• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大原医療福祉・製菓&スポーツ専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 白澤 梨恵さん(医療事務コース/医療事務・秘書)

石川県認可/専修学校/石川

オオハライリョウフクシ・セイカアンドスポーツセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

医療事務・秘書  として働く  白澤 梨恵さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • サービス業界
  • 事務・スタッフ職
  • 人と接したり話すのが好き
インタビュー

小さな子には目線を合わせお年寄りにはゆっくり。相手の立場に立つ事を心がけています

この仕事の魅力・やりがい

窓口での受付や会計、医療事務や診療補助が私の仕事です。カルテ整理のほか、先生の使われる器具を洗浄したり、聴力検査をしたりと業務内容は幅広く、来院される方は小さなお子さんからお年寄りまでと、いろいろな患者さんと接することができ、とてもやりがいのある仕事です。小さなお子さんにとって診療は怖いもの。ですから、シールを渡しながら「これが終われば元気になるよ」とやさしく話しかけたり、耳の遠いお年寄りにはゆっくり話しかけたりと、相手の立場に立った対応を心がけています。そんな患者さんが帰り際に「ありがとう」と言ってくれたり、小さなお子さんが「バイバイ」と笑顔で手を振ってくれたりすると、とてもうれしいです。

医療事務・秘書として働く白澤 梨恵さん

受付は医院の顔。誠実な対応を心がけています

医療事務・秘書として働く白澤 梨恵さん
今の仕事との出会い・きっかけ

先輩方もとても優しく、毎日の仕事が充実しています

今の仕事との出会い・きっかけ

私が高校時代、姉が医療事務の資格を取るために勉強をしており、それを見ていて「私も医療事務をやろう」と思ったことがきっかけでした。そこで考えたのは、まず、資格を取ること。それで、資格をしっかりと取得でき、就職にも強い大原に進学しました。今の医院との出会いも大原で。自宅の近所にあったこの医院に実習に行きたいと希望を出したところ、学校から病院実習のお願いをしてくれて、実習に来させていただきました。そして、そのまま就職へ。昔から知っていた医院でもあり、実習だけでなく就職もできて、本当にラッキーでした。

後輩への応援&アドバイス

就職してからも覚えることがたくさんあります

後輩への応援&アドバイス

まずは資格を持つこと。資格を持てば就職にも有利ですし、自分自身への自信にもつながると思います。私も在学中に、医療事務、医療秘書、電卓検定、ワード、エクセルと、いくつもの資格を取得しました。これは学校に一緒にがんばれる仲間がいたからだと思っていますし、学ぶ環境はとても大切だと思います。大原なら同じ目標を持った仲間がいるので、試験前の勉強も、みんなで一緒にやればなかなか楽しいものだし、すごくいい思い出になると思います。それから、あきらめずに行動を起こすことも大切です。私の場合、行きたかった医院に実習願いを出したことで、今の仕事に就きました。「無理かな?」とあきらめず、自分から行動を起こしましょう。

プロフィール

白澤 梨恵さん のプロフィール

宮崎耳鼻咽喉科医院勤務/医療事務コース/2012年3月卒/この仕事の大変なところはとの質問に「花粉症の出る4月、5月は患者さんが多くて大変です」と答えてくれた白澤さん。その理由は、患者さんが多くなるとどうしても一人ひとりへの細かな対応が難しくなるからだと言います。大勢の患者さんに対応し「こんな症状があるんだ」とはじめて知ることが多く、「とても勉強になります。大変だけどすごくやりがいのある仕事です」と笑顔で話してくれた。

この先輩が卒業したのは…

大原医療福祉・製菓&スポーツ専門学校 医療事務コース

学校イメージ

医療事務コースでは、医療系、秘書系、一般事務系の科目を総合的にバランスよく学びます。患者さんや要介護者の方への対応法から受付等での接遇マナー、医事コンピュータの知識および操作技術などを習得するとともにパソコンスキルも身につけ、医療請求事務検定をはじめとするさまざまな資格取得を目指します。将来予想される職場は、医事・経理・人事・総務など細分化された医療機関の事務部門。それらのセクションにおける業務をトータルに把握し、事務部門全般で活躍できるスタッフを養成します。医事管理・財務管理・人事管理・事務管理など、医療機関のあらゆる事務部門でスペシャリストを目指します。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
大原医療福祉・製菓&スポーツ専門学校(専修学校/石川)