよい生き方について学ぶ

    医療現場で診療・治療以外の手助けをし、患者の健康維持・回復を促す看護を学ぶ実践的な学問。理論と実習を通して看護技術を習得する。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • 獣医・畜産学

    動物の病気の診断や予防、動物生産の効率化や高度化を研究する

    獣医学は、家畜やペットの病気の診断や予防、治療の在り方を研究していく学問。畜産学は、実験や実習を通じて、おいしい肉や牛乳、品質のいい革製品などをいかに効率よく生産するか、つまり、人間の生活を豊かにするための動物生産を研究する学問。

目指せる仕事
  • 動物園スタッフ

    動物園で動物の世話や設備管理などをする

    動物園の職員として、飼育している動物の世話や、園舎の掃除などを行う。また、個々の動物の習性や、生態を理解し、健康状態をチェックしたり、快適に過ごせる環境も整備する。他に一般客の問い合わせに答えるなどの広報的な仕事や、繁殖計画や病気予防など獣医学の専門知識が必要な仕事もある。

  • ペットショップスタッフ

    ペットショップにおいて、ペットの“ベビーシッター”として健康管理や調教を行う

    ペットのトリミングや調教、健康管理を担う。ペットとして飼われている動物の種類が増えているため、その習性に関する幅広い知識が求められるようになった。また、ペットショップによっては、ペット用のグッズや餌などの企画・制作を求められるケースもある。

  • 動物看護師

    動物の健康診断や治療の補助をする

    獣医師の管理のもとで、臨床検査や栄養学などの専門知識を駆使し動物の健康管理や治療の手伝いをする。動物の看護師さん的存在だが、看護のみならず栄養士や検査技師、保育、グルーミングなど幅広い知識や技術が要求される。

  • 動物飼育係

    動物園の動物の飼育・育成から、種の保存まで

    動物園や自然動物公園にいる動物の飼育・育成・観察などを行う。担当の係の動物の面倒を見る。健康状態をえさの食いつきや、毛並みや表情などから読み取る必要があるので、動物への深い愛情が必要となる。また、繁殖させたり、種の保存に努めることも大切な仕事だ。

  • ドッグトレーナー

    家庭用のペットである犬のしつけをする。人と一緒に暮らすためのマナーを教え、無駄吠えや問題行動を治す。

    家庭用のペットとして、犬の人気は高い。その分、しつけがうまくできず、無駄吠えや問題行動に悩まされる飼い主も多くなっている。そのような問題行動を治すためのしつけを行い、人と一緒に暮らすためのマナーを教えるのがドッグトレーナー。警察犬の訓練や介助犬などのような特殊な能力を身につけさせるのではなく、あくまでも人と犬が一緒に楽しく暮らせるように「しつけ」をするのがドッグトレーナー。犬に対してはもちろんだが、あわせて飼い主にも犬との接し方などについてのアドバイスを行う。

初年度納入金:2018年度納入金 117万円  (教材費等が別途必要です)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

動物の生態や病気・薬について学び、獣医師の指導のもと治療や健康管理を行う
動物病院で即戦力として働けるように幅広いスキルを身につけます。認定動物看護師に必要とされる診療補助、検査、投薬や手術補助などの専門知識や技術を2年間で養います。現役の獣医師が授業を担当するため、現場で必要な知識、技術をトータルに学びます。

カリキュラム

さまざまな動物の身体や特徴を、触れ合いながら学ぶ
在学中に「認定動物看護師」受験資格取得に向け、動物看護を中心に学習します。実習を重ねて技術を高めるだけでなく、行動学や栄養学なども学習し、ストレスのない看護方法も学びます。獣医師のアシスタントだけではなく、動物や飼い主の心のケアなど、動物病院で大きな役割を担うことができる動物看護師をめざします。

授業

心電図・治療技術から病気予防、介護まで幅広く学習。各種医療機器の扱い方もマスター
動物看護師は動物や飼い主の心のケアなど、動物病院で大きな役割を担います。授業では動物の病気やケガの治療技術、病気の予防や介護まで学習。また心電図検査機器の電極をすばやく正確に動物に取り付け、波形を読み取る練習をするなど、医療機器の扱い方をマスターする授業も用意。現場で即戦力となれる人材を育てます。

実習

ペットの命と健康を守るために、必要な医学の知識や技術、健康管理の方法を学ぶ
動物看護実習(診療補助)や動物診療に不可欠な看護技術を、実習を通して習得します。現役の獣医師の指導のもと、現場で必要となる包帯の巻き方や保定方法など実践的な技術を身につけます。また、皮膚の被毛の健やかな状態を保つためには、トリミングやグルーミングの知識が不可欠。実習を通してペットの美容も学びます。

卒業後

急成長するペットビジネス。さまざまな職種での活躍が期待できる
知識・技術を身につけた本学科の卒業生の進路は、トリマー、ペットショップフロアスタッフ、動物看護師、ドッグトレーナー、ペットシッターなど多彩です。在学中に企業が求める人材に成長できるよう、万全なキャリアサポートを行っていますので、急成長するペットビジネスのさまざまな分野での活躍が期待できます。

研修制度

インターンシップや国内・海外研修で、就職に有利なスキルを身につける
2年次の7月と12月に、動物病院やペットショップなどでインターンシップを実施します。現場体験を通して、より実践的な技術・知識、接客マナーなど、就職に有利なスキルを習得。海外研修でも学びを深め、就業意識を高めることで、将来への自信につなげます。またインターンシップ先に採用されるケースもあります。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 認定動物看護師

目標とする資格

    • 愛玩動物飼養管理士 (1・2級) 、
    • 損保一般試験 、
    • サービス接遇検定 (3級)

    ペットファーストエイド(国際救命救急協会)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    天神川どうぶつ病院 、 有限会社アツキ動物医療センター 、 南彦根どうぶつ病院 、 オオジ動物病院 、 京都中央動物病院 、 森動物病院 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

※動物看護科実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒600-8236 京都府京都市下京区油小路通塩小路下る西油小路町27番地
TEL 0120-72-4044(フリーダイヤル)
info@yic-kyoto.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
YIC京都 : 京都府京都市下京区油小路通塩小路下る西油小路町27番地 近鉄「京都」駅から徒歩 5分
地下鉄「京都」駅から徒歩 7分
JR「京都」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

YIC京都ペット総合専門学校(専修学校/京都)