• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本ウェルネススポーツ大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • スポーツプロモーション学部
  • スポーツプロモーション学科

私立大学/茨城

ニホンウェルネススポーツダイガク

スポーツプロモーション学科

スポーツに関する基礎知識を学び、専門特化型の強い人材を育成

学べる学問
  • 法学

    法律の解釈や運用のしかたを学ぶ

    国家と国家、個人と個人の利害の対立や意見の不一致を調整するためのルールである法の精神を体系的に学び、法の役立て方を追求する。

  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

目指せる仕事
  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

  • スポーツトレーナー

    一般の人からプロ選手まで、トレーニング指導の専門家

    プロ野球選手の専属トレーナーが注目されて話題になるなど、スポーツトレーナーの仕事は奥が深い。トレーニングする相手の体質や、健康上の課題をつかみ、その人にあったアドバイスや指導をしなければならない。体のしくみや栄養知識など、高度な専門知識がもとめられる。

  • 体育教師

    授業や課外活動でスポーツの指導をする

    児童・生徒に陸上競技、球技、水泳など様々なスポーツの指導や、体の仕組み、応急処置などの知識を教える。積極的に運動を楽しむこころを育てるとともに、適度な運動で健康な体をつくることをめざす。中・高等学校では運動部の顧問として活躍することも多い。

  • プロスポーツ選手

    専門のスポーツ競技の分野で、自分の実力で勝負

    プロ野球、サッカーのJリーグ、ボクシングやゴルフなどプロスポーツの世界はさまざまな分野がある。どの分野でやるにしても、スポーツでお金を稼ぐということは並大抵のことではない。憧れの大きい分、競争社会であり、実力次第で天と地の差がはっきりでる。でもスター選手を目標に頑張るだけの価値がある魅力的な仕事だ。

初年度納入金:2017年度納入金 82万円  (入学金10万円含む。その他、諸経費がかかります。併修を選択する方は別途費用必要)

学科の特長

学ぶ内容

【通学】と【通信】、2つのスタイルでスポーツを学ぶ
【通学】と【通信】の2つのスタイルを用意。どちらのスタイルでもスポーツを存分に学べます。本学部では、スポーツジャーナリズム、スポーツビジネス、トップスポーツ概論、健康科学、スポーツ心理学等、スポーツに関するさまざまな学問を融合することで、企画・立案・運営のできるスポーツコーディネーターを育成します。

カリキュラム

【トップスポーツプロモーションコース】スポーツをコーディネートするための知識などを学ぶ
国際競技会で活躍するために必要な条件をコーディネートしたり、競技者が最高のコンディションを維持するための生活をデザインするトップスポーツ論、競技会が成功するように条件を整備したり、競技会の成果を高める運営を学ぶスポーツイベント論のほか、メディアとスポーツについて学ぶメディアスポーツ論などがあります。
他【コミュニティースポーツプロモーションコース】【ヘルスプロモーションコース】の3コース
【コミュニティースポーツプロモーションコース】では、スポーツを地域という社会でどう広めていくかを学び、【ヘルスプロモーション】では、人々のライフスタイルに応じたスポーツの推進について学びます。現代の成熟社会における人々のライフスタイルに応じたスポーツの推進について学びとるカリキュラムとなっています。

授業

授業紹介「スポーツプロモーション論概論」
この授業ではスポーツ推進の新しいビジョンである「スポーツプロモーション」とは何か、それは、これまでの「スポーツ振興」とはどのような違いがあるのか、スポーツの発展はどのように変わるのかについて学びます。社会問題の解決や豊かな暮らしの創造など、より具体的な課題を通じてスポーツプロモーションを学習します。

卒業後

学生一人ひとりの個性に応じたキャリア開発を実施。好きなスポーツを仕事にしよう
本学では、就職キャリアサポートを担当する専門官による、豊富な就職活動の支援プログラムを用意しています。それにより、思い切って学習や研究活動、課外活動に打ち込めます。学内企業説明会や就職ガイダンス、履歴書や小論文指導を行い、学生の将来を応援します。また、卒業後も支援プログラムの利用が可能です。

資格

教職課程連携プログラムにより、中学校・高等学校教諭免許の取得も可能
星槎大学共生科学部通信教育課程との教職課程連携(併修)プログラムにより、併修修了後には中学校・高等学校教諭第1種免許状(保健体育)の取得が可能です。そのほか、幼児体育指導者、JFA公認サッカーC級コーチ、JFA公認審判員資格、スポーツイベント検定、実践健康教育士、スポーツリーダーなどの資格取得も目指せます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 中学校教諭免許状【保健体育】<国> (1種/星槎大学共生科学部通信教育課程との併修修了により取得) 、
    • 高等学校教諭免許状【保健体育】<国> (1種/星槎大学共生科学部通信教育課程との併修修了により取得) 、
    • 社会福祉主事任用資格 、
    • スポーツリーダー

    幼児体育指導者(1・2級〉
    JFA公認サッカーC級コーチ
    JFA公認審判員資格(2~4級〉
    情報セキュリティ技士
    ワード技士
    表計算技士
    スポーツイベント検定
    実践健康教育士
    アシスタントマネージャー ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    中学校・高等学校教諭 、 トップスポーツチームの管理・監督者 、 公共・民間スポーツ施設 、 フィットネスクラブスタッフ 、 スポーツ関連企業 、 行政の地域振興・スポーツ振興・社会教育担当者 、 スポーツクラブマネジャー 、 スポーツ団体の運営管理者 、 幼児体育指導者 ほか

※ 想定される活躍分野・業界

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒300-1622 茨城県北相馬郡利根町布川1377
TEL:0297-68-6787
E-mail:info@nihonwellness.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
第1キャンパス : 茨城県北相馬郡利根町布川1377 JR成田線「布佐」駅徒歩約15分

地図

 

路線案内


日本ウェルネススポーツ大学(私立大学/茨城)