• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 山手調理製菓専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 石井 多絵先生(パティシエ(洋菓子職人))

東京都認可/専修学校/東京都知事指定養成施設/東京

ヤマノテチョウリセイカセンモンガッコウ

先生・教授

「現場」で役立つ実践的なことを教えてくれる 先生

石井 多絵先生

製菓衛生師科(1年制)

【パティシエ(洋菓子職人)】
ケーキ ・パン ・お菓子

まずは何より、衛生面には細心の注意を払うように指導したいですね。卒業後はお客様の食の安全に直結する道に進むのだということをしっかりと認識してもらい、実習室へ入室する前の段階から、清潔さ、身だしなみなどを厳しく指導していきます。そして、私は理論が大好きですが、理論だけが一人歩きしないよう、実習で学ぶ項目と座学の内容ができるだけ同時期になるように心掛けたいです。それぞれを別々に進めるより、なるべく一緒に教えた方がすっと頭に入りやすいと思うんです。私の専門は製パンですが、パンを作るには作り手の気持ちが大事で、作る、というよりは育てる、という感覚で愛情を持って接するととても美味しいパンになるんです。主食にもおやつにもお菓子にも、美味しく食べれるパンを、実習と座学を上手くリンクさせて指導したいですね。

おいしいパンを作るには、気持ちを込めて優しく育てるように接することが大事!それにはまず楽しむこと!

授業・ゼミの雰囲気

卒業後に待ち構える「プロの現場」は何より基礎が大事。その基礎を徹底的に学び、応用に繋げます。

製菓や製パンの世界を身をもって体験してきた石井先生だけに、日々の授業はやはり卒業後の実際の現場を意識して行っていきたいとのこと。「現場では、学校で学んだことがそっくりそのまま役に立つとは限らないので、とにかく基礎をしっかり教えていきます。基礎が叩き込まれていれば応用が利きますし、臨機応変に対応できると思うんですよね」と、自身の経験を基に語ってくれた。また、授業は単に一方通行に教えるのではなく、「対話形式にするなど、できるだけ学生からも参加してもらい、楽しく学べる環境を作っていきたいと思います」。

1年制と限られた時間のため、即戦力ともなるよう専用器具の操作方法など実践的な項目もしっかり学べます。

キミへのメッセージ

自分の作ったパンで人を幸せな気分にできるなんて、ステキですよね!

製菓・製パンの仕事は大変なこともあるけれど、お客様から美味しいと言われると本当に嬉しいです!自分の作ったパンでお客様がハッピーになり、結果自分もハッピーになる。これがやりがいとなるのです!

この先生・教授に出会えるのは…

山手調理製菓専門学校 製菓衛生師科(1年制)

毎日実習=全国トップレベルの実習量!調理師資格もめざせるWライセンスシステムで、新世代のパティシエに。…詳しくみる

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。
山手調理製菓専門学校(専修学校/東京)