• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 滋賀県立農業大学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 農産課程

滋賀県認可/専修学校/滋賀

シガケンリツノウギョウダイガクコウ

スタディサプリ進路編集部の独自調査に基づいています。最新内容は募集要項にてご確認ください。

農産課程

募集人数:
30人 (課程合計定員数)

-

学べる学問
  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    人が生きる基本の「食」を支える分野。食料や資源の効率的な栽培・生産を研究する。生産方法、環境・生態系の修復、新種開発、農業ビジネスなど、研究は多岐にわたる。

目指せる仕事
  • 農業

    お米や野菜などさまざまな作物を生産する

    農地としての自分の土地をもち、農作物を育て、出荷する。季節や地域、周辺環境によって、つくるものがかわったり、気候や水害などの天候にも大きく影響を受けるので、長年の知識や技術の蓄積が必要。もともと家が農家の場合などが多いが、最近では、仕事をやめて都会からあえて地方にうつり、専門家の指導を受けて農業を始める人たちも出てきている。

  • 農業技術者・研究者

    効率的な農業経営のため、農機具や農薬、肥料、種などの開発・研究を行い、技術指導や生産相談にのる。

    農業技術者は、都道府県の農業試験場で増殖技術や肥料、環境に配慮した農薬の開発などで農家を支援する。また、地域の農業改良普及センターでは、農業技術者が農業改良普及員として活躍し、より農家と密着した作物栽培へのアドバイスを行ったり、農機具や経営の相談に乗ったりする。種苗会社や肥料、農薬、農機具などのメーカーでも、農業技術者がよりよい製品の開発などで活躍している。一方、農業研究者(農学研究者)は、バイオテクノロジーを活用した作物の改良や、土壌改良など、科学的な研究によって農業を支える。

初年度納入金:2016年度納入金(参考) 36万8800円  (詳細は学校へお問い合わせください)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

作物、茶の専攻コースに分かれて学びます
農業を行うために必要とされる高度な専門知識と技術および経営能力が学べる学校です。
作物コースでは、水稲や麦・大豆などの栽培技術や省力、低コスト栽培、有機栽培、食味向上などの技術を学びます。
茶コースでは、1200年の歴史と伝統ある近江茶の栽培と近代的な製茶技術を学びます。

卒業後

就農支援も充実しています
卒業生には、「専門士」の称号が授与され、人事院規則、滋賀県人事委員会規則上、短期大学校卒業と同等に扱われます。
卒業生の多くは、自営就農、もしくは雇用就農にて農業に従事するか、農業関連団体に就職しています。
また、4年制大学への編入学試験の受験が可能です。

施設・設備

実習設備が充実しています
85,906平方メートルの敷地に、実習設備として、水田435a、果樹園41a、露地畑30a、ガラス温室(9棟)2,080平方メートル、鉄骨ビニールハウス(1棟)300平方メートル、ビニールハウス(13棟)1,950平方メートル、農業機械研修室120平方メートルがあり、充実した環境で学びを支えます。

制度

公的な就農支援制度などがあります
独立行政法人日本学生支援機構の奨学金を利用することが出来ます。
また、就農する場合は、就農支援資金の貸与を受けることが出来ます。 
ほかに、公益社団法人国際農業者交流会などが行う海外農業研修に応募することもできます。

イベント

スポーツイベントに学習イベントと、盛りだくさんです!
5月の校内体育大会、6月の東海近畿地区スポーツ大会など、スポーツイベントも盛んです。
また、毎月2回、農産物の直売を行い、11月には収穫祭を行うなど農業大学校ならではのイベントも行っています。
12月のプロジェクト研究発表会、2月の全国大学校プロジェクト発表会など、学習イベントも充実しています。

学べる学問

目指せる仕事

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒521-1301 滋賀県近江八幡市安土町大中503
0748-46-2551

所在地 アクセス 地図・路線案内
農業大学校 : 滋賀県近江八幡市安土町大中503 「能登川」駅より 徒歩約50分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

滋賀県立農業大学校(専修学校/滋賀)