• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京すし和食調理専門学校

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウスシワショクチョウリセンモンガッコウ

江戸前ずし・和食を、国際都市東京で学び、日本の食文化を世界に発信できる料理人に

和食に対する注目度が世界的な高まりを見せている昨今。東京すし和食調理専門学校では江戸前ずしや和食の調理技術はもちろん、文化背景や精神性までも理解した「本物のすし・和食」を識る人材を育成します。

東京すし和食調理専門学校の特長

学校の特長1

日本料理やすしに特化。季節や旬にあわせ、食材を活かしきるための技法を学ぶ

和食・すしに特化して学び、その文化背景や精神性までも理解した「本物のすし・和食」を識る人材を育成する東京すし和食調理専門学校。「和食料理人コース」では、季節に合わせた献立に即し、日本料理の技法の基となる五味(甘・辛・塩・苦・酸)、五色(赤・青・黄・白・黒)、五法(焼く・煮る・蒸す・揚げる・生)を学び、卒業後は和食の料理人を目指します。「すし職人コース」では江戸前のにぎりずしを中心に、巻きずしや押しずし、ちらしといった様々なすしを学びます。煮あげ、酢じめ、あぶりなど食材の特長に合わせた技法を修得し、世界で活躍するすし職人を目指します。

学校の特長2

体験実習や学外授業を豊富に用意。和食を取り巻く文化背景にも精通した料理人に

調理技術の修得だけでは、和食の世界を深く理解することはできません。2年次以降は「和包丁実習」「和食器研究」「日本酒とワイン」「そば打ち実習」「和菓子実習」「日本茶実習」「発酵学実習」など、多彩な実習授業を通じ、和食の成り立ちに欠かせないさまざまな文化背景も体感します。また、すし・和食の世界にさらに深くアプローチするため、さまざまな体験実習や学外授業も準備。「市場見学」「農業・漁業体験」「日本文化・郷土文化研究」「海外研修」など、様々な体験を通じて、料理人に欠かせない“感性”をはぐくみます。

学校の特長3

日本料理の世界の第一線で活躍するプロによる少人数制の指導で基礎から実力を磨く

日本を代表する気鋭の和食料理人「銀座小十」の奥田透氏、『ミシュランガイド東京』にて6年連続三ツ星を獲得している「鮨よしたけ」の吉武正博氏を中心に、すし・和食にしぼった学校らしい各界一流の講師陣が直接指導。一人ひとりの技術レベルや個性にあわせ、きめ細かな指導ができるよう、少人数制で実習を行います。和風カウンターを備えた調理実習室など、すし・和食の調理に適した設備も充実。渋谷駅から地下鉄で1駅と、通学も便利な環境です。

学校の特長1

日本料理やすしに特化。季節や旬にあわせ、食材を活かしきるための技法を学ぶ

和食・すしに特化して学び、その文化背景や精神性までも理解した「本物のすし・和食」を識る人材を育成する東京すし和食調理専門学校。「和食料理人コース」では、季節に合わせた献立に即し、日本料理の技法の基となる五味(甘・辛・塩・苦・酸)、五色(赤・青・黄・白・黒)、五法(焼く・煮る・蒸す・揚げる・生)を学び、卒業後は和食の料理人を目指します。「すし職人コース」では江戸前のにぎりずしを中心に、巻きずしや押しずし、ちらしといった様々なすしを学びます。煮あげ、酢じめ、あぶりなど食材の特長に合わせた技法を修得し、世界で活躍するすし職人を目指します。

学校の特長2

体験実習や学外授業を豊富に用意。和食を取り巻く文化背景にも精通した料理人に

調理技術の修得だけでは、和食の世界を深く理解することはできません。2年次以降は「和包丁実習」「和食器研究」「日本酒とワイン」「そば打ち実習」「和菓子実習」「日本茶実習」「発酵学実習」など、多彩な実習授業を通じ、和食の成り立ちに欠かせないさまざまな文化背景も体感します。また、すし・和食の世界にさらに深くアプローチするため、さまざまな体験実習や学外授業も準備。「市場見学」「農業・漁業体験」「日本文化・郷土文化研究」「海外研修」など、様々な体験を通じて、料理人に欠かせない“感性”をはぐくみます。

学校の特長3

日本料理の世界の第一線で活躍するプロによる少人数制の指導で基礎から実力を磨く

日本を代表する気鋭の和食料理人「銀座小十」の奥田透氏、『ミシュランガイド東京』にて6年連続三ツ星を獲得している「鮨よしたけ」の吉武正博氏を中心に、すし・和食にしぼった学校らしい各界一流の講師陣が直接指導。一人ひとりの技術レベルや個性にあわせ、きめ細かな指導ができるよう、少人数制で実習を行います。和風カウンターを備えた調理実習室など、すし・和食の調理に適した設備も充実。渋谷駅から地下鉄で1駅と、通学も便利な環境です。

学校の特長1

日本料理やすしに特化。季節や旬にあわせ、食材を活かしきるための技法を学ぶ

和食・すしに特化して学び、その文化背景や精神性までも理解した「本物のすし・和食」を識る人材を育成する東京すし和食調理専門学校。「和食料理人コース」では、季節に合わせた献立に即し、日本料理の技法の基となる五味(甘・辛・塩・苦・酸)、五色(赤・青・黄・白・黒)、五法(焼く・煮る・蒸す・揚げる・生)を学び、卒業後は和食の料理人を目指します。「すし職人コース」では江戸前のにぎりずしを中心に、巻きずしや押しずし、ちらしといった様々なすしを学びます。煮あげ、酢じめ、あぶりなど食材の特長に合わせた技法を修得し、世界で活躍するすし職人を目指します。

学校の特長2

体験実習や学外授業を豊富に用意。和食を取り巻く文化背景にも精通した料理人に

調理技術の修得だけでは、和食の世界を深く理解することはできません。2年次以降は「和包丁実習」「和食器研究」「日本酒とワイン」「そば打ち実習」「和菓子実習」「日本茶実習」「発酵学実習」など、多彩な実習授業を通じ、和食の成り立ちに欠かせないさまざまな文化背景も体感します。また、すし・和食の世界にさらに深くアプローチするため、さまざまな体験実習や学外授業も準備。「市場見学」「農業・漁業体験」「日本文化・郷土文化研究」「海外研修」など、様々な体験を通じて、料理人に欠かせない“感性”をはぐくみます。

学校の特長3

日本料理の世界の第一線で活躍するプロによる少人数制の指導で基礎から実力を磨く

日本を代表する気鋭の和食料理人「銀座小十」の奥田透氏、『ミシュランガイド東京』にて6年連続三ツ星を獲得している「鮨よしたけ」の吉武正博氏を中心に、すし・和食にしぼった学校らしい各界一流の講師陣が直接指導。一人ひとりの技術レベルや個性にあわせ、きめ細かな指導ができるよう、少人数制で実習を行います。和風カウンターを備えた調理実習室など、すし・和食の調理に適した設備も充実。渋谷駅から地下鉄で1駅と、通学も便利な環境です。

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

すし・和食の魅力を体感!本格調理体験

【イベント概要】 学校やコースカリキュラムの詳しいご説明後、 在校生による調理デモンストレーションを…

続きを見る

詳細を見る

AO入学説明会&保護者説明会

【イベント概要】 保護者の皆様にむけた授業内容、学園生活、就職についての詳しいご説明の他、6月1日よ…

続きを見る

オープンキャンパス一覧を見る

東京すし和食調理専門学校からのメッセージ

8月の調理体験実習!
夏のメニューをご用意しています。
8/19(土)ちらしずし、8/20(日)お造り、8/26(土)握り寿司
ぜひお越し下さい。

(8/2更新)

東京すし和食調理専門学校の学部・学科・コース

キャンパスライフレポート

詳細を見る

和食調理科 すし職人コース

横山 祥太郎さん

すし・和食を中心に、日本文化を継承し、世界に広められる職人に!

学費(初年度納入金)

2017年度納入金:150万円

就職・資格

就職支援

クラス担任と就職課の専任スタッフが就職活動を強力にバックアップ!

普段の授業から職業人としての心構えを指導する他、就職対策イベントも年間を通じて実施。早い時期から就職意識を持って準備に取り組めます。インターンシップは1年次と2年次の2度にわたって実施予定。また、担任講師や専任スタッフが年間を通して学生の面談や模擬面接、履歴書の添削などを行い、就職を徹底サポートします。また、ビジネスの知識や英語・英会話を学ぶカリキュラムも取り入れ、すし・和食店への就職だけでなく、独立開業や海外進出など、幅広い活躍を視野に指導していきます。

問い合わせ先・所在地・アクセス

東京すし和食調理専門学校

(入学相談室)

〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-30-14
TEL:0120-040-399 (フリーコール・入学相談室)

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都世田谷区池尻2-30-14 「池尻大橋」駅東口より徒歩2分

地図

 

路線案内

請求できるパンフはこちら

無料
学校案内
無料
イベント案内
東京すし和食調理専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる