• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 学問を調べる
  • 経済学
  • 経済学と社会生活との関わり方
やりたいことを見つけよう!
 

経済学



●関連するキーワード:
環境ホルモン インターネット プロスポーツ スパイ ダイエット
●学びのフィールド:社会・生活との関りを見てみよう.

経済学はこんなふうに社会や生活とかかわっているんだ。


●企業生き残りの条件は?

製品に有害物質が含まれていたり、容器に環境ホルモンが含まれているという噂だけで、敏感な消費者はその企業の製品を選ばない。ただちに安全対策を講じたり回収処理を行うのはもちろん、環境問題に敏感な企業だけが生き残れる日がやってきた。社会的責任を果たせる「良い企業の条件」を探るのは経済学の分野だ。

●電子マネーで銀行いらず

銀行の不良債権問題や金融再編で大騒ぎの日本だが、実はもっと大きな変革がインターネットの世界で起きている。硬貨や紙幣のいらない電子マネーの登場だ。貨幣という概念を大きく変える電子マネーが経済学の分野を塗り替えるかもしれない。応用経済学などで学ぼう。

●サッカーは重厚長大企業、野球は消費者直結企業

野球の球団には食品や鉄道、新聞など消費者に直結した企業が多く、サッカーチームのスポンサーは家電や鉄鋼などの大企業が多いのはなぜだろう?プロスポーツのスポンサーの広告効果、企業戦略を考えるのも経済学の分野だ。

●ロシアのハイテク現金輸送車をCIAに売る?!

KGBの元スパイ、アレクサンドル・シャパロフ氏が同僚と一緒につくった会社がある。ここでは、現金輸送や銀行の保安システム開発、産業スパイ対策などが主な業務。スパイ衛星が撮った映像の分析なども得意分野だという。自信作は軍の装甲車を改造した現金輸送車。欧米の銀行やCIAからも引き合いが来ているという代物だ。目には目を、スパイにはスパイを! スパイ活動も今や経済の分野で生かされる時代なのだ!

●なんでいつもマツキヨに行っちゃうのかな

CMでも有名なマツモトキヨシは、この不況のなか、画期的に売り上げを伸ばしている。ドラッグストア人気の牽引役だ。なかでも、人気はダイエット商品。スリミング用品、やせる薬、カロリーカット食品などがところせましと並んでいる。なぜこんなにダイエット商品が人気なのか?またなぜこんなにマツモトキヨシが強いのか? 経済学の見地から、不況をものともしないこのパワーを解明してみよう。