• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 埼玉県農業大学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 酪農学科

埼玉県認可/専修学校/埼玉

サイタマケンノウギョウダイガクコウ

スタディサプリ進路編集部の独自調査に基づいています。最新内容は募集要項にてご確認ください。

酪農学科

募集人数:
5人

-

学べる学問
  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    人が生きる基本の「食」を支える分野。食料や資源の効率的な栽培・生産を研究する。生産方法、環境・生態系の修復、新種開発、農業ビジネスなど、研究は多岐にわたる。

目指せる仕事
  • 酪農家

    おいしい牛乳や食肉などを生産するため家畜を育てる

    農場や牧場などで、牛や豚、鶏などを飼育する。乳製品にしたり、食肉用にしたり、安全でおいしい畜産品等を生産するため、飼育方法や飼料・環境を整え、家畜を育てていく、重労働だが、育てる楽しみがある。

  • 農業

    お米や野菜などさまざまな作物を生産する

    農地としての自分の土地をもち、農作物を育て、出荷する。季節や地域、周辺環境によって、つくるものがかわったり、気候や水害などの天候にも大きく影響を受けるので、長年の知識や技術の蓄積が必要。もともと家が農家の場合などが多いが、最近では、仕事をやめて都会からあえて地方にうつり、専門家の指導を受けて農業を始める人たちも出てきている。

  • 農業技術者・研究者

    効率的な農業経営のため、農機具や農薬、肥料、種などの開発・研究を行い、技術指導や生産相談にのる。

    農業技術者は、都道府県の農業試験場で増殖技術や肥料、環境に配慮した農薬の開発などで農家を支援する。また、地域の農業改良普及センターでは、農業技術者が農業改良普及員として活躍し、より農家と密着した作物栽培へのアドバイスを行ったり、農機具や経営の相談に乗ったりする。種苗会社や肥料、農薬、農機具などのメーカーでも、農業技術者がよりよい製品の開発などで活躍している。一方、農業研究者(農学研究者)は、バイオテクノロジーを活用した作物の改良や、土壌改良など、科学的な研究によって農業を支える。

初年度納入金:2017年度納入金(参考) 21万4300円~22万9300円  (詳細は学校へお問い合わせください)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

酪農経営の全般について学べます
乳牛を主とした家畜の器官の名称や機能、繁殖理論、飼養管理理論及び技術のを学びます。
また、飼料作物の栽培や貯蔵技術、酪農の経営管理技術について、酪農施設の管理、機械の操作技術についても学びます。

実習

実習では、実際に乳牛に触れて酪農の実践を学びます
毎日2回の給餌と搾乳を実施しており、乳牛の健康状態を確認し病気の早期発見や予防に努め、乳牛の扱い方や管理用具の適切な使用方法を学びます。
また、実際に人工授精を行う繁殖理論や技術の実習や、飼料作物の栽培管理、収穫調製作業、牛舎清掃及びふん尿処理などの畜産環境維持を、実践的に学びます。

卒業後

就職・就農支援を手厚く行っています
酪農学科卒業生は、人事院規則により「短大二卒」相当と見なされます。 
また、家畜(牛)人工授精師資格試験の特定科目の免除があります。
就職・就農支援を手厚く行っており、酪農の道に進む卒業生がほとんどです。

施設・設備

平成27年度から、熊谷市に移転しました
実習設備として、乳牛32頭(成牛17頭、育成牛15頭)と、牛舎910平方メートル、堆肥舎216平方メートル、飼料畑2.3ヘクタールを使用します。
飼料作物の栽培では、農業機械も使用しています。

イベント

スポーツイベントや学習イベントが盛りだくさんです
10月には4県スポーツ大会、11月には大学校祭など、楽しいイベントも行っています。 2月には卒業論文発表会が行われ、写真やデータを盛り込んだプレゼンテーションを行います。また、販売実習の一環として、農産物の直売を行っており、地域の方々との交流をはかっています。

学べる学問

目指せる仕事

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒360-0112 埼玉県熊谷市樋春2010
048-501-6845

所在地 アクセス 地図・路線案内
埼玉県熊谷市樋春2010 JR高崎線「熊谷」駅から 小川町駅行き国際十王バス約16分 「畜産試験場」下車 徒歩9分

地図

 

路線案内


埼玉県農業大学校(専修学校/埼玉)