• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 公立小松大学

公立大学/石川

コウリツコマツダイガク

2018年4月開学予定

平成30年4月、人間性豊かで実践的な人材の育成を目指し、公立4年制大学として開学予定

公立小松大学では、「産学官・市民との共創」を掲げ、地域住民や企業、自治体との交流・連携を通じた教育を展開。人々との出会いのなかで、豊かな人間性を養い、人とかかわりながら仕事を進める能力を身につけます。

公立小松大学の特長

学校の特長1

地域と世界で活躍する人間性豊かなグローカル人材の育成を目指す

石川県南加賀地域の学術・文化・産業の持続的発展と地域における教育研究の中核的拠点の形成を目標とする公立小松大学では、4年間の教育課程の中で、地域の自治体や企業と交流・連携した教育を実施。地域と世界で活躍する人間性豊かなグローカル「Global(世界)×Local(地域)=Glocal」人材を育成する大学を目指し、確かな基礎知識と国際的な視野、高度な専門能力と応用力を有し地域と世界で活躍するグローカル人材を育成します。

学校の特長2

地域住民や企業、自治体との交流・連携を通じた演習や実習、インターンシップを実施

生産システム科学科では、南加賀地域屈指のものづくり企業の集積地にキャンパスが位置していることから、地域企業と連携し、学んだ知識を具体的な技術に結びつける学外技術体験実習を実施します。看護学科では、南加賀地域の実習施設で地域の医療課題を感じながら看護実践力を鍛えます。臨床工学科では、医療機器やシミュレーションモデルを積極的に活用した演習、学内実習を開講します。国際文化交流学科ではインターンシップや地域実習で、実社会で求められる課題解決能力・実践力を身につけ、自己の適性や職業選択を考えることでキャリアデザインの明確化にも繋げます。

学校の特長3

学ぶ目的に合わせてつくられた魅力的な3つのキャンパス

広い視野と高い専門性を育む3学部で構成される公立小松大学では、学ぶステージもそれぞれの学ぶ内容に合わせ3つ用意されています。生産システム科学部は「粟津キャンパス」が、保健医療学部は「末広キャンパス」が、国際文化交流学部は「中央キャンパス」が専門教育のキャンパスとなります。また、1、2年次の共通教育科目では、異なる学問分野の学生が同じ空間で学習することで、学生同士のネットワークが広がり、専門分野を取り巻く状況を広く理解し、多面的な角度から専門教育に取り組む視野と思考力を育むことを目指し、全学部生ともにJR小松駅に隣接する「中央キャンパス」で学びます。

学校の特長1

地域と世界で活躍する人間性豊かなグローカル人材の育成を目指す

石川県南加賀地域の学術・文化・産業の持続的発展と地域における教育研究の中核的拠点の形成を目標とする公立小松大学では、4年間の教育課程の中で、地域の自治体や企業と交流・連携した教育を実施。地域と世界で活躍する人間性豊かなグローカル「Global(世界)×Local(地域)=Glocal」人材を育成する大学を目指し、確かな基礎知識と国際的な視野、高度な専門能力と応用力を有し地域と世界で活躍するグローカル人材を育成します。

学校の特長2

地域住民や企業、自治体との交流・連携を通じた演習や実習、インターンシップを実施

生産システム科学科では、南加賀地域屈指のものづくり企業の集積地にキャンパスが位置していることから、地域企業と連携し、学んだ知識を具体的な技術に結びつける学外技術体験実習を実施します。看護学科では、南加賀地域の実習施設で地域の医療課題を感じながら看護実践力を鍛えます。臨床工学科では、医療機器やシミュレーションモデルを積極的に活用した演習、学内実習を開講します。国際文化交流学科ではインターンシップや地域実習で、実社会で求められる課題解決能力・実践力を身につけ、自己の適性や職業選択を考えることでキャリアデザインの明確化にも繋げます。

学校の特長3

学ぶ目的に合わせてつくられた魅力的な3つのキャンパス

広い視野と高い専門性を育む3学部で構成される公立小松大学では、学ぶステージもそれぞれの学ぶ内容に合わせ3つ用意されています。生産システム科学部は「粟津キャンパス」が、保健医療学部は「末広キャンパス」が、国際文化交流学部は「中央キャンパス」が専門教育のキャンパスとなります。また、1、2年次の共通教育科目では、異なる学問分野の学生が同じ空間で学習することで、学生同士のネットワークが広がり、専門分野を取り巻く状況を広く理解し、多面的な角度から専門教育に取り組む視野と思考力を育むことを目指し、全学部生ともにJR小松駅に隣接する「中央キャンパス」で学びます。

学校の特長1

地域と世界で活躍する人間性豊かなグローカル人材の育成を目指す

石川県南加賀地域の学術・文化・産業の持続的発展と地域における教育研究の中核的拠点の形成を目標とする公立小松大学では、4年間の教育課程の中で、地域の自治体や企業と交流・連携した教育を実施。地域と世界で活躍する人間性豊かなグローカル「Global(世界)×Local(地域)=Glocal」人材を育成する大学を目指し、確かな基礎知識と国際的な視野、高度な専門能力と応用力を有し地域と世界で活躍するグローカル人材を育成します。

学校の特長2

地域住民や企業、自治体との交流・連携を通じた演習や実習、インターンシップを実施

生産システム科学科では、南加賀地域屈指のものづくり企業の集積地にキャンパスが位置していることから、地域企業と連携し、学んだ知識を具体的な技術に結びつける学外技術体験実習を実施します。看護学科では、南加賀地域の実習施設で地域の医療課題を感じながら看護実践力を鍛えます。臨床工学科では、医療機器やシミュレーションモデルを積極的に活用した演習、学内実習を開講します。国際文化交流学科ではインターンシップや地域実習で、実社会で求められる課題解決能力・実践力を身につけ、自己の適性や職業選択を考えることでキャリアデザインの明確化にも繋げます。

学校の特長3

学ぶ目的に合わせてつくられた魅力的な3つのキャンパス

広い視野と高い専門性を育む3学部で構成される公立小松大学では、学ぶステージもそれぞれの学ぶ内容に合わせ3つ用意されています。生産システム科学部は「粟津キャンパス」が、保健医療学部は「末広キャンパス」が、国際文化交流学部は「中央キャンパス」が専門教育のキャンパスとなります。また、1、2年次の共通教育科目では、異なる学問分野の学生が同じ空間で学習することで、学生同士のネットワークが広がり、専門分野を取り巻く状況を広く理解し、多面的な角度から専門教育に取り組む視野と思考力を育むことを目指し、全学部生ともにJR小松駅に隣接する「中央キャンパス」で学びます。

公立小松大学の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

2018年度(予定)86万7800円~100万8800円(入学金/小松市内の入学者28万2000円、小松市外の入学者42万3000円 授業料/58万5800円)その他 実習費(生産システム科学部、保健医療学部)/5万円

就職・資格

就職支援

学生が自らのキャリアを考える「キャリアデザイン・チーム論」を1年次に開講。全学生に対して相談教員を配置

公立小松大学での学びをスタートさせるにあたり、自らの学びが将来の進路にどう繋がるかをイメージさせ、学修意欲と知的好奇心を喚起することを目的とし、全学部必修で導入科目を開講します。学生が自らのキャリアを考え、就職につながる科目として、「キャリアデザイン・チーム論」を1年次前期に開講。学生が自らの適性を真剣に考え、キャリアデザインを展望しながら、組織や社会集団の一員とし貢献していくための知識とノウハウを学びます。そのため、全学生に相談教員を配置する予定で、自らのキャリアを考える学生をさまざまな面から支援します。

問い合わせ先・所在地・アクセス

小松市総合政策部公立大学設立準備室

〒923-8511 石川県小松市四丁町ヌ1番地3
TEL:0761-44-3530 (小松短期大学2階)

所在地 アクセス 地図・路線案内
粟津キャンパス(キャンパスは予定地につき、アクセス方法など詳細は「小松市 総合政策部 公立大学設立準備室」までお問い合わせを。) : 石川県小松市四丁町ヌ1番地3 「粟津(石川県)」駅から徒歩10分

地図

 

路線案内

中央キャンパス(キャンパスは予定地につき、アクセス方法など詳細は「小松市 総合政策部 公立大学設立準備室」までお問い合わせを。) : 石川県小松市土居原町10番地10 「小松」駅から徒歩1分

地図

 

路線案内

末広キャンパス(キャンパスは予定地につき、アクセス方法など詳細は「小松市 総合政策部 公立大学設立準備室」までお問い合わせを。) : 石川県小松市向本折町へ14番地1 「小松」駅から徒歩10分

地図

 

路線案内

公立小松大学(公立大学/石川)